SATの落とし穴は思わぬところに潜んでいる

先日、アメリカのテキサス州ヒューストン市にある中国領事館が、突然閉鎖されたニュースが世界を驚かせました。

この領事館が広範囲なスパイ活動をしていたというのが理由です。

しかし、もう一つ、現在米国内の一部の都市で起こっている暴動の資金源が
この領事館から出ていることが報道されています。

 

米国北西部のシアトルやオレゴン州ポートランド市、東部ニューヨークなどで自発的に発生したと思われる
抗議活動と暴動の根源が遠く離れたテキサス州というのは非常に意外です。

一見、無関係に見える部分が、病原になっているようなことは多くの人が知っています。

例えば歯痛の原因が、口ではなく肩こりだというようなことは、日常的に起こっています。

 

これは対処療法ではなく、問題の根源を突き止め、解決することが多くの場合、
その症状の完治につながるということです。

これは英語力の向上に対しても、まったく同じです。

英語力が無い、読解力をつけたいなどと考える際、最初に行わねばならないのは、
その問題点の根源を突き止めることです。

 

自分の読解力を上げたいから沢山の長文問題を解くというのは、対処療法ですから、
それでは問題は解決しません。

それよりも、なぜ読解が苦手なのか、何が自分に不足しているかを考え、
それによって個々の基本部分を強化することが重要なのです。

ほとんどの場合、それは単語力の不足と必要な文の分析力の不足ですから、
そのような部分を集中的に改善しなければ、思うように読解力を上げることはできません。

 

要するに、むやみやたらな対策は、英語力上昇の効果が無いだけでなく
時間と労力の浪費に終わるのです。

正しい対策は、一見遠回りに見えても、本当に必要な部分を強化するようなものでなくてはなりません。

それを可能にしているのが、TOYOオンラインのライブ授業です。

 

TOYOオンラインは約30年にわたる経験と実績によって、本当の英語力アップ対策の
詳細を把握しています。

ただ、SAT対策としてはSAT MATHの対策も必要ですが、ライブ授業では
MATHの指導は行っていませんでした。

MATH指導は通常は通塾授業だけに限定されていましたが、8月4日からの夏期集中授業では、
ライブ授業でもMATHのクラスが受講可能になりました。

 

自分は数学が苦手だ、自分には向いていないと言う人のほとんどは、小中学校などで習う
基本事項がおろそかになっています。

数学は知識の継続的な積み重ねが必要な科目ですから、途中で穴が開いていると、
後の苦手意識につながります。

もちろん、個々の受講生の問題点にはばらつきがありますから、それを見つけ矯正する作業は
短期間では出来ません。

しかし、その良い着手点になるのが、TOYOオンラインの夏期集中講座です。

 

TOYOオンラインの授業は、本当に必要な英語力を構築するためのツールです。

しかし、この高度な英語力の構築には時間がかかります。通常は数年という期間が必要となります。

SATの本質を知る良い機会が、8月4日から始まるTOYOオンラインの夏期集中講座です。

詳細はwww.toyo-online.com で参照してください。

 

もし、今あなたが10年生で、この秋から11年生になるのなら、
すぐにTOYOオンラインのライブ授業に参加してください。

残り時間のことを考えると実は9年生の人の本格的な学習の開始が必要です。

強力な英語力の構築には最低2年間の有効な対策が必要ですから、
充分な余裕を持って対策を開始してください。

 

帰国受験では、受験の2年前からの統一テスト結果を出願に使用可能です。

ですから、早い時期に高得点が出て困ることは何もありません。

逆に、対策開始が遅れて、高得点が出る前に受験突入となれば、
それは最悪の受験準備と言わなければならないでしょう。

 

正しいSAT対策をすれば、必ず得点は上がります。

しかし、この得点の伸びは一様ではありません。

特に対策を開始して数カ月は、著しい進歩は見えないのが普通です。

実はそれが問題で、誤った学習法を取っていても、この期間はそれが有効かどうかが判断できません。

誤った学習法の場合は、それ以後も点数が伸びず、結局は時間がムダになってしまい、
受験失敗に結び付くことになってしまいます。

ですから、最初から正しい学習法を提供できるTOYOオンラインの対策クラス
などを利用することをお勧めします。

 

TOYOオンラインのライブ授業は2時間です。

その中で、単語、読解、文法などを学習します。

単に読解といっても単語力がなければ満足な読解はできません。

同様に、よじれた読解文を解きほぐすことができる文法力がなければ
正確な理解はできません。

それゆえに、TOYOオンラインのライブ授業では、受講者のレベルに応じ、
適切な教材選択と指導で、徐々に受講生の読解力を向上させていくことが
出来る様になっています。

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週の授業に無料体験参加が可能ですから、
ご希望の方はこちらからお申込みください。

 

<ONLINE受講者へのお知らせ>

5月のSATと6月のSATは中止となりました。

次のSATは8月29日です。

さらに今年は9月にも臨時でSATが開催される予定です。

来年以降受験を控えている人で、SAT未受験者はできるだけ早い機会にSATを申し込んで受験をしましょう。

 

1993年より毎年難関大学に帰国受験生を送り込んでいるTOYOの通信授業は、
世界中どこからでも受講可能です。

初心者からアドバンスの人まで、実力アップに必要な科目が選択可能です。

無料体験授業もありますが、不必要な押し付けセールスのようなものは一切ありません。

もちろん、受講停止も連絡するだけですぐにできますから、安心してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です