新年おめでとうございます

2020年は本当に大変な年でした。

春先からコロナ騒ぎでSATがキャンセルになり、2020年の受験生は
大学出願に大きな支障が起こりました。

もちろん、2021年に出願する受験生にとっても、SATが受けられなくなったことで、
難関大進学の予定が大きく狂う事態が発生しました。

 

一応、現在の情況では一部を除きSATも受けられるようになっており、
今年夏に出願する受験生は遅ればせながらなんとか準備が出来るようです。

しかし、やはり昨年の情況下での出遅れが影響を及ぼしているケースも見られ、
安心はできません。

とにかく、ここから夏の出願までの期間で最善を尽くす覚悟が必要です。

 

TOYOオンラインでお勧めしている目標校は慶応大学です。

もちろん、慶応大は日本の私大の中ではトップの大学です。

ここに進学すれば、将来の就職でも非常に有利になります。

 

しかし、帰国受験では一般受験と異なり、実はこの慶応大が一種の滑り止めになっているのです。

 

慶応が滑り止めなどと言うと、何を血迷っているのかという
お叱りを受けるかもしれません。

しかし、帰国受験では一般受験と異なり、合格に必要なのは
単純に受験生の英語力だけなのです。

一般受験ならその受験科目は最低でも現国や社会、英語などが必要です。

しかし、帰国受験の慶応では実質的な受験科目は英語だけと言ってよいでしょう。

 

帰国受験の英語というのは、TOEFLやSATで示す英語力ですから、
日本の一般受験の英語とは異なります。

帰国受験の英語は、国際社会で使用する実用英語で、帰国子女なら
現地滞在で不可欠な英語力です。

そして、それがそのまま慶応合格に必要な英語ですから、
慶応合格は特にハードルが高いという訳ではありません。

 

TOYOオンラインが慶応受験を中心に受験対策を組み立てているのは、
合理的な理由があります。

慶応を目指して英語力を高めていけば、もし、慶応が不合格になっても早稲田か上智、
ICUには進学ができるからです。

もちろん、GMARCHは大丈夫です。

さらに、慶応合格が勝ち取れれば、さらに東大や京大といった国立難関大が視野にも入ります。

 

つまり、慶応を目標にして対策をすれば、悪くても私大の有名大に合格でき、
さらにうまくいけば国立難関大に進むこともできるのです。

慶応の帰国受験での合否を分けるのは、TOEFLとSATで示す英語力です。

当日試験では小論文もありますが、これは要項でも参考小論文と明記されているように、
あくまでも参考で、実際の合否にはほとんど関係しません。

 

慶応大の合格を確保できる英語力は、TOEFL100点、SAT1350点以上です。

さらに、出願に使用できるのは出願2年前からのものですから何度でも受け直して、
より高い得点を取れば自動的に合格が確保できるのです。

こんなチャンスは一般受験ではあり得ません。

 

もし今あなたが10年生でSATを受けていないなら、できるだけ早い機会に申し込んで受験してください。

11年生の人は当然のことで、実際のところは死活問題です。

もし、あなたが今12年生で、まだSATを受けたことが無い場合は、
残念ながら現実は非常に厳しいと言わざるを得ません。

だとしても、現状を変えられるのはあなたしかありません。

そんな人は早急に、TOYOオンラインにご連絡ください。

 

正しいSAT対策をすれば、必ず得点は上がります。

しかし、この得点の伸びは一様ではありません。

特に対策を開始して数カ月は、著しい進歩は見えないのが普通です。

実はそれが問題で、誤った学習法を取っていても、この期間はそれが有効かどうかが判断できません。

誤った学習法の場合は、それ以後も点数が伸びず、結局は時間がムダになってしまい、
受験失敗に結び付くことになってしまいます。

ですから、最初から正しい学習法を提供できるTOYOオンラインの対策クラス
などを利用することをお勧めします。

 

TOYOオンラインのライブ授業は2時間です。

その中で、単語、読解、文法などを学習します。

単に読解といっても単語力がなければ満足な読解はできません。

同様に、よじれた読解文を解きほぐすことができる文法力がなければ
正確な理解はできません。

それゆえに、TOYOオンラインのライブ授業では、受講者のレベルに応じ、
適切な教材選択と指導で、徐々に受講生の読解力を向上させていくことが
出来る様になっています。

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週の授業に無料体験参加が可能ですから、
ご希望の方はこちらからお申込みください。

 

<ONLINE受講者へのお知らせ>

予約ができる次のSATは3月13日開催のものです。

予約の締切は2月12日です。

12月5日のSATからは少し期間が開きます。

この3カ月の期間を最大に利用して、自分の実力を上げるように準備していきましょう。

 

1993年より毎年難関大学に帰国受験生を送り込んでいるTOYOの通信授業は、
世界中どこからでも受講可能です。

初心者からアドバンスの人まで、実力アップに必要な科目が選択可能です。

無料体験授業もありますが、不必要な押し付けセールスのようなものは一切ありません。

もちろん、受講停止も連絡するだけですぐにできますから、安心してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です