正しい英語使用は本質を見ろ

11月21日(日)帰国子女受験オンライン説明会のお申し込みはこちらから!!

 

日本国内の日常生活では、普通に生卵を食べますね。

ごはんに生卵をかけたり、すき焼きを食べるときに生卵を使うことは普通です。

しかし、海外生活では、スーパーで購入する卵を、生で食べることは、あまりありません。

実の所では、新鮮な鶏卵であれば現地の卵も日本の卵も、その質はほとんど変わりません。

 

一般的に日本人の特性として、細部にこだわるというような部分が見られます。

実は、これが日本人の多くが英語は難しいと思う理由です。

自分の使う英語が完璧でなければダメだと思うのですが、他の国の人々は
そんなことはどうでも良いと考えているふしがあります。

 

日本の一般受験の英語の試験問題は、本当に重箱の隅をつつくような問題が出題されます。

しかし、実際の英語世界で使用する英語は、そんな細かい部分を気にする必要はありません。

ですから、TOEFLやSATの試験でも、枝葉末節ではなく、
大局的な対策をすることが重要です。

 

これは言い換えれば、TOEFLやSAT対策で必要なのは、英語の基本的な部分を
しっかりと押さえることです。

たとえば、日本人が英語を使うとき、前置詞を抜かしてしまうことが挙げられます。

日本人が気にするのは、成句の後ろのOFなのかINなのかというような細部ですが、
これは余り重要ではありません。

 

それよりも重要なのは、英語の基本として、名詞を連続して使えないというルールです。

もちろん、主婦の意味のHOUSE WIFEでは、一見名詞が連続するように見えます。

しかし、実際にはこの場合のHOUSEは家にいる、という意味の形容詞になっています。

 

前置詞という語の役割は、その後ろの名詞と、前置詞の前にある語とを
つなぐ役割を持っています。

文と文をつなぐのが接続詞とすると、単語と単語をつなぐのが前置詞です。

もちろん用法には例外はありますが、大局的に言うとこのような役割です。

 

このようなことは、一般受験の英文法では話題にもなりません。

しかし、実際の英語を使用するためには、このような根幹部分の知識が重要なのです。

もちろん、そのような英語の根幹を勉強できるのがTOYOオンラインのライブ授業です。

 

大所高所に立って、間違いない指導をすることが、最短距離で実用英語をマスターするための要点です。

日本の一般受験の英語指導のようなものでは、いつまでたっても本当の英語を使えるようになりません。

例外的な実用的でない細部にこだわっていては、いつまでたっても本当の英語使用の
正しい知識を養成することはできないのです。

 

あなたが、公式な英語使用のルールをマスターすれば、それ以外の非公式な英語使用を
差別化することができます。

ですから、高度な英語力を構築する最初のステップは、集中的な正しい英語ルールの学習です。

それがTOYOオンラインのライブ授業の目的なのです。

 

TOYOオンラインのライブ授業では、極端に難しい問題を学習することはありません。

それよりも、基本に忠実なものを優先的に扱います。

その中にある非日常的な表現を取り出すことができる応用力を磨きます。

これが多くのTOYO生がTOEFLやSATで高得点を挙げ、難関大に合格する秘訣です。

 

現地滞在が長くて、自分では英語力はあると思っている人でも、
実は沢山の知識の落とし穴があります。

そのような弱点を解消しない限り、SATでは高得点が取れません。

本当かな、と思う人は実際にSATの試験を受けてみてください。

きっと、こんなはずじゃなかったと実感されると思います。

 

TOYOオンラインのライブ授業では、毎週の授業を通じて、あなたの学力を改善する講座を提供しています。

30年の経験を活かし、どのような人の力も伸ばすノウハウを蓄積しています。

半信半疑の人も、通常の授業に無料で体験参加をすることができますので、
是非、ホームページからお申込みください。

 

正しいSAT対策をすれば、必ず得点は上がります。

しかし、この得点の伸びは一様ではありません。

特に対策を開始して数カ月は、著しい進歩は見えないのが普通です。

実はそれが問題で、誤った学習法を取っていても、この期間はそれが有効かどうかが判断できません。

誤った学習法の場合は、それ以後も点数が伸びず、結局は時間がムダになってしまい、
受験失敗に結び付くことになってしまいます。

ですから、最初から正しい学習法を提供できるTOYOオンラインの対策クラス
などを利用することをお勧めします。

 

TOYOオンラインのライブ授業は2時間です。

その中で、単語、読解、文法などを学習します。

単に読解といっても単語力がなければ満足な読解はできません。

同様に、よじれた読解文を解きほぐすことができる文法力がなければ
正確な理解はできません。

それゆえに、TOYOオンラインのライブ授業では、受講者のレベルに応じ、
適切な教材選択と指導で、徐々に受講生の読解力を向上させていくことが
出来る様になっています。

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週の授業に無料体験参加が可能ですから、
ご希望の方はこちらからお申込みください。

 

<ONLINE受講者へのお知らせ>

次に申し込めるSATは12月4日開催のものです。

予約の申し込み期限は11月4日です。

今期からSATサブジェクトテストやエッセイテストは無くなっています。

ですから、安心して通常のSATに専念してください。

また、TOEFLを受けることも忘れないでくださいね。

 

1993年より毎年難関大学に帰国受験生を送り込んでいるTOYOオンラインの通信授業は、
世界中どこからでも受講可能です。

初心者からアドバンスの人まで、実力アップに必要な科目が選択可能です。

無料体験授業もありますが、不必要な押し付けセールスのようなものは一切ありません。

もちろん、受講停止も連絡するだけですぐにできますから、安心してください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です