リスニング能力の重要性

英語が出来るようになりたいという人は沢山います。

もちろん、これは帰国受験生だけでなく、一般の日本人の人も同様です。

その中で、よく聞くのは、私は相手の言うことはだいたい分かるのだが、
なんと話していいか分からない、とう意見です。

 

会話は、英語、日本語によらず、自分と相手の共通理解の問題です。

この共通理解というのがカギで、英語で話そうとしている人の多くが
一方通行になっているのです。

これはどういうことかというと、相手の言っていることは、だいたい分かるというのが、
実は全くの誤解なのです。

 

アメリカ人が持つ日本人に対する印象は、良い人だけど、何か良く分からない人
という場合が多いようです。

この理由が、日本人の多くが言う、相手の言っていることは大体わかるのだけど、
という所なのです。

実は、この大体というのがまったくの誤解なのです。

 

会話というのは、自分と相手の間での言葉の闘いです。

相手の言いたいことや、言いたくないことの微妙な部分の間隙をついて切り返すことで、
しゃれた会話、ピンポイントした会話が可能になります。

それに必要なのが、相手の言葉の詳細な理解と分析です。

 

多くの日本人は、英語で会話をする際に、相手の言葉の詳細を把握できていません。

その結果、どこまで相手に切り込んで良いのかが分からず、中途半端な答えになってしまいます。

結果、相手は日本人はぼんやりとした返事をする人、良く分からない人
という印象を持つことになります。

 

このような会話の改善は、単語力の増強です。

会話で相手の使用する単語は、どのような種類の単語、どのようなレベルの単語かは、
予測できません。

つまり、十分な会話を実現するには、相手より一枚上の単語力を持つことが必要なのです。

 

日本人の誤解は、英語を日本語使用と同様に考えてしまうことです。

日本語と違い、英語を話す人の単語力は、非常な個人差があります。

教育レベルが高い人とそうでない人では、使用単語難度が明確に異なります。

日常会話では比較的簡単な単語を使用するのですが、少し高度な会話には
それなりの難度の高い単語の理解が不可欠です。

 

SATの勉強をし、高度な単語力を体得すると、相手の言うことが完璧に分かるようになります。

したがって、会話でも相手の話す内容に密着した返答が出来るようになります。

もちろん、その場合、相手の人はあなたのことをより良く理解し、よく分からない人
などという印象は持たなくなるのです。

その意味でも帰国子女が十分なSAT対策を講じることは重要です。

 

2月21日の日曜日午後に帰国受験とSAT対策に関する説明会を開催します。

米国太平洋時間の午後1時30分(米国東部時間2月21日午後4時30分、
日本時間2月22日月曜日午前6時30分)から2時間程度で受験対策などについて
質疑を行いたいと考えています。

参加は無料ですが、スカイプを使用しますので、参加希望者はTOYOオンラインのホームページから、
申し込みとスカイプ名の登録をお願いいたします。

 

2月21日のSAT対策と受験対策についての説明会で、こんなことを尋ねたい、
聞きたいと思われるようなことがあれば、是非、質問内容などをお知らせください。

 

TOEFLやSATの高得点は、非常に簡単です。

自分の英語力を上げればすぐに解決します。

正しい対策をきっちりとすれば、どんな人でも英語力を上げ、難関大に
進学することができるようになります。

そして、その英語力を上げるというのは、帰国子女が日常使用している言語である
英語という、単一の科目に集中して勉強することですから、最も簡単な受験勉強です。

 

最小の努力で最大の効果を得られるのが、帰国受験です。

一般受験なら複数の学科の重箱の隅をつつくような勉強を強制させられます。

しかし、帰国受験では現地で毎日使用する言葉をより詳しく理解するだけで
驚くような結果が待っているのです。

これほど楽な受験は無いと言っても過言ではありません。

 

正しいSAT対策をすれば、必ず得点は上がります。

しかし、この得点の伸びは一様ではありません。

特に対策を開始して数カ月は、著しい進歩は見えないのが普通です。

実はそれが問題で、誤った学習法を取っていても、この期間はそれが有効かどうかが判断できません。

誤った学習法の場合は、それ以後も点数が伸びず、結局は時間がムダになってしまい、
受験失敗に結び付くことになってしまいます。

ですから、最初から正しい学習法を提供できるTOYOオンラインの対策クラス
などを利用することをお勧めします。

 

TOYOオンラインのライブ授業は2時間です。

その中で、単語、読解、文法などを学習します。

単に読解といっても単語力がなければ満足な読解はできません。

同様に、よじれた読解文を解きほぐすことができる文法力がなければ
正確な理解はできません。

それゆえに、TOYOオンラインのライブ授業では、受講者のレベルに応じ、
適切な教材選択と指導で、徐々に受講生の読解力を向上させていくことが
出来る様になっています。

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週の授業に無料体験参加が可能ですから、
ご希望の方はこちらからお申込みください。

 

<ONLINE受講者へのお知らせ>

予約ができる次のSATは3月13日開催のものです。

予約の締切は2月12日です。

12月5日のSATからは少し期間が開きます。

この3カ月の期間を最大に利用して、自分の実力を上げるように準備していきましょう。

 

1993年より毎年難関大学に帰国受験生を送り込んでいるTOYOの通信授業は、
世界中どこからでも受講可能です。

初心者からアドバンスの人まで、実力アップに必要な科目が選択可能です。

無料体験授業もありますが、不必要な押し付けセールスのようなものは一切ありません。

もちろん、受講停止も連絡するだけですぐにできますから、安心してください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です