問題文の読み違いをなくせ

帰国受験やアメリカ大に進学に重要なのがSATの得点です。

もちろん、帰国受験は海外の高校から日本に帰国し、受験する人のための特別枠の受験です。

したがって、その資質は日本語ではなく、英語で判断されることになります。

 

特に長期滞在者になると、日本語能力よりも英語力の方が高い人が多くいます。

そのような人こそ、帰国子女中の帰国子女であるという認識があり、
難関大にも優先的に進学できるようになっています。

もちろん、その英語力を証明するのがSATの点数です。

 

帰国受験対策というと、日本語対策を重要視する人もいますが、
それは正しい帰国受験対策ではありません。

いきおい、日本語対策が喧伝されるのは、それを提供するのが日本の塾だからです。

あからさまに言えば、そのような塾では、正しい英語指導ができないゆえに、
日本語対策が重要であるような誤った認識を広めているのです。

 

ここで言う正しい英語指導というのは、一般受験での英語指導とは雲泥の差があります。

一般受験の英語は受験英文法に見られるように、非常に稀な、例外的な用法を問うような問題が、
良い問題だと考えられています。

これは、通常の英語使用の観点から言うと、まったく逆行的なことで、例外的な用法などは
知らなくても良いようなムダ知識なのです。

 

SATはTOEFLと異なり、正式な英語運用の知識を尋ねるテストです。

TOEFLは日常使用する口語の内容も含みますので、そのような英語は
公式な英語が必要な場では、使用できません。

これは日本語で言うと、母ちゃんあれ買って、というような日本語を
公式な場で用いるようなものです。

 

SAT対策をやり込み、正しい英語運用の知識を身につけた人が、SATを受けると
案外点数が上がらないという状況に直面することがあります。

単語力や文法力もつけ、読解力も上げたのに、実際のSATの問題で
ミスを多発してしまうような場合です。

実は、これは設問の問題文の読み取りでつまずいている可能性があります。

 

SATの問題を制作する側では、いわゆるいやらしい問題は、あまり作りません。

非常にストレートで分かり易い問題制作をするのが普通です。

ただ、例外は設問の問題文で、ここを読み違えると、誤った選択肢を
選んでしまう可能性があります。

ですから、設問の問題文は、短いからといって軽々しく読み飛ばして真意を曲解すると、
手ひどいしっぺ返しを受けることになります。

 

そこで、重要なのがこのようような問題と問題文の正しい理解です。

もちろん、これがSAT対策のキモなのですが、いろんな問題に触れ、
正しい文章理解を促進するような練習を繰り返す必要があります。

もちろん、それを実施しているのがTOYOオンラインのライブ授業です。

 

TOYOオンラインは毎年、英語力を高めようとする帰国子女を応援しています。

そして、その結果、努力を惜しまない受験生を私立や国立の難関大に送っています。

もし、あなたがそんな先輩に続き、自分にとっての最高の未来を手にしたいと思うなら、
是非、TOYOオンラインの講座に参加してみてください。

 

TOYOオンラインの授業は、長年の経験で、無理な内容を押し付けるようなことはしません。

どのような英語レベルの人にでも役立つ知識内容を、ひとつづつ提示していきます。

長期滞在者で自分は英語が分かるんだと思っている人でも、実は正しい英語運用の知識が
欠如していることがよくあります。

当然、滞在期間が短い人は、いろいろな部分で正しい英語の運用法を誤っています。

 

TOYOオンラインのライブ授業では、毎週の授業を通じて、あなたの学力を改善する講座を提供しています。

30年の経験を活かし、どのような人の力も伸ばすノウハウを蓄積しています。

半信半疑の人も、通常の授業に無料で体験参加をすることができますので、
是非、ホームページからお申込みください。

 

TOEFLやSATの高得点は、非常に簡単です。

自分の英語力を上げればすぐに解決します。正しい対策をきっちりとすれば、どんな人でも英語力を上げ、
難関大に進学することができるようになります。

そして、その英語力を上げるというのは、帰国子女が日常使用している言語である英語という、
単一の科目に集中して勉強することですから、最も簡単な受験勉強です。

 

正しいSAT対策をすれば、必ず得点は上がります。

しかし、この得点の伸びは一様ではありません。

特に対策を開始して数カ月は、著しい進歩は見えないのが普通です。

実はそれが問題で、誤った学習法を取っていても、この期間はそれが有効かどうかが判断できません。

誤った学習法の場合は、それ以後も点数が伸びず、結局は時間がムダになってしまい、
受験失敗に結び付くことになってしまいます。

ですから、最初から正しい学習法を提供できるTOYOオンラインの対策クラス
などを利用することをお勧めします。

 

TOYOオンラインのライブ授業は2時間です。

その中で、単語、読解、文法などを学習します。

単に読解といっても単語力がなければ満足な読解はできません。

同様に、よじれた読解文を解きほぐすことができる文法力がなければ
正確な理解はできません。

それゆえに、TOYOオンラインのライブ授業では、受講者のレベルに応じ、
適切な教材選択と指導で、徐々に受講生の読解力を向上させていくことが
出来る様になっています。

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週の授業に無料体験参加が可能ですから、
ご希望の方はこちらからお申込みください。

 

<ONLINE受講者へのお知らせ>

次に予定されているSATは8月28日です。

予約の申し込み期限は7月30日です。

今期からサブジェクトテストやエッセイテストは無くなっています。

ですから、安心してSATに専念してください。

また、TOEFLを受けることも忘れないでくださいね。

 

1993年より毎年難関大学に帰国受験生を送り込んでいるTOYOの通信授業は、
世界中どこからでも受講可能です。

初心者からアドバンスの人まで、実力アップに必要な科目が選択可能です。

無料体験授業もありますが、不必要な押し付けセールスのようなものは一切ありません。

もちろん、受講停止も連絡するだけですぐにできますから、安心してください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です