TOEFLとSATは姉妹テスト

TOEFLは英語テストとして、日本でも知られています。

特に海外の大学に留学する際には、英語力の証明として受験するテストとして有名です。

しかし、最近では、社会人の英語力を示すテストとしてTOEICを受ける人も多いようです。

 

TOEFLやTOEICに比べSATは、一般的な日本社会ではあまり知られていません。

帰国大学受験の際に必要な大学があるため、帰国子女とその家族ではSATを認識しています。

しかし、その実態を把握している人は少ないようです。

 

TOEFL、TOEIC、SATには、異なった要素があります。

まず、TOEFLはアメリカの大学に留学する外国人の英語力を調べるという目的があります。

これは日本の大学に来る留学生の語学力を調べる日本語テストと同様です。

 

TOEICは主として、日本の企業が、社員の英語力認定のために、
TOEFLの会社に要望して出来たテストです。

そのため、試験の中心はビジネスに関連する英語使用の能力を調べることにあります。

ゆえに、その使用単語などもビジネスの実務を反映したものが多く出題されます。

 

TOEFLとTOEICはETSというアメリカ企業により運営、施行されています。

このETSでは膨大な人材と時間をかけて、教材の開発と運営を行っています。

特に世界中で施行されるために、その教材の精度は非常に高く、
質の高い問題制作で知られています。

 

SATはアメリカの高校生が大学に進学する際の英語と数学力のテストです。

いわば日本のセンター試験のような性質があり、当該大学へ進学するための
一種の適性テストの役割を果たします。

TOEFLやTOEICよりも難度が高いテストとして知られており、
カレッジボード社が実施しているテストです。

 

実はこのSATの問題制作はTOEFLの会社であるETSが担当しています。

ですから、TOEFL、TOEIC、SATは姉妹テストであるとも言うことが出来ます。

レベル順ではTOEFL、TOEIC、SATの順で難度が上がります。

 

帰国受験ではTOEFLとSATが必要ですから、その対策を考えている帰国子女は多くいます。

その際、よく聞く誤りは、まずTOEFL対策をしてからSAT対策に着手するというものです。

TOEFLとSATは姉妹テストですから、この両テストを二分して考えるのは危険です。

 

お勧めは、まずSAT対策を先行してください。

その理由は、その方が簡単だからです。

SATは論理的な英語使用を中心にしていますから、そのルールが分かり易いのです。

さらにSATで高得点が取れるようになると、当然、TOEFLでも高得点が取れるようになります。

ですから、帰国受験対策としては、SAT対策を優先することが重要なのです。

 

帰国受験で帰国子女が要求される英語力は、アメリカの教育レベルの高い人の所有するものと
同等な力です。

日常会話が出来るレベルの英語は庶民レベルですから、高度な英語使用ではありません。

実はTOEFLは、この庶民レベルの英語力をテストする内容になっています。

 

正しい英語読解を細部にまで配慮して、完全理解を促進する読解術を練習しているのが、
TOYOオンラインのライブ授業です。

自分一人では、どうしても自分の先入観に基づいた理解になってしまいます。

自分では気づかない判断の誤りを矯正することができるのがTOYOオンラインのライブ授業です。

 

TOEFLやSATの高得点は、非常に簡単です。

自分の英語力を上げればすぐに解決します。

正しい対策をきっちりとすれば、どんな人でも英語力を上げ、難関大に
進学することができるようになります。

そして、その英語力を上げるというのは、帰国子女が日常使用している言語である
英語という、単一の科目に集中して勉強することですから、最も簡単な受験勉強です。

 

最小の努力で最大の効果を得られるのが、帰国受験です。

一般受験なら複数の学科の重箱の隅をつつくような勉強を強制させられます。

しかし、帰国受験では現地で毎日使用する言葉をより詳しく理解するだけで
驚くような結果が待っているのです。

これほど楽な受験は無いと言っても過言ではありません。

 

正しいSAT対策をすれば、必ず得点は上がります。

しかし、この得点の伸びは一様ではありません。

特に対策を開始して数カ月は、著しい進歩は見えないのが普通です。

実はそれが問題で、誤った学習法を取っていても、この期間はそれが有効かどうかが判断できません。

誤った学習法の場合は、それ以後も点数が伸びず、結局は時間がムダになってしまい、
受験失敗に結び付くことになってしまいます。

ですから、最初から正しい学習法を提供できるTOYOオンラインの対策クラス
などを利用することをお勧めします。

 

TOYOオンラインのライブ授業は2時間です。

その中で、単語、読解、文法などを学習します。

単に読解といっても単語力がなければ満足な読解はできません。

同様に、よじれた読解文を解きほぐすことができる文法力がなければ
正確な理解はできません。

それゆえに、TOYOオンラインのライブ授業では、受講者のレベルに応じ、
適切な教材選択と指導で、徐々に受講生の読解力を向上させていくことが
出来る様になっています。

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週の授業に無料体験参加が可能ですから、
ご希望の方はこちらからお申込みください。

 

<ONLINE受講者へのお知らせ>

予約ができる次のSATは5月8日開催のものです。予約の締切は4月8日です。

今年の秋に大学受験をする人は、5月、6月の両方に申し込むようにしましょう。

 

 

1993年より毎年難関大学に帰国受験生を送り込んでいるTOYOの通信授業は、
世界中どこからでも受講可能です。

初心者からアドバンスの人まで、実力アップに必要な科目が選択可能です。

無料体験授業もありますが、不必要な押し付けセールスのようなものは一切ありません。

もちろん、受講停止も連絡するだけですぐにできますから、安心してください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です