SAT長文読解の誤った方法

SATの英語セクションのテストは、最初に長文読解のセクションがあり、
次に文法セクションのテストで構成されています。

帰国受験では、各セクションの個々の得点ではなく、英語セクションと数学セクションの
合計点数が合否対象になります。

したがって、数学の得意な人は、比較的容易に総合的な高得点を挙げることができます。

 

ただ、数学セクションの満点は800点ですから、英語セクションで500点以上を挙げないと、
合計点が1300点を越えません。

それゆえ、比較的対策が容易な文法セクションの得点力が、全体的な高得点のために重要です。

その上で、英語長文読解セクションをどのように対処するかを考えていきましょう。

 

まず、よくある質問に、長文読解をする前に、設問に目を通した方が良いのかというものがあります。

文章読解を実際に開始する前に、設問に目を通せば、読解文中のどこを
重点的に読めばいいかが分かるというのが、その理由です。

しかし、これは実際の試験では、まったく意味がありません。

 

SAT読解問題の各文章には、付随する設問が10問か11問あります。

もちろん設問の問題文も比較的長く、それぞれの設問も短くはありません。

それに目を通すといっても10問以上の設問を読むだけでも、かなりの時間がかかります。

さらに、長い読解文を読み始めると、集中して文章を読まないと頭に入ってきません。

その結果、文章を読み終えた段階では、最初に読んだ設問の内容などは、すっかり頭から消えています。

 

つまり、実際に読解を始める前に、設問に目を通すというのは、机上の空論です。

設問に目を通す時間だけが無駄になり、結局、短い手持ち時間がさらに短縮されるだけになります。

ですから、読解を始める前に、設問に目を通そうという誤った読解法には騙されないようにしてください。

 

また、読解文を全部読まないで、各設問に関連する部分だけを読んで答えるという方法もあります。

これは、TOEFL試験では可能ですが、SATでは現実的ではありません。

TOEFL iBTでは画面の左に本文があり、右側に設問がある形式です。

ですから、設問の左側にある関連する読解部分だけを見て答えることが可能です。

 

しかし、SATは紙の冊子で、長文が1ページ全体と長いものは次ページにもわたっています。

設問は、さらにその次のページにまで伸びています。

つまり、設問のあるページと本文のあるページは異なるので、設問ごとに本文のページを見返す
というやり方になってしまいます。

そして、このページをペラペラとめくるという作業は非常に非効率的です。

 

SAT読解は、日本語の国語の読解問題と同じです。

まず、本文に目を通しきっちりと理解した上で、設問に当たるようにしてください。

日本語の長文読解で文章を読まないうちに設問だけを見て答える人は無いと思います。

英文読解は日本語の読解と、何も変わりません。

英語だから特別な読解法があるというようなことは無いのです。

 

正しい読解法を細部にまで配慮して、完全理解を促進する読解術を練習しているのが、
TOYOオンラインのライブ授業です。

自分一人では、どうしても自分の先入観に基づいた読解になってしまいます。

自分では気づかない読解の誤りを矯正することができるのがTOYOオンラインのライブ授業です。

 

TOEFLやSATの高得点は、非常に簡単です。

自分の英語力を上げればすぐに解決します。

正しい対策をきっちりとすれば、どんな人でも英語力を上げ、難関大に
進学することができるようになります。

そして、その英語力を上げるというのは、帰国子女が日常使用している言語である
英語という、単一の科目に集中して勉強することですから、最も簡単な受験勉強です。

 

最小の努力で最大の効果を得られるのが、帰国受験です。

一般受験なら複数の学科の重箱の隅をつつくような勉強を強制させられます。

しかし、帰国受験では現地で毎日使用する言葉をより詳しく理解するだけで
驚くような結果が待っているのです。

これほど楽な受験は無いと言っても過言ではありません。

 

正しいSAT対策をすれば、必ず得点は上がります。

しかし、この得点の伸びは一様ではありません。

特に対策を開始して数カ月は、著しい進歩は見えないのが普通です。

実はそれが問題で、誤った学習法を取っていても、この期間はそれが有効かどうかが判断できません。

誤った学習法の場合は、それ以後も点数が伸びず、結局は時間がムダになってしまい、
受験失敗に結び付くことになってしまいます。

ですから、最初から正しい学習法を提供できるTOYOオンラインの対策クラス
などを利用することをお勧めします。

 

TOYOオンラインのライブ授業は2時間です。

その中で、単語、読解、文法などを学習します。

単に読解といっても単語力がなければ満足な読解はできません。

同様に、よじれた読解文を解きほぐすことができる文法力がなければ
正確な理解はできません。

それゆえに、TOYOオンラインのライブ授業では、受講者のレベルに応じ、
適切な教材選択と指導で、徐々に受講生の読解力を向上させていくことが
出来る様になっています。

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週の授業に無料体験参加が可能ですから、
ご希望の方はこちらからお申込みください。

 

<ONLINE受講者へのお知らせ>

予約ができる次のSATは5月8日開催のものです。予約の締切は4月8日です。

今年の秋に大学受験をする人は、5月、6月の両方に申し込むようにしましょう。

 

 

1993年より毎年難関大学に帰国受験生を送り込んでいるTOYOの通信授業は、
世界中どこからでも受講可能です。

初心者からアドバンスの人まで、実力アップに必要な科目が選択可能です。

無料体験授業もありますが、不必要な押し付けセールスのようなものは一切ありません。

もちろん、受講停止も連絡するだけですぐにできますから、安心してください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です