SAT対策は深慮遠謀が不可欠

最近のアメリカの中国領事館の閉鎖に対し、中国内にあるアメリカ領事館がその対抗として
閉鎖されたことで、戦争が始まる前兆ではないかと言われています。

この状況は、以前、北朝鮮に対しアメリカ軍が攻撃をするのではないかと言われたのと似ています。

しかし、アメリカは北朝鮮を攻撃せず、逆にアメリカ大統領と北朝鮮のトップである
書記長が会談をし、現在に至っています。

 

昨年の6月にイランがアメリカ軍のドローンを撃墜した際も、世界中はアメリカ軍が
イランに攻撃を開始すると思いました。

この際も、アメリカ軍は対イランと全面戦争に入ることをしませんでした。

これらの決断は、すべてアメリカのトランプ大統領の指示によるものです。

今回の領事館閉鎖に関しても同様で、これはアメリカが中国と全面対決することを
意味しているのではありません。

 

トランプ大統領は、報道によると衝動的で無思慮な人物であるとされています。

ところが、多くの事例を見ると、その逆にその判断の裏に深慮遠謀が隠れ見えます。

今年初めにイラン革命軍のソレイマニ将軍が米軍により殺害された際も、これでイランを中心とする
テロが多発すると言われましたが、その逆にイラン軍の挑発は格段に減っています。

 

問題の核心を突き止め、勇気を持って対処することが、自分の学力を上げるための最短距離です。

そのためには、自分の抱える問題点を明確につきとめ、正しい対処法を策定することが必要です。

海千山千のビジネス界を生き抜いてきた人と異なり帰国子女にとって高度な英語対策は初めての経験です。

それに必要なのは、的確なアドバイスと指導をすることができる、経験豊かなTOYOオンラインです。

 

高度な英語力を獲得することは、1週間や2週間の短期間では可能になりません。

数年という長い時間が必要なのですが、その対策の過程とゴールを見据えた正しい対策が必要です。

TOYOオンラインは約30年間の帰国受験指導で、あらゆるタイプの受験生を指導してきました。

そして、その結論がTOYOオンラインのライブ授業です。

 

TOYOオンラインのライブ授業は、世界中のどこからでも参加可能です。

高度な英語力をつけるには、現在の自分の弱点を補強する必要があります。

しかし、その自分の弱点は自分では見えません。

もし、自分で自分の弱点を明確に知っていれば、それはとうの昔に自分で改善ができているはずです。

 

ですから、弱点補強は他者の第三者的な判断とそれに対する有効な指導が必要になります。

もし、あなたが自分の力を向上したいと思うなら、是非、TOYOオンラインのライブ授業に
体験参加してみてください。

そして、自分の短期的な判断ではなく、長期的な観点から弱点矯正の授業で実力を改善していってください。

 

SATの点数が伸びない原因は簡単な理由があります。

それは正しい英語使用の知識が欠落しているからです。

一般的には英語は、一種類だというように捉えられていますが、実はそうではありません。

一般市民が使う日常英語と、大学や大学院卒業生が専門機関に入り使う英語とには、
違いがあることを知ってください。

 

実は高度な英語使用は難しいものではなく、非常に規則的です。

もちろん、単語などは相応の難度の高い単語を覚える必要があります。

しかし、その運用基準は日本の一般受験の英文法よりも、ずっと簡単なのです。

実用英語でその高度な運用に関するルールである文法は、日本で考えるような複雑なものではありません。

 

TOYOオンラインの授業は、本当に必要な英語力を構築するためのツールです。

しかし、この高度な英語力の構築には時間がかかります。通常は数年という期間が必要となります。

SATの本質を知る良い機会が、8月4日から始まるTOYOオンラインの夏期集中講座です。

詳細はwww.toyo-online.com で参照してください。

 

もし、今あなたが10年生で、この秋から11年生になるのなら、
すぐにTOYOオンラインのライブ授業に参加してください。

残り時間のことを考えると実は9年生の人の本格的な学習の開始が必要です。

強力な英語力の構築には最低2年間の有効な対策が必要ですから、
充分な余裕を持って対策を開始してください。

 

帰国受験では、受験の2年前からの統一テスト結果を出願に使用可能です。

ですから、早い時期に高得点が出て困ることは何もありません。

逆に、対策開始が遅れて、高得点が出る前に受験突入となれば、
それは最悪の受験準備と言わなければならないでしょう。

 

正しいSAT対策をすれば、必ず得点は上がります。

しかし、この得点の伸びは一様ではありません。

特に対策を開始して数カ月は、著しい進歩は見えないのが普通です。

実はそれが問題で、誤った学習法を取っていても、この期間はそれが有効かどうかが判断できません。

誤った学習法の場合は、それ以後も点数が伸びず、結局は時間がムダになってしまい、
受験失敗に結び付くことになってしまいます。

ですから、最初から正しい学習法を提供できるTOYOオンラインの対策クラス
などを利用することをお勧めします。

 

TOYOオンラインのライブ授業は2時間です。

その中で、単語、読解、文法などを学習します。

単に読解といっても単語力がなければ満足な読解はできません。

同様に、よじれた読解文を解きほぐすことができる文法力がなければ
正確な理解はできません。

それゆえに、TOYOオンラインのライブ授業では、受講者のレベルに応じ、
適切な教材選択と指導で、徐々に受講生の読解力を向上させていくことが
出来る様になっています。

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週の授業に無料体験参加が可能ですから、
ご希望の方はこちらからお申込みください。

 

<ONLINE受講者へのお知らせ>

5月のSATと6月のSATは中止となりました。

次のSATは8月29日です。

さらに今年は9月にも臨時でSATが開催される予定です。

来年以降受験を控えている人で、SAT未受験者はできるだけ早い機会にSATを申し込んで受験をしましょう。

 

1993年より毎年難関大学に帰国受験生を送り込んでいるTOYOの通信授業は、
世界中どこからでも受講可能です。

初心者からアドバンスの人まで、実力アップに必要な科目が選択可能です。

無料体験授業もありますが、不必要な押し付けセールスのようなものは一切ありません。

もちろん、受講停止も連絡するだけですぐにできますから、安心してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です