SATとTOEFLの違いを知っていますか

SATとTOEFLの2つの試験結果は、帰国受験で上位校を狙う場合に、非常に重要です。

ただ、この両テストには大きな隔たりがあります。

それはTOEFLはアメリカ以外の地域からアメリカの大学に留学をする外国人の
基本的な英語能力テストであるという点です。

 

アメリカの大学に留学する留学生に要求される英語力は、特に高度なものではありません。

これは、日本の大学に入学する外国人留学生のことを考えても分かります。

日本に来る留学生に要求される日本語テストは、普通の日本人なら簡単な内容であるように
感じるレベルです。

逆に、日本の大学受験の旧センター試験や現行の大学入学共通テストは、
さすがに留学生には無理だろうという見方が大半です。

 

実は、このような差がTOEFLとSATに存在します。

TOEFLとSATの英語の差は、与えられた文章理解のレベルの差ということもできます。

TOEFLでは、大まかな意味を取れれば良いのに反し、SATの文章理解は
細部まで目を届かせた厳密な読み方が必要なのです。

 

この厳密な読み方とは、SATの言葉ではCritical Readingという表現になっています。

クリティカルに文を読むとは、分析的な読解とも言うことができます。

つまり、単純に文に目を通すのではなく、細部にもしっかりと目くばりをして、
文章に当たるということです。

 

このような文章の読み取り術を体得するのは、簡単ではありません。

何度も練習を繰り返し、自分の読解をコントロールする技術を身につけねばなりません。

もちろん、それを日常練習しているのが、TOYOオンラインのライブ授業です。

 

SATの英語部分の点数を上げるために重要なのは、正しい英語処理能力をつけることです。

これは、日常の現地校を中心とした英語学習とは全く異なります。

現地校の英語力はTOEFLには役立ちますが、SATの英語には不向きです。

ですから、自分の中にある英語学習に対する姿勢を転換することが必要になります。

 

TOYOオンラインのライブ授業では、このような点を踏まえて、受講者の意識変革を進めています。

日常の英語は、高度なSATの英語分析には役立たないという意識です。

ですから、自分の学習法をより柔軟に変えることができる人ほど、S
ATの得点を改善することができます。

 

実は、正しい対策を開始した直後の3カ月間は、あまり変化が見られないのが普通です。

もちろん、人にもよりますが平均的に言うと、自己変革の必要性に対し
前向きになることができる準備期間が、この3カ月なのです。

このままでは、ダメだと明確に自覚することが早ければ、それだけSATレベルの英語力を
伸ばすことが可能になります。

 

正しい英文の読み方を身につける第一歩は、文を読んでいるときに感じる
違和感を大切にすることです。

この違和感は、基本的な文章構成や単語の用法が、いつも通りではないと
感じるような部分で発生します。

もちろん、これは変形文を含んでいますから、変形する前の正しい形の文型を
熟知していることが求められます。

 

TOYOオンラインのライブ授業では、極端に難しい問題を学習することはありません。

それよりも、基本に忠実なものを優先的に扱います。

その中にある非日常的な表現を取り出すことができる応用力を磨きます。

これが多くのTOYO生がTOEFLやSATで高得点を挙げ、難関大に合格する秘訣です。

 

現地滞在が長くて、自分では英語力はあると思っている人でも、
実は沢山の知識の落とし穴があります。

そのような弱点を解消しない限り、SATでは高得点が取れません。

本当かな、と思う人は実際にSATの試験を受けてみてください。

きっと、こんなはずじゃなかったと実感されると思います。

 

TOYOオンラインのライブ授業では、毎週の授業を通じて、あなたの学力を改善する講座を提供しています。

30年の経験を活かし、どのような人の力も伸ばすノウハウを蓄積しています。

半信半疑の人も、通常の授業に無料で体験参加をすることができますので、
是非、ホームページからお申込みください。

 

正しいSAT対策をすれば、必ず得点は上がります。

しかし、この得点の伸びは一様ではありません。

特に対策を開始して数カ月は、著しい進歩は見えないのが普通です。

実はそれが問題で、誤った学習法を取っていても、この期間はそれが有効かどうかが判断できません。

誤った学習法の場合は、それ以後も点数が伸びず、結局は時間がムダになってしまい、
受験失敗に結び付くことになってしまいます。

ですから、最初から正しい学習法を提供できるTOYOオンラインの対策クラス
などを利用することをお勧めします。

 

TOYOオンラインのライブ授業は2時間です。

その中で、単語、読解、文法などを学習します。

単に読解といっても単語力がなければ満足な読解はできません。

同様に、よじれた読解文を解きほぐすことができる文法力がなければ
正確な理解はできません。

それゆえに、TOYOオンラインのライブ授業では、受講者のレベルに応じ、
適切な教材選択と指導で、徐々に受講生の読解力を向上させていくことが
出来る様になっています。

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週の授業に無料体験参加が可能ですから、
ご希望の方はこちらからお申込みください。

 

<ONLINE受講者へのお知らせ>

次に申し込めるSATは11月6日開催のものです。

LATE予約の申し込み期限は10月26日です。

アメリカ以外では11月のSATは申し込めません。

アメリカ以外で次に予約ができるのは12月4日開催のものになります。

このSATの申し込み期限は11月4日です。

今期からサブジェクトテストやエッセイテストは無くなっています。で

すから、安心してSATに専念してください。

また、TOEFLを受けることも忘れないでくださいね。

 

1993年より毎年難関大学に帰国受験生を送り込んでいるTOYOオンラインの通信授業は、
世界中どこからでも受講可能です。

初心者からアドバンスの人まで、実力アップに必要な科目が選択可能です。

無料体験授業もありますが、不必要な押し付けセールスのようなものは一切ありません。

もちろん、受講停止も連絡するだけですぐにできますから、安心してください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です