英語力をつけて世界を広げよう

新型コロナウィルスの蔓延で、今年の東京での一時帰国SAT講座は中止となりました。

毎年、TOYOオンラインでは7月初頭に東京の代々木にある代ゼミ国際教育センターで、
一時帰国をする帰国子女を対象にSAT講座を開講しています。

しかし、現在の状況では7月に入っても新型コロナの感染が止まらないことが予想され、
海外のいろいろな地域から帰国する場合のリスクを考え中止という決定をすることとなりました。

 

ただ、毎週のTOYOオンラインの授業はオンラインでいつでも受講できますので、
まだ本格的な統一試験対策を開始していない人は、是非ご参加ください。

オンラインの授業はアメリカ時間の金、土、日の週末に開講しています。

日本などからでは、時差の関係で日本時間の土曜日、日曜日の授業に参加することが可能です。

 

SATで高得点を取るための英語力構築は、現地校の勉強だけでは可能にはなりません。

単語一つを取っても、現地校で見かけるものより難度の高い単語を覚えていく必要があります。

中にはそんな単語を知らなくても日常生活に困らないと誤解している人もいます。

しかし、実際には現在のウィルス関連情報を正確に捉えるためにも、
そのような高度な単語の柔軟な理解が必要であることを認識してください。

 

高度な英語力が構築できると、学校と家庭に限定されたような閉鎖的な空間を越えた世界が広がります。

ありがたいことに、英語が理解できると世界中の情報が簡単に手に入るようになります。

正しい情報を自分の力で獲得することで、明確な視野が広がるようになるのです。

 

日本のテレビのニュースをインターネットで視聴している人もいると思います。

しかし、日本のテレビ情報は、不正確なものが非常に多いのが問題です。

また、そのような情報は海外に滞在している者にとっては、まったく参考にはなりません。

 

たとえば、アメリカのコロナウィルス感染状況などの報道を見ると、
全国が悲惨な状況になっているような報道ぶりです。

しかし、アメリカは地域的にも広大で、ニューヨークのような地域は非常に特殊な地域です。

日本の報道では、そのような特殊な地域の状態が全国に広がっているかのような印象を受けますが、
実態は大きく異なります。

 

英語での情報が入手できるようになると、アメリカはもとより、ヨーロッパや
オーストラリアなどの状態も分かるようになります。

そのようなあふれる情報の中から正しい情報を選択することで、今なにをすべきかが、
正確に判断することができるようになるのです。

 

TOYOオンラインの授業は、本当に必要な英語力を構築するためのツールです。

しかし、この高度な英語力の構築には時間がかかります。通常は数年という期間が必要となります。

 

もし、今あなたが10年生で、この秋から11年生になるのなら、
すぐにTOYOオンラインのライブ授業に参加してください。

残り時間のことを考えると実は9年生の人の本格的な学習の開始が必要です。

強力な英語力の構築には最低2年間の有効な対策が必要ですから、
充分な余裕を持って対策を開始してください。

 

帰国受験では、受験の2年前からの統一テスト結果を出願に使用可能です。

ですから、早い時期に高得点が出て困ることは何もありません。

逆に、対策開始が遅れて、高得点が出る前に受験突入となれば、
それは最悪の受験準備と言わなければならないでしょう。

 

正しいSAT対策をすれば、必ず得点は上がります。

しかし、この得点の伸びは一様ではありません。

特に対策を開始して数カ月は、著しい進歩は見えないのが普通です。

実はそれが問題で、誤った学習法を取っていても、この期間はそれが有効かどうかが判断できません。

誤った学習法の場合は、それ以後も点数が伸びず、結局は時間がムダになってしまい、
受験失敗に結び付くことになってしまいます。

ですから、最初から正しい学習法を提供できるTOYOオンラインの対策クラス
などを利用することをお勧めします。

 

TOYOオンラインのライブ授業は2時間です。

その中で、単語、読解、文法などを学習します。

単に読解といっても単語力がなければ満足な読解はできません。

同様に、よじれた読解文を解きほぐすことができる文法力がなければ
正確な理解はできません。

それゆえに、TOYOオンラインのライブ授業では、受講者のレベルに応じ、
適切な教材選択と指導で、徐々に受講生の読解力を向上させていくことが
出来る様になっています。

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週の授業に無料体験参加が可能ですから、
ご希望の方はこちらからお申込みください。

 

<ONLINE受講者へのお知らせ>

3月28日に予定されていた3月のSATのメークアップテストと
5月のSATは中止となりました。

次のSATは6月6日で、申し込み締め切りは5月8日です。

来年以降受験を控えている人で、SAT未受験者はこのSATを申し込んで受験をしましょう。

アメリカ以外の滞在者は6月のSATはサブジェクトテストしか受験できません。

 

1993年より毎年難関大学に帰国受験生を送り込んでいるTOYOの通信授業は、
世界中どこからでも受講可能です。

初心者からアドバンスの人まで、実力アップに必要な科目が選択可能です。

無料体験授業もありますが、不必要な押し付けセールスのようなものは一切ありません。

もちろん、受講停止も連絡するだけですぐにできますから、安心してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です