メリハリを効かせた読み方

SATレベルの文章は、論理構造がしっかりしています。

これは著者が、一定の論点を提示するために不可欠なものです。

ですから、SATレベルの文を読むときは、単に初めから最後までをダラダラと読むのではなく、
メリハリを効かせた読み方をしてください。

 

このメリハリを効かすというのは、文章構造を理解し、段落の役割を差別化することです。

論理的な文章は、序論、本論、結論がはっきりと分かれています。

ですから、各部で著者が何を提示しようとしているかを見極めることが必要です。

 

エッセイを書く際によく言われるのは、序では次に来る論点を含めておくということです。

本論で、その論点を展開し、最後に結論でまとめるような形です。

つまり、論理的な文章構成は、このように段落ごとの役割が決まっているということです。

 

SATで出題される文は、TOEFLとは異なります。

TOEFLの読解文は基本的に説明文ですから、特に論理構造が無いものがほとんどです。

ですから、TOEFLとSATの読解問題対策は、この文章構造の違いを理解しておくことが重要です。

 

SATの読解文を読む際には、意識的に各段落や、段落内での文章構造を処理してください。

特に重要なのは、最後に来る結論部分ですから、そこでの論点を読み違えると致命的になります。

また、文のタイトルを決めるような問題では、序の部分にヒントがある場合がほとんどです。

 

難度が高いと言われるSATの文章理解を可能にするのが、TOYOオンラインのライブ授業です。

もちろん、それに必要な単語や文法も同時に学習していきます。

その結果、1400点を越える得点を可能にしています。

 

実際に使用する英語に必要な正しい技術が学べるのはTOYOオンラインのライブ授業しかありません。

TOEFLやSATは、実際に使用するための英語力試験です。

そのために必要な英語は、英語という言語の核心をとらえた対策が必要なのです。

 

TOYOオンラインのライブ授業では、毎週の授業を通じて、あなたの学力を改善する講座を提供しています。

30年の経験を活かし、どのような人の力も伸ばすノウハウを蓄積しています。

半信半疑の人も、通常の授業に無料で体験参加をすることができますので、
是非、ホームページからお申込みください。

 

正しいSAT対策をすれば、必ず得点は上がります。

しかし、この得点の伸びは一様ではありません。

特に対策を開始して数カ月は、著しい進歩は見えないのが普通です。

実はそれが問題で、誤った学習法を取っていても、この期間はそれが有効かどうかが判断できません。

誤った学習法の場合は、それ以後も点数が伸びず、結局は時間がムダになってしまい、
受験失敗に結び付くことになってしまいます。

ですから、最初から正しい学習法を提供できるTOYOオンラインの対策クラス
などを利用することをお勧めします。

 

TOYOオンラインのライブ授業は2時間です。

その中で、単語、読解、文法などを学習します。

単に読解といっても単語力がなければ満足な読解はできません。

同様に、よじれた読解文を解きほぐすことができる文法力がなければ
正確な理解はできません。

それゆえに、TOYOオンラインのライブ授業では、受講者のレベルに応じ、
適切な教材選択と指導で、徐々に受講生の読解力を向上させていくことが
出来る様になっています。

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週の授業に無料体験参加が可能ですから、
ご希望の方はこちらからお申込みください。

 

<ONLINE受講者へのお知らせ>

次に申し込めるSATは10月1日開催のものです。

予約の申し込み期限は9月2日です。

新学期から11年生、12年生になる人はもちろん、
10年生、9年生の人も受けるようにしましょう。

 

1993年より毎年難関大学に帰国受験生を送り込んでいるTOYOオンラインの通信授業は、
世界中どこからでも受講可能です。

初心者からアドバンスの人まで、実力アップに必要な科目が選択可能です。

無料体験授業もありますが、不必要な押し付けセールスのようなものは一切ありません。

もちろん、受講停止も連絡するだけですぐにできますから、安心してください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。