SATの伸びは大局観が必要です

カリフォルニア、特に南カリフォルニアは気候が良い地域として知られています。

年中温暖な気候で、湿度も低く沿岸部ではエアコンの必要もありません。

しかし、天災が無いわけではなく、地震や特に夏の山火事が脅威です。

 

毎年のように起こる大規模な山火事の原因に、強風の際に送電線が切れて
起こるものがあります。

実は、この遠因が人為的なものであることは、あまり知られていません。

環境保護を優先することで、送電線の下部の雑草や下草を刈り取ることが規制され、
枯れた下草が発火しやすくなっているのです。

 

良かれと思って取った行動が、逆の結果となることはよく見られます。

こんな失敗を防ぐには、部分に注目するのではなく、全体像を
しっかりと把握することが必要です。

実は、これは帰国受験の対策にも当てはまるのです。

 

TOEFLでは簡単に高得点が取れたのに、SATになると
点数が伸びないという人が多くいます。

これなども、この両テストの性格を把握していないことから起こる失敗です。

どちらも英語の試験だから同じ対策で大丈夫と思うのは、大きな間違いです。

 

TOEFLはアメリカの大学に留学する外国人のための基本的な英語力試験です。

しかし、SATはアメリカ人高校生が大学に進学し、その大学でドロップアウトせずに
学業を継続するために必要な英語力があるかを試す試験です。

レベルで言うとTOEFLはアメリカの中学生レベルの英語なのに対して、
SATは大学の授業を消化するために必要な英語力を調べる試験なのです。

 

それゆえに、SATの高得点を必要とするアメリカ人高校生も必要な対策が求められます。

母語が日本語である日本人高校生なら、必然的に強力な対策が必要です。

もちろん、そのような点を大局的に捉え、必要な対策を提供しているのが
TOYOオンラインのライブ授業です。

 

高度な英語力を構築するには、局部の対策だけでなく、全体を把握した
学習内容が欠かせません。

語学力は総合力ですから、個人に必要な弱点補強だけではなく、さらにその先の
力の伸びを見据えた計画的な対策が重要です。

TOYOオンラインは長年の帰国子女の指導を通して、最も効果的な対策を確立しています。

 

SATのリーディングはクリティカルリーディングという別名がついています。

このクリティカルに文を読み取り、処理をするというのは論理性の増強が必要です。

さらに、この論理性というのは、何が正しく何が誤りかを、数学の問題を解くように処理する
科学的な問題処理の力です。

日本語環境は、言語使用の正しさということは余り問題にはなりませんが、
英語力増強には非常に重要なのです。

 

SATのような高度な英語力試験で高得点を取れる英語力を構築するには、
段階的な進歩が重要です。

英語力を上げる正しい対策法は、まず、基本をしっかりと充実することから始まります。

基本事項は当たり前すぎて、つい軽視してしましますが実際に高度な英語力を構築するためには、
基礎の土台をできるだけ堅固に突き固めないと将来の伸びが失われてしまいます。

 

もし、今あなたが10年生で、この秋から11年生になるのなら、
すぐにTOYOオンラインのライブ授業に参加してください。

残り時間のことを考えると実は9年生の人の本格的な学習の開始が必要です。

強力な英語力の構築には最低2年間の有効な対策が必要ですから、
充分な余裕を持って対策を開始してください。

 

帰国受験では、受験の2年前からの統一テスト結果を出願に使用可能です。

ですから、早い時期に高得点が出て困ることは何もありません。

逆に、対策開始が遅れて、高得点が出る前に受験突入となれば、
それは最悪の受験準備と言わなければならないでしょう。

 

正しいSAT対策をすれば、必ず得点は上がります。

しかし、この得点の伸びは一様ではありません。

特に対策を開始して数カ月は、著しい進歩は見えないのが普通です。

実はそれが問題で、誤った学習法を取っていても、この期間はそれが有効かどうかが判断できません。

誤った学習法の場合は、それ以後も点数が伸びず、結局は時間がムダになってしまい、
受験失敗に結び付くことになってしまいます。

ですから、最初から正しい学習法を提供できるTOYOオンラインの対策クラス
などを利用することをお勧めします。

 

TOYOオンラインのライブ授業は2時間です。

その中で、単語、読解、文法などを学習します。

単に読解といっても単語力がなければ満足な読解はできません。

同様に、よじれた読解文を解きほぐすことができる文法力がなければ
正確な理解はできません。

それゆえに、TOYOオンラインのライブ授業では、受講者のレベルに応じ、
適切な教材選択と指導で、徐々に受講生の読解力を向上させていくことが
出来る様になっています。

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週の授業に無料体験参加が可能ですから、
ご希望の方はこちらからお申込みください。

 

<ONLINE受講者へのお知らせ>

5月のSATと6月のSATは中止となりました。

次のSATは9月26日です。

また、9月のSAT会場も非常に少なくなっているので、初期に申し込んでいた会場で
試験が中止になった場合、早い機会に会場変更を申し込んでください。

 

1993年より毎年難関大学に帰国受験生を送り込んでいるTOYOの通信授業は、
世界中どこからでも受講可能です。

初心者からアドバンスの人まで、実力アップに必要な科目が選択可能です。

無料体験授業もありますが、不必要な押し付けセールスのようなものは一切ありません。

もちろん、受講停止も連絡するだけですぐにできますから、安心してください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です