SAT学習は謙虚さが大事

オレオレ詐欺にあう高齢者は、自分だけは他の人と違い、だまされないと信じているようです。

そんな人ほど、実際は単純な詐欺の手法に引っかかるということです。

自分の弱点を直視しない人ほど、事実を客観的に見ることはできないようです。

 

自我が強い人は、自分は大丈夫で自分には問題がないと考えがちです。

これは大なり小なり、だれにでもそのような傾向があります。

しかし、新しいことを学びとろうという際には、このような傾向は好ましくないのです。

 

自分には問題がないと考えるのは、自分はこのままで完璧だから、
それ以上の改変は不必要であると判断することです。

もし、スポーツのコーチが選手にフォームの変更を指示したとき、
選手がそれは不必要と判断すればどうでしょう。

多分、その選手はそれ以上の実力を高めることができず、
選手生命を終わってしまうでしょう。

 

それと同様なことが、英語力の増強のステップでも起こっています。

TOYOオンラインの授業では、英文を日本語に変換することが課せられます。

それは、英語の文章を読み取るとき、往々にして細部を抜かしてしまう
読み飛ばしが起こることを矯正するためです。

しかし、私は現地校で英語を英語で学習しているので、日本語訳をすることは
自分の意志に沿いませんと拒絶する人がいます。

 

もし、英語しか出来ない人ならば、わざわざ日本語で説明をしているTOYOオンラインには
来ず、一般的なアメリカのSAT塾などに行くはずです。

それなのに、指導で日本語への変換を求められると、それは拒絶しますというのは、
自分の現在の英語力は大丈夫だから、それを変えることなく、得点力を上げてください
というのと一緒です。

 

SATなどの英語試験で得点力が不足する原因の多くは、
英文読解の力が不足しているためです。

それを転換するには、英文読解を基本から見直す必要があるのです。

つまり、現在の自分の英語理解力が完璧ではないという認識を持つ必要があるのです。

 

短期間で、読解力を改善するには自分が考えるような対策法を
超越した方策が必要になります。

もちろん、それを可能にしているのがTOYOオンラインのライブ授業です。

長年の経験から得られた指導法は、自分の考える学習法とは
大きく異なっているかもしれません。

しかし、もし、あなたが自分の実力を改善し、飛躍的に高い得点力を獲得しようとすれば、
自我を捨ててコーチのアドバイスに耳を貸してください。

 

TOYOオンラインでは毎週の週末のライブ授業で、英語力アップのための
指導をしています。

その内容は、単語、文法、読解が基本です。

多くの間違った指導のように、長文の過去問タイプの問題は使用しません。

それよりも、より短く、自分の届く範囲にある効果的な教材を使用し、
着実に英語力を上げていきます。

 

高度な英語力をつけるには、脳が成熟した大人になってからでは手遅れです。

柔軟な脳があるときで、さらにその結果有名大に進学するという動機がある、
今が最大の好機なのです。

もちろん、それをサポートできるのがTOYOオンラインのライブ授業です。

12月20日から30日の期間で、TOYOオンラインのライブ授業の
冬期集中講座が開講です。

申し込みなどはホームページ www.toyo-online.com よりアクセス可能です。

 

 

SATは正しい勉強をすれば、点数は改善します。

しかし、帰国受験出願が迫っている高校卒業直前の春からだと、対策期間が
残されていないため、大きな得点力の改善は出来ません。

SATレベルの英語能力を改善するには、最低半年、1年という期間が必要なのです。

逆に言えば、滞在期間がごく短い人でも、正しい対策を一定期間継続すれば、
1400点以上の得点を獲得することが可能なのです。

 

正しいSAT対策をすれば、必ず得点は上がります。

しかし、この得点の伸びは一様ではありません。

特に対策を開始して数カ月は、著しい進歩は見えないのが普通です。

実はそれが問題で、誤った学習法を取っていても、この期間はそれが有効かどうかが判断できません。

誤った学習法の場合は、それ以後も点数が伸びず、結局は時間がムダになってしまい、
受験失敗に結び付くことになってしまいます。

ですから、最初から正しい学習法を提供できるTOYOオンラインの対策クラス
などを利用することをお勧めします。

 

TOYOオンラインのライブ授業は2時間です。

その中で、単語、読解、文法などを学習します。

単に読解といっても単語力がなければ満足な読解はできません。

同様に、よじれた読解文を解きほぐすことができる文法力がなければ
正確な理解はできません。

それゆえに、TOYOオンラインのライブ授業では、受講者のレベルに応じ、
適切な教材選択と指導で、徐々に受講生の読解力を向上させていくことが
出来る様になっています。

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週の授業に無料体験参加が可能ですから、
ご希望の方はこちらからお申込みください。

 

<ONLINE受講者へのお知らせ>

12月7日の次のSATは3月14日で、申し込み締め切りは2月14日です。
アメリカ以外では締め切りは1月29日です。

来年受験者で、まだサブジェクトテストを受けていない人は、
受験を済ませるようにしておきましょう。

1回で3科目を受けられるので、MATH2を含む他2科目を受けましょう。
MATH1と日本語は受けないでください。

 

1993年より毎年難関大学に帰国受験生を送り込んでいるTOYOの通信授業は、
世界中どこからでも受講可能です。

初心者からアドバンスの人まで、実力アップに必要な科目が選択可能です。

無料体験授業もありますが、不必要な押し付けセールスのようなものは一切ありません。

もちろん、受講停止も連絡するだけですぐにできますから、安心してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です