SAT読解は木を見て森を見る

木を見て森を見ずということわざがありますね。

これは個々の木ばかりに気を取られて、全体である
森を把握しないという意味です。

読解が苦手な人は、ちょうどこの逆で、森を見て木を見ず、
という状態になっています。

 

これはどういうことかと言うと、SATなどの読解問題に挑戦する際、
全体の長さとか難度ばかりに気をとられて、細かな文の詳細に
目が届かなくなっている状態です。

たとえば、実際のSATの読解問題を見ると、細かな字で
丸1ページ以上が読解部分で、さらに10数問の設問が
数ページにわたって付属しています。

このようなものが5題もあり、読解に自信が無い人は、この分量だけで、
完全にやる気をそがれてしまいます。

 

つまり、問題を見た瞬間に浮足立って、自分の本来の思考が
できない状態です。

言い換えればパニック状態におちいると言っても良いでしょう。

このような心理状態では、当然、読解文の読み取りは出来ませんし、
正解率も下がります。

 

正しいSAT対策の最重要点は、このような読解パニックを
起こさないようにする練習です。

そして、それにはどのような文章でも、しっかりと読めば理解できる
という自信を養成することです。

これを可能にしているのがTOYOオンラインのライブ授業です。

 

文を理解するといっても、ばく然と長文を読み取る練習をすることではありません。

文を理解するには、メソッドが必要なのです。

そして、そのスタートラインが文章の構造に関する知識の蓄積です。

 

日本語と異なり、英文は高度に構造的な構造を持っています。

これはオモチャのレゴを考えてもらえれば、分かりやすいと思います。

レゴは沢山の部分品を組み合わせて、一つの造形を作るオモチャです。

これと同様なのが、英語での文章構成なのです。

 

英語の文、センテンス、はさらに細かな部分品である節や句に分かれています。

この節や句をひとかたまりとして、それが相互にどのような関係に
なっているかを把握することが非常に重要です。

さらに、そのようなセンテンスが他のセンテンスとどのようにつながるかを
理解することが重要です。

 

要するに英文を確実に理解するには、個々の単語のつながった塊を1単位として、
それを総合して考えるような習慣をつけることが必要です。

つまり、強力な読解力を構築するには、まず、一つ一つの文を、さらに細分化した
かたまりにして、その意味を解釈する練習が必要なのです。

もちろん、TOYOオンラインのライブ授業では、それを日常的に練習しています。

 

誤った読解練習では過去問タイプの問題ばかりを解くような練習をします。

これでは、せっかくの個々の文を詳細に理解し、自信をつける練習はできません。

要するに、うわべばかりの練習になっていて、一本一本の木の状態を見て、
森全体の健康状態を把握するような現実的な読解力を構築できないのです。

 

TOYOオンラインでは、帰国子女の英語力を最大限に高めるための授業を展開しています。

正しいSAT対策は、あなたに必要な高度な英語力をつけることが可能にします。

高度な単語力、文法力、読解力は、あなたにとっての生涯の財産になります。

そしてそれを可能にしているのはTOYOオンラインのライブ授業しかありません。

 

正しいSAT対策をすれば、必ず得点は上がります。

しかし、この得点の伸びは一様ではありません。

特に対策を開始して数カ月は、著しい進歩は見えないのが普通です。

実はそれが問題で、誤った学習法を取っていても、この期間はそれが有効かどうかが判断できません。

誤った学習法の場合は、それ以後も点数が伸びず、結局は時間がムダになってしまい、
受験失敗に結び付くことになってしまいます。

ですから、最初から正しい学習法を提供できるTOYOオンラインの対策クラスなどを利用することをお勧めします。

 

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週週末に放送されます。

アメリカ時間の金曜、土曜、日曜です。

日本時間だと、これは土曜、日曜、月曜になります。

もちろん、日本でも視聴することが可能ですが、アメリカ時間の日曜日のクラスは日本では、月曜日の早朝、

午前2時半(夏時間が終了する11月6日以降は午前3時半)になってしまうので、ちょっと厳しいかもしれません。

 

TOYOオンラインのライブ授業は2時間です。

その中で、単語、読解、文法などを学習します。

単に読解といっても単語力がなければ満足な読解はできません。

同様に、よじれた読解文を解きほぐすことができる文法力がなければ正確な理解はできません。

それゆえに、TOYOオンラインのライブ授業では、受講者のレベルに応じ、適切な教材選択と指導で、
徐々に受講生の読解力を向上させていくことが出来る様になっています。

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週の授業に無料体験参加が可能ですから、ご希望の方はこちらからお申込みください。

 

 

 

<ONLINE受講者へのお知らせ>

次に開催されるSATは,10月5日で、申し込み締め切りは9月6日です。

来年受験者で、まだサブジェクトテストを受けていない人は、
この辺で受験を済ませるようにしておきましょう。

1回で3科目を受けられるので、MATH2を含む他2科目を受けましょう。

MATH1と日本語は受けないでください。

 

1993年より毎年難関大学に帰国受験生を送り込んでいるTOYOの通信授業は、世界中どこからでも受講可能です。

初心者からアドバンスの人まで、実力アップに必要な科目が選択可能です。

無料体験授業もありますが、不必要な押し付けセールスのようなものは一切ありません。

もちろん、受講停止も連絡するだけですぐにできますから、安心してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です