SATは日常語にも目配りを

SATの読解は難度が高いと言われますが、それにはいくつかの理由があります。

まず最初に言われるのが、比較的単語が難しいというものです。

その他の理由としては、文の構成などが非常に論理的になっているということがあります。

 

論理を構成するのは、文の正しい使い方ですから、当然、文法に関しても厳格です。

いろいろな意味で、SATの英語で高得点を取るには、
正しい学習法をすることが求められます。

その上で、難しいと言われる単語の用法を考えてみましょう。

 

難しい単語というのは、一般的に使用される口語英語では、
あまり使用しない単語が多くを占めます。

そのような単語の意味は限定されていることが多く、他意に解釈されることが
少ないような単語です。

したがって、SATでは熟語、成句というのは、あまり使用されません。

 

ただ、注意すべきは見慣れている単語でも、別な意味があるものです。

例えばSATではhusbandは夫という意味ではなく、
倹約するという意味の形容詞で使用される場合があります。

ここで、重要なのは、文中で見かける良く知っている名詞が、形容詞などの
他の品詞として使われていることに気づくことです。

 

例えば、categoryは名詞では範囲を示す意味ですが、形容詞の
categoricalになると範囲のという意味の他に、
絶対的なという断定的な意味として使われます。

また、idealistは理想主義者の意味の名詞と、さらに形容詞として
理想的なという意味も含みます。

 

このようにSAT対策における単語理解には、単に難しい単語を覚えるだけでなく、
日常的に目にする単語の別な意味も理解しなければなりません。

ただ、これは自分では気づかないことが多いので、TOYOオンラインの
ライブ授業での単語学習をご利用ください。

文中で使用される、そのような部分は必ず克明に説明を行います。

 

SATの読解文は、細部に隠れている要点に気づかなければ、上すべりの理解になり、
真の文意を把握することが出来ません。

SATの読解文が難しいというのは、実は、日常的に使用する単語であっても、
別な使い方があることを知る必要があるからです。

特にその単語がどのような形で使用されているかを瞬時に判別することが出来る力が
重要になります。

 

TOYOオンラインのライブ授業で行う読解練習では、細部を大切にし、
確実に理解することを優先しています。

もちろん、それには時間をかけて文を読むことが必要です。

それは文を出来るだけゆっくりと読む、遅く読む遅読み練習で、一人一人の授業参加者に要点を理解し、
高度な読解力をつけていきます。

 

TOYOオンラインのライブ授業では、実際のSAT問題を解くことで得られた
独自の文法を組み立てています。

郷に入っては郷に従えで、SATで高得点を取るには、SATのルールに従うことが重要なのです。

もし、あなたが自分の力を改善したいと考えているのなら、是非、TOYOオンラインの
ライブ授業に体験参加をしてみてください。

 

もちろん、現地滞在が長くて、自分では英語力はあると思っている人でも、実は沢山の
知識の落とし穴があります。

そのような弱点を解消しない限り、SATでは高得点が取れません。本当かな、
と思う人は実際にSATの試験を受けてみてください。

きっと、こんなはずじゃなかったと実感されると思います。

 

TOYOオンラインのライブ授業では、毎週の授業を通じて、あなたの学力を改善する講座を提供しています。

30年の経験を活かし、どのような人の力も伸ばすノウハウを蓄積しています。

半信半疑の人も、通常の授業に無料で体験参加をすることができますので、
是非、ホームページからお申込みください。

 

正しいSAT対策をすれば、必ず得点は上がります。

しかし、この得点の伸びは一様ではありません。

特に対策を開始して数カ月は、著しい進歩は見えないのが普通です。

実はそれが問題で、誤った学習法を取っていても、この期間はそれが有効かどうかが判断できません。

誤った学習法の場合は、それ以後も点数が伸びず、結局は時間がムダになってしまい、
受験失敗に結び付くことになってしまいます。

ですから、最初から正しい学習法を提供できるTOYOオンラインの対策クラス
などを利用することをお勧めします。

 

TOYOオンラインのライブ授業は2時間です。

その中で、単語、読解、文法などを学習します。

単に読解といっても単語力がなければ満足な読解はできません。

同様に、よじれた読解文を解きほぐすことができる文法力がなければ
正確な理解はできません。

それゆえに、TOYOオンラインのライブ授業では、受講者のレベルに応じ、
適切な教材選択と指導で、徐々に受講生の読解力を向上させていくことが
出来る様になっています。

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週の授業に無料体験参加が可能ですから、
ご希望の方はこちらからお申込みください。

 

<ONLINE受講者へのお知らせ>

次に申し込めるSATは11月6日開催のものです。

LATE予約の申し込み期限は10月26日です。

アメリカ以外では11月のSATは申し込めません。

アメリカ以外で次に予約ができるのは12月4日開催のものになります。

このSATの申し込み期限は11月4日です。

今期からサブジェクトテストやエッセイテストは無くなっています。で

すから、安心してSATに専念してください。

また、TOEFLを受けることも忘れないでくださいね。

 

1993年より毎年難関大学に帰国受験生を送り込んでいるTOYOオンラインの通信授業は、
世界中どこからでも受講可能です。

初心者からアドバンスの人まで、実力アップに必要な科目が選択可能です。

無料体験授業もありますが、不必要な押し付けセールスのようなものは一切ありません。

もちろん、受講停止も連絡するだけですぐにできますから、安心してください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です