統一テストの得点力が難関大合格を約束する

アメリカの多くの高校では、もうすぐ新学期が始まります。

来年以降に帰国受験を予定している帰国子女は、8月末のSAT、さらに10月の
SATに向けての本格的な学習を開始していると思います。

帰国受験では、当日試験も大切ですが、難関大合格を可能にするのは、帰国子女の
英語力を提示する統一テストの得点、特にSATの点数が重要です。

 

多くの帰国子女は情報不足もあり、日本に帰国後受ける当日試験結果が
大切であると誤解しています。

これは、まったくのでたらめで、難関大合格には現地滞在中に挙げる、
統一テストの点数が最重要です。

特に難関私大で帰国子女にとってのトップ大学である慶応大では、当日試験の結果は
単なる参考にしかすぎません。

これは慶応大の受験要項にも明記されています。

 

帰国受験で英語力のある受験生の進学先は、私大では慶応をトップに、早稲田、上智や
ICU、明治、法政やその他の大学というような順にピラミッド型になっています。

このピラミッド型は、おおむねSATやTOEFLの点数順になっていると考えてよいでしょう。

ですから、下位大学になるほど、受験生の提示する統一テストの得点は下がっていきます。

 

端的に言えば、海外滞在中に挙げる統一テストの得点が低いと、それに応じた大学にしか
進学できないということです。

もちろん、早稲田以下の大学であれば、抜群の当日試験結果をものにすれば、合格可能です。

しかし、そのような当日試験結果を出すような努力が出来る帰国子女なら、
必然的に海外滞在中でも統一テストでの高得点をものにするのが普通です。

 

つまり、帰国受験では海外滞在中に自分の英語力を最大化することが必要です。

それには自分の英語力、数学力を上げ、SATで高得点を出せる対策をしてください。

もちろん、そのお手伝いが出来るのは、TOYOオンラインしかありません。

 

英語というと長文読解を一番最初に頭に浮かべる人が多いと思います。

ですから、対策と言うと、とにかく読解練習を繰り返すというのが普通のやり方です。

しかし、それは得策ではありません。

というのは、読解力は単語力や文法力、正しい英語の用法などに関する基本力の集積だからです。

 

英語の基本力は、単に読解練習を反復することでは構築することができません。

これはスポーツの基本練習と同じで、基礎トレーニングをおろそかにしては
実力がつかないのと同じです。

短期間に英語力を向上させる秘訣は、基本力をできるだけ速く身につけることです。

 

SATでの高得点を望む人は、まず実際のSATを受けてみてください。

学年が9年生でも8年生でも構いませんから、とにかく現在の自分の得点力を確認する必要があります。

その上で、得点力が不足する部分を優先的に改善するようなプログラムを作っていきましょう。

 

SATの英語テストの高得点のカギは、単語力と文法力の増強です。

これは、英語の基本的な分野ですから、英文読解にも直結しています。

このような基礎的な所は、集中的に学習できるような環境が必要になりますので、
比較的時間のある夏休みからスタートすることをお勧めします。

 

TOYOオンラインの授業は、長年の経験で、学習に際し無理な内容を押し付けるようなことはしません。

どのような英語レベルの人にでも役立つ知識内容を、ひとつづつ提示していきます。

長期滞在者で自分は英語が分かるんだと思っている人でも、実は正しい英語運用の知識が欠如しています。

当然、滞在期間が短い人は、いろいろな部分で正しい英語の運用法を誤っています。

 

TOYOオンラインのライブ授業では、毎週の授業を通じて、あなたの学力を改善する講座を提供しています。

30年の経験を活かし、どのような人の力も伸ばすノウハウを蓄積しています。

半信半疑の人も、通常の授業に無料で体験参加をすることができますので、
是非、ホームページからお申込みください。

 

正しいSAT対策をすれば、必ず得点は上がります。

しかし、この得点の伸びは一様ではありません。

特に対策を開始して数カ月は、著しい進歩は見えないのが普通です。

実はそれが問題で、誤った学習法を取っていても、この期間はそれが有効かどうかが判断できません。

誤った学習法の場合は、それ以後も点数が伸びず、結局は時間がムダになってしまい、
受験失敗に結び付くことになってしまいます。

ですから、最初から正しい学習法を提供できるTOYOオンラインの対策クラス
などを利用することをお勧めします。

 

TOYOオンラインのライブ授業は2時間です。

その中で、単語、読解、文法などを学習します。

単に読解といっても単語力がなければ満足な読解はできません。

同様に、よじれた読解文を解きほぐすことができる文法力がなければ
正確な理解はできません。

それゆえに、TOYOオンラインのライブ授業では、受講者のレベルに応じ、
適切な教材選択と指導で、徐々に受講生の読解力を向上させていくことが
出来る様になっています。

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週の授業に無料体験参加が可能ですから、
ご希望の方はこちらからお申込みください。

 

<ONLINE受講者へのお知らせ>

次に予定されているSATは8月28日です。

LATE予約の申し込み期限は8月17日です。

今期からサブジェクトテストやエッセイテストは無くなっています。

ですから、安心してSATに専念してください。

また、TOEFLを受けることも忘れないでくださいね。

 

1993年より毎年難関大学に帰国受験生を送り込んでいるTOYOの通信授業は、
世界中どこからでも受講可能です。

初心者からアドバンスの人まで、実力アップに必要な科目が選択可能です。

無料体験授業もありますが、不必要な押し付けセールスのようなものは一切ありません。

もちろん、受講停止も連絡するだけですぐにできますから、安心してください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です