SAT読解には文化理解も必要

アメリカやヨーロッパで良く食べられるものにコーンビーフと
キャベツのスープがあります。

日本では、このスープはほとんど見られませんが、缶詰のコーンビーフは
コンビニでも売られています。

おにぎりにも使うスパムと同様な大きさの缶詰です。

 

私が初めてコーンビーフのスープをごちそうになったのは、友人の家です。

最初コーンビーフのスープを作ったと聞いて、あんな缶詰の肉を
どういう風にしてスープにするんだろうと奇異に思いました。

ところが実物を見ると、大きな肉の塊が
荒切りにしたキャベツの中にありました。

 

コーンドビーフというのは、塩漬けにした牛の胸肉のことです。

コーンドというのが大きな塩の粒で塩漬けするという意味です。

ですから、私が日本に居るときにコーンビーフと思っていたのは
単に缶詰化された商品で、本当のコーンビーフではなかったのです。

 

このように、思い違いというのはいろいろな所で起こります。

英文読解もこれと同様で、自分では分かっていると思うことも、
実は思い違いをしていることが多いのです。

日本語が日本文化を背景にしているように、英語は英語文化を
背景にしています。

ですから、正しい英文読解を実現するには英語文化の基礎を
理解することも必要なのです。

 

英単語一つをとっても、その来歴があります。

それを教えてくれるのが語源辞典です。

日本の辞書に載っている単語の意味は、すでに日本化されているので、
その成り立ちから来る用法が分かりません。

そんなとき、語源辞典を見ると英単語の歴史が分かり
用法が明確になります。

 

英語を学ぶのは手間がかかります。

日本の英語学習教材の宣伝では、努力せずにすぐ英語が
出来るようになりますというようなものがあります。

これは、とんでもない誤りで、そんなインスタントに
高度な英語力はつきません。

単語覚え一つをとっても、SATで高得点を取れるレベルの
英語力構築には1年、2年という期間が必要になります。

 

単語覚えが難しいのは、単純に辞書に載っている単語の
意味を覚えただけでは使えないからです。

典型的な辞書に載っている単語の意味は、
複数の意味を掲載しています。

その中で、その読解文中でふさわしいような意味を取り出すのですが、
このような異なる意味をすべて覚えるのは至難の業です。

 

このようなときに語源辞典を参考にしてください。

そうすると、日本の辞書に載っている複数の意味が、実は一つの
語源から派生していることが分かります。

単語覚えは大変ですが、少なく覚えて、多用に使うという単語覚えを
実現するには、ちょっとした努力によって可能になるのです。

 

正しいSAT対策をすれば、必ず得点は上がります。

しかし、この得点の伸びは一様ではありません。

特に対策を開始して数カ月は、著しい進歩は見えないのが普通です。

実はそれが問題で、誤った学習法を取っていても、この期間はそれが有効かどうかが判断できません。

誤った学習法の場合は、それ以後も点数が伸びず、結局は時間がムダになってしまい、
受験失敗に結び付くことになってしまいます。

ですから、最初から正しい学習法を提供できるTOYOオンラインの対策クラス
などを利用することをお勧めします。

 

TOYOオンラインのライブ授業は2時間です。

その中で、単語、読解、文法などを学習します。

単に読解といっても単語力がなければ満足な読解はできません。

同様に、よじれた読解文を解きほぐすことができる文法力がなければ
正確な理解はできません。

それゆえに、TOYOオンラインのライブ授業では、受講者のレベルに応じ、
適切な教材選択と指導で、徐々に受講生の読解力を向上させていくことが
出来る様になっています。

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週の授業に無料体験参加が可能ですから、
ご希望の方はこちらからお申込みください。

 

<ONLINE受講者へのお知らせ>

12月7日の次のSATは3月14日で、申し込み締め切りは2月14日です。
アメリカ以外では締め切りは1月29日です。

来年受験者で、まだサブジェクトテストを受けていない人は、
受験を済ませるようにしておきましょう。

1回で3科目を受けられるので、MATH2を含む他2科目を受けましょう。
MATH1と日本語は受けないでください。

 

1993年より毎年難関大学に帰国受験生を送り込んでいるTOYOの通信授業は、
世界中どこからでも受講可能です。

初心者からアドバンスの人まで、実力アップに必要な科目が選択可能です。

無料体験授業もありますが、不必要な押し付けセールスのようなものは一切ありません。

もちろん、受講停止も連絡するだけですぐにできますから、安心してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です