SATの文1文2問題は得点源

SATの読解問題は、全部で5つの文章で構成されています。

内容は、科学的な話題のもの、社会経済関連のもの、小説などの文学系に大別されます。

さらに、中に一つの文章1と文章2に分かれた比較問題が一題含まれます。

 

この文1と文2に分かれた問題は、その2つの文章に共通する部分と、そうでないものを同時に含みます。

したがって、通常の問題文よりは複雑な分析が必要です。

このような理由で、文1と文2に分かれた問題に苦手意識を持つ人が多いようです。

 

ところが、この文1、文2問題は、案外、得点源になる可能性があります。

その理由は、設問が3つに分かれ、まず、文1に関連する設問、次に文2に関連するもの、
そして、最後に文1と文2の両方に関連するものとなっています。

したがって、文1や文2に関連する設問は、全体ではなく、個々の文だけを集中して読めば
正解率が上がります。

 

これは、設問が10問あるとすると、7問程度は正解を取れるということです。

マグレも含むと8割がたの正解率が見込めます。

ですから、文1と文2に分かれている問題は、苦手意識を持つのではなく、果敢に挑戦していけば、
得点源に変えられるのです。

 

通常のSATの長文問題は、1ページが縦2段組みで80行から90行程度の長さです。

80行に満たない長さのものもありますが、たいていは最後にグラフが付随しています。

文が2つに分かれているものは、ゆえに1つの文の長さが40行余りしかない計算です。

 

読解が苦手な人は文が長くなるほど苦手意識が増していく傾向があります。

そんな人にとって、文章が40行程度の短いものだと、少し安心できるのではないでしょうか。

つまり、文1と文2に分かれたSATの読解文は、そんな人にとっての貴重な得点源なのです。

 

TOYOオンラインでは6月末からの夏期集中講座を開講します。

この講座では、正しい文法とその用法や単語に加えて、読解の基本も学習します。

夏休みは比較的自由な時間があるので、余裕を持って重要な基本学習に集中することが可能です。

夏休みは、それ以後のTOEFLやSATの高得点を実現するためには、とても大切な期間です。

 

TOYOオンラインのライブ授業では、毎週の授業を通じて、あなたの学力を改善する講座を提供しています。

30年の経験を活かし、どのような人の力も伸ばすノウハウを蓄積しています。

半信半疑の人も、通常の授業に無料で体験参加をすることができますので、
是非、ホームページからお申込みください。

 

正しいSAT対策をすれば、必ず得点は上がります。

しかし、この得点の伸びは一様ではありません。

特に対策を開始して数カ月は、著しい進歩は見えないのが普通です。

実はそれが問題で、誤った学習法を取っていても、この期間はそれが有効かどうかが判断できません。

誤った学習法の場合は、それ以後も点数が伸びず、結局は時間がムダになってしまい、
受験失敗に結び付くことになってしまいます。

ですから、最初から正しい学習法を提供できるTOYOオンラインの対策クラス
などを利用することをお勧めします。

 

TOYOオンラインのライブ授業は2時間です。

その中で、単語、読解、文法などを学習します。

単に読解といっても単語力がなければ満足な読解はできません。

同様に、よじれた読解文を解きほぐすことができる文法力がなければ
正確な理解はできません。

それゆえに、TOYOオンラインのライブ授業では、受講者のレベルに応じ、
適切な教材選択と指導で、徐々に受講生の読解力を向上させていくことが
出来る様になっています。

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週の授業に無料体験参加が可能ですから、
ご希望の方はこちらからお申込みください。

 

<ONLINE受講者へのお知らせ>

次に申し込めるSATは8月27日開催のものです。

予約の申し込み期限は7月29日です。

11年で秋に12年生になる人はもちろん、現在10年、9年生の人も受けるようにしましょう。

 

1993年より毎年難関大学に帰国受験生を送り込んでいるTOYOオンラインの通信授業は、
世界中どこからでも受講可能です。

初心者からアドバンスの人まで、実力アップに必要な科目が選択可能です。

無料体験授業もありますが、不必要な押し付けセールスのようなものは一切ありません。

もちろん、受講停止も連絡するだけですぐにできますから、安心してください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。