読解感度を上げてSAT高得点を

今年の秋からの受験を予定している受験生にとって、出願に使用できる
TOEFLやSATの最終受験が近づいています。

なんとかして、ここで得点をアップをしたいという人が多いと思います。

それに必要なのが、読解での高得点です。

 

もちろん、多くの受験生はこれまで英語の基本を学んできたと思います。

必要な単語を覚えたり、文法事項を学習してきていると思います。

それでも、どうも読解で高得点が取れないという悩みを抱えている人もいるでしょう。

その原因のほとんどは、文章中にある重要部に気づかないことから起こっています。

 

読解問題は、あくまで問題ですから、その中に重要な部分を含んでいます。

そのような重要部から設問が多く出ます。

要するにそのような重要部が重要であるという認識がなければ、設問の真意が汲み取れず、
誤った答えを選んでしまうことになります。

ですので、まず、このような文中の重要部に敏感に気づく感受性を高めてください。

 

文中の重要部がそれとわかるには、その部分が発している兆候を感じることです。

多くの場合、通常とは異なる単語の用法をしていたり、変形文があるような部分です。

そのような変化に敏感に対応することで、重要な部分の読み取りが可能になります。

 

もちろん、重要部に気づくだけではなく、その部分の文意を正確に解釈することが必要です。

なぜ著者がそのような表現をしているかを考えることが必要です。

それには、読解速度を気にせず、一旦立ち止まって、自分なりに要点を整理し、
真意を汲み取る努力が必要です。

 

つまり、高度な読解を達成するには、読解速度も一様ではなく、緩急をコントロールする
読解技術が大切です。

もちろん、そのような読解技術は簡単には身につかないのですが、それを意識して
練習をしているのが、TOYOオンラインのライブ授業です。

TOYOオンラインの読解練習では、何よりも文意を正しく理解する練習を最優先しています。

 

実は高度な読解技術を身につけるには、かなりの練習期間が必要になります。

もちろん、それには単語力と文法力を増強する必要があるからです。

強力な単語力を構築するだけでも1年以上の期間が必要になります。

ですから、読解で高得点を取れるためには、10年生の間に本格練習をスタートしなければ、
自分の可能性を最大化できません。

 

読解内容に対して鈍感であれば、文意は正しく汲み取れません。

文を正確に敏感に読み取れるようになるのは練習次第です。

いつまでもぼうっと文を見つめているだけでは文意は汲み取れません。

正しい単語理解、文法力の構築、読解技術の基本の習得など、やるべき基礎練習は山ほどあります。

それをコツコツとこなしていくことで強力な読解力を構築することが可能です。

もちろん、それを可能にあいているのがTOYOオンラインのライブ授業です。

 

SATはTOEFLと異なり、簡単には高得点が取れません。

SATの英語は英検1級を取るよりも難しいということを認識して、
充分な準備期間を設定してください。

6月29日よりTOYOオンラインでは、東京代々木の代ゼミ国際センターで
一時帰国SAT対策講座を開講します。

この講座では、SATの概略と正しい学習法をお教えします。

参加希望者はhttps://www.yozemikikoku.com/pdf/SAT_2020.pdfを参照し
予約申し込みをしてください。

 

帰国受験では、受験の2年前からの統一テスト結果を出願に使用可能です。

ですから、早い時期に高得点が出て困ることは何もありません。

逆に、対策開始が遅れて、高得点が出る前に受験突入となれば、
それは最悪の受験準備と言わなければならないでしょう。

 

正しいSAT対策をすれば、必ず得点は上がります。

しかし、この得点の伸びは一様ではありません。

特に対策を開始して数カ月は、著しい進歩は見えないのが普通です。

実はそれが問題で、誤った学習法を取っていても、この期間はそれが有効かどうかが判断できません。

誤った学習法の場合は、それ以後も点数が伸びず、結局は時間がムダになってしまい、
受験失敗に結び付くことになってしまいます。

ですから、最初から正しい学習法を提供できるTOYOオンラインの対策クラス
などを利用することをお勧めします。

 

TOYOオンラインのライブ授業は2時間です。

その中で、単語、読解、文法などを学習します。

単に読解といっても単語力がなければ満足な読解はできません。

同様に、よじれた読解文を解きほぐすことができる文法力がなければ
正確な理解はできません。

それゆえに、TOYOオンラインのライブ授業では、受講者のレベルに応じ、
適切な教材選択と指導で、徐々に受講生の読解力を向上させていくことが
出来る様になっています。

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週の授業に無料体験参加が可能ですから、
ご希望の方はこちらからお申込みください。

 

<ONLINE受講者へのお知らせ>

次のSATは5月2日で、申し込み締め切りは4月3日です。

来年以降受験を控えている人で、SAT未受験者はこのSATを申し込んで受験をしましょう。

アメリカ以外の滞在者は6月のSATはサブジェクトテストしか受験できませんから、
必ず5月のSATを受けるようにしてください。

 

1993年より毎年難関大学に帰国受験生を送り込んでいるTOYOの通信授業は、
世界中どこからでも受講可能です。

初心者からアドバンスの人まで、実力アップに必要な科目が選択可能です。

無料体験授業もありますが、不必要な押し付けセールスのようなものは一切ありません。

もちろん、受講停止も連絡するだけですぐにできますから、安心してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です