SATは文の三段構造

オリンピックの陸上競技に三段跳びという種目があります。

助走からホップ、ステップ、ジャンプで、どれだけ遠くまで跳躍できるかを競うスポーツです。

この3段階の跳躍は、それぞれ異なった飛び方と目的があります。

 

最初の二歩のホップとステップは同じ側の脚を使い、最後のジャンプは
もう一つの側の脚を使うの跳躍ルールです。

これはちょうど論理的な英文の構造と同じです。

文章の場合は、ホップ、ステップ、ジャンプではなく、序、本、結です。

 

序の役割は、つかみです。

つかみというのは、読者が興味を持つように、そして、最後まで読む気を起こさせるために、
これから論述する概要を簡潔に提示します。

しかし、簡潔であれば分かりにくいこともあります。

そのため、本論ではその要点を例などを使い、読者に説明する役割を果たします。

ですから、本論は序論の延長と言ってもよいでしょう。

 

もちろん三段跳びで重要なのは、最後のジャンプです。文章提示でも、最後の結論が、
その論述のきもですから、著者は最も注意して文章を提示します。

仮にその論が反論のためのものなら、序と結論は異なった内容になります。

ですから、最後の結論部分を読み違えると、的外れな読解になってしまいます。

 

しかし、短い読解文では、必ずしも段落分けがされていません。

全体としては、最後にある文章部分が結論と分かりますが、途中の文でも、
その中身が序と本論に分かれているのが普通です。

この際は、自分で意識して、どこが序と本論で、どこが結論部かを見分けることが必要になります。

 

全体的な文章構造で、SATの長文のようにいくつも段落があるような場合、
各段落ごとに序本結を識別してください。

また、一つの段落が3文で構成されているような短い段落の場合は、
各文が序本結の役割を担っているのが普通です。

段落が多くある長文の場合は、さらに各段落のまとまりが全体として序本結に構成されています。

 

序本結の文章構造を理解することは、読解力を高めるために非常に重要です。

各部分の性質や意味を把握し、そのような意識を持って文章を理解することで、
文章把握が簡単に出来るようになります。もちろん、これは文章速読の第一歩です。

 

三段跳びの各ステップには、その役割があるように、文章読解も序本結の部分の役割を理解し、
異なる読み方をすることが必要です。

もちろんそのような読解法は個人では習得が困難です。

スポーツもコーチのアドバイスが必要なように、読解でも読解練習のアドバイスが必要です。

もちろん、それがTOYOオンラインのライブ授業の役割です。

 

TOYOオンラインの授業は、本当に必要な英語力を構築するためのツールです。

しかし、この高度な英語力の構築には時間がかかります。通常は数年という期間が必要となります。

 

もし、今あなたが10年生で、この秋から11年生になるのなら、
すぐにTOYOオンラインのライブ授業に参加してください。

残り時間のことを考えると実は9年生の人の本格的な学習の開始が必要です。

強力な英語力の構築には最低2年間の有効な対策が必要ですから、
充分な余裕を持って対策を開始してください。

 

帰国受験では、受験の2年前からの統一テスト結果を出願に使用可能です。

ですから、早い時期に高得点が出て困ることは何もありません。

逆に、対策開始が遅れて、高得点が出る前に受験突入となれば、
それは最悪の受験準備と言わなければならないでしょう。

 

正しいSAT対策をすれば、必ず得点は上がります。

しかし、この得点の伸びは一様ではありません。

特に対策を開始して数カ月は、著しい進歩は見えないのが普通です。

実はそれが問題で、誤った学習法を取っていても、この期間はそれが有効かどうかが判断できません。

誤った学習法の場合は、それ以後も点数が伸びず、結局は時間がムダになってしまい、
受験失敗に結び付くことになってしまいます。

ですから、最初から正しい学習法を提供できるTOYOオンラインの対策クラス
などを利用することをお勧めします。

 

TOYOオンラインのライブ授業は2時間です。

その中で、単語、読解、文法などを学習します。

単に読解といっても単語力がなければ満足な読解はできません。

同様に、よじれた読解文を解きほぐすことができる文法力がなければ
正確な理解はできません。

それゆえに、TOYOオンラインのライブ授業では、受講者のレベルに応じ、
適切な教材選択と指導で、徐々に受講生の読解力を向上させていくことが
出来る様になっています。

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週の授業に無料体験参加が可能ですから、
ご希望の方はこちらからお申込みください。

 

<ONLINE受講者へのお知らせ>

5月のSATと6月のSATは中止となりました。

次のSATは8月29日です。

さらに今年は9月にも臨時でSATが開催される予定です。

来年以降受験を控えている人で、SAT未受験者はできるだけ早い機会にSATを申し込んで受験をしましょう。

 

1993年より毎年難関大学に帰国受験生を送り込んでいるTOYOの通信授業は、
世界中どこからでも受講可能です。

初心者からアドバンスの人まで、実力アップに必要な科目が選択可能です。

無料体験授業もありますが、不必要な押し付けセールスのようなものは一切ありません。

もちろん、受講停止も連絡するだけですぐにできますから、安心してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です