統一テスト対策は10年生から始める

今年の夏に出願の帰国大学受験生にとって、5月、6月のSATは最重要です。

帰国大学受験での難関大合格には、帰国子女の英語力提示がカギになります。

ですから、この5月と6月のSATは、死活問題です。

 

多くの人が考えるのは、効果的な対策をすれば、すぐに得点力が伸びるという錯覚です。

実は、対策からその効果が出るまでには、数カ月の誤差があります。

有効な正しい対策を、真剣に学習しても、それが実際の得点増加に反映するには、
数カ月の誤差があるということです。

 

この対策期間と実際の点数アップの時間差があることに関する、正確な理由は不明です。

しかし、長年の経験から正しい対策を講じても、それが実際の得点に反映するには、
時間差があることが分かっています。

ですから、出願ギリギリになって、急遽対策を開始しても、その成果は実際の得点には
反映しないということを理解してください。

 

まず、正しい対策とは、英語力を蓄積する確実な要因としての単語力と文法力や
基本読解技術の向上が挙げられます。

そのような技術を向上すれば、当然、TOEFLやSATの得点力は上がります。

しかし、中にはそうでなく、得点力に反映しないというケースも存在します。

 

正しい対策をすれは、基本的には得点力は上昇します。

しかし、正しい対策と、実際の得点力の伸びの間の時間差が発生することがあります。

これは、受験生の心理状態なども密接に関連しています。

 

つまり、正しい対策を開始しても、それが実際の得点力に反映するには、時差があるということです。

ですから、そのタイムラグを予見して、出来るだけ早く正しい対策を開始することをお勧めします。

もちろん、そのような正しい対策を提供できるのは、TOYOオンラインのライブ授業です。

 

TOYOオンラインのライブ授業では、毎週の授業を通じて、あなたの学力を改善する講座を提供しています。

30年の経験を活かし、どのような人の力も伸ばすノウハウを蓄積しています。

半信半疑の人も、通常の授業に無料で体験参加をすることができますので、是非、ホームページからお申込みください。

 

正しいSAT対策をすれば、必ず得点は上がります。

しかし、この得点の伸びは一様ではありません。

特に対策を開始して数カ月は、著しい進歩は見えないのが普通です。

実はそれが問題で、誤った学習法を取っていても、この期間はそれが有効かどうかが判断できません。

誤った学習法の場合は、それ以後も点数が伸びず、結局は時間がムダになってしまい、
受験失敗に結び付くことになってしまいます。

ですから、最初から正しい学習法を提供できるTOYOオンラインの対策クラス
などを利用することをお勧めします。

 

TOYOオンラインのライブ授業は2時間です。

その中で、単語、読解、文法などを学習します。

単に読解といっても単語力がなければ満足な読解はできません。

同様に、よじれた読解文を解きほぐすことができる文法力がなければ
正確な理解はできません。

それゆえに、TOYOオンラインのライブ授業では、受講者のレベルに応じ、
適切な教材選択と指導で、徐々に受講生の読解力を向上させていくことが
出来る様になっています。

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週の授業に無料体験参加が可能ですから、
ご希望の方はこちらからお申込みください。

 

<ONLINE受講者へのお知らせ>

 

次に申し込めるSATは5月7日開催のものです。予約の申し込み期限は4月8日です。

今期からSATサブジェクトテストやエッセイテストは無くなっています。ですから、
安心して通常のSATに専念してください。

また、TOEFLを受けることも忘れないでくださいね。

 

1993年より毎年難関大学に帰国受験生を送り込んでいるTOYOオンラインの通信授業は、
世界中どこからでも受講可能です。

初心者からアドバンスの人まで、実力アップに必要な科目が選択可能です。

無料体験授業もありますが、不必要な押し付けセールスのようなものは一切ありません。

もちろん、受講停止も連絡するだけですぐにできますから、安心してください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。