SATは得点出来るところから点数を稼げ

SATで高得点を挙げるには、まず、点数を稼げる部分から点数を加算する
というような方針をお勧めします。

仮に、SATのスタート時点で1000点から、一挙に1400点を挙げるのは無理があります。

その理由は、SATの方針として、前回比で350点程度以上点数が上がると、
自動的に調査の対象になるからです。

 

この調査というのは、調べて良かったら認めるというものではなく、自動的に
得点がキャンセルになるということです。

そして、選択肢としては、特別に1対1で試験を受けるか、それとも点数を
キャンセルするかというものです。

もちろん、1対1で試験を受ける場合、審査官は複数人いて、受験生は1人ですから、たいていの場合、
そのプレシャーで元のような点数を出すことが難しくなります。

 

実際に過去のTOYO生でこのような事態になった先輩がいます。

その時は、受験生として最後のチャンスの6月のSATで得点を伸ばしたのですが、
前回比で350点以上点数が上がってしまいました。

出願可能性のある最後のSATということで、試験官の前で再びSATを受けるという選択肢を
選んだのですが、6月の最高点数を越せず、結局、その点数はキャンセルされてしまいました。

 

もちろん、SATで一挙に100点とか200点とか、点数を上げること自体が大変です。

ですから、300点以上も点数が上がると、主催者側のSATの会社では、カンニングを疑う
というのも理解できます。

しかし、努力によれば得点を一挙に上げることは可能なのです。

 

ですから、お勧めとしては、毎回SATを受けて、徐々に点数を高めていくことです。

もちろん、最初から自己最高点は出ませんから、初期段階では得点できるところから、
点数を重ねて行くという方針を取ってください。

それには、数学や英語の文法セクションで、点数を稼ぐことが重要です。

 

SATで1400点以上の高得点を出す人に共通なのは、確実に得点出来るところで
ミスを出さずに点を稼ぐということです。

英語テストでは文法テストが比較的確実に得点を稼ぐことができます。

もちろん、数学テストは解法さえしっかりと学習すれば、確実に得点を上げることが可能になります。

 

数学テストでは、多くの帰国生が満点近い得点を挙げます。

仮に数学で満点を取れば、それだけで800点ありますから、英語で600点を出せば、
合計で1400点です。

この英語での600点というのは、文法セクションでミスを出さなければ、十分可能な点数です。

 

SATの英語テストの高得点のカギは、単語力と文法力の増強です。

これは、英語の基本的な分野ですから、英文読解にも直結しています。

このような基礎的な所は、集中的に学習できるような環境が必要になりますので、
比較的時間のある夏休みからスタートすることをお勧めします。

 

TOYOオンラインの授業は、長年の経験で、学習に際し無理な内容を押し付けるようなことはしません。

どのような英語レベルの人にでも役立つ知識内容を、ひとつづつ提示していきます。

長期滞在者で自分は英語が分かるんだと思っている人でも、実は正しい英語運用の知識が欠如しています。

当然、滞在期間が短い人は、いろいろな部分で正しい英語の運用法を誤っています。

 

TOYOオンラインのライブ授業では、毎週の授業を通じて、あなたの学力を改善する講座を提供しています。

30年の経験を活かし、どのような人の力も伸ばすノウハウを蓄積しています。

半信半疑の人も、通常の授業に無料で体験参加をすることができますので、
是非、ホームページからお申込みください。

 

正しいSAT対策をすれば、必ず得点は上がります。

しかし、この得点の伸びは一様ではありません。

特に対策を開始して数カ月は、著しい進歩は見えないのが普通です。

実はそれが問題で、誤った学習法を取っていても、この期間はそれが有効かどうかが判断できません。

誤った学習法の場合は、それ以後も点数が伸びず、結局は時間がムダになってしまい、
受験失敗に結び付くことになってしまいます。

ですから、最初から正しい学習法を提供できるTOYOオンラインの対策クラス
などを利用することをお勧めします。

 

TOYOオンラインのライブ授業は2時間です。

その中で、単語、読解、文法などを学習します。

単に読解といっても単語力がなければ満足な読解はできません。

同様に、よじれた読解文を解きほぐすことができる文法力がなければ
正確な理解はできません。

それゆえに、TOYOオンラインのライブ授業では、受講者のレベルに応じ、
適切な教材選択と指導で、徐々に受講生の読解力を向上させていくことが
出来る様になっています。

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週の授業に無料体験参加が可能ですから、
ご希望の方はこちらからお申込みください。

 

<ONLINE受講者へのお知らせ>

次に予定されているSATは8月28日です。

予約の申し込み期限は7月30日です。

今期からサブジェクトテストやエッセイテストは無くなっています。

ですから、安心してSATに専念してください。

また、TOEFLを受けることも忘れないでくださいね。

 

1993年より毎年難関大学に帰国受験生を送り込んでいるTOYOの通信授業は、
世界中どこからでも受講可能です。

初心者からアドバンスの人まで、実力アップに必要な科目が選択可能です。

無料体験授業もありますが、不必要な押し付けセールスのようなものは一切ありません。

もちろん、受講停止も連絡するだけですぐにできますから、安心してください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です