エッセイは、結、本、序

日本人は英語も日本語も同じだと考えているふしがあります。

例えば現地校の英語のクラスで、エッセイを書くことが宿題で出たとしましょう。

エッセイのテーマは、自分の好きな食べ物、というものでした。

 

日本人の場合、次のような文でエッセイが始まります。

My favorite food is a water melon.

実は、これは日本人の発想です。

 

日本人は、物事すべてに直感的な答えがあると思っています。

英語の国、イギリス人はその逆に、直感的な答えは本当の答えではないと考えています。

イギリス人にとっては、日本人の考える直感的な答えは、
論理的に証明されるまでは答えではないのです。

 

ニュートンが引力を発見したのは、彼がイギリス人だったからです。

日本人なら、落ちるという動作は、そのままを受け入れます。

しかし、イギリス人であるニュートンにとっては、答え、である落ちるという現象よりも、
そのプロセスに興味があったのです。

 

日本人は、どちらかというと、少しせっかちな人間ではないでしょうか。

ですから、作文でも答えである My favorite food is a water melon. という文を最初に書いてしまいます。

質問の答えをズバリ提示してしまい、次に何を書いてよいか分からない、
という手詰まり状態になる人が多いのです。

 

論理的に考えるなら、自分の好きな食べ物はスイカだけど、それはなぜだろうと考えます。

多分、外皮の緑色と中身の赤色の配色とか、みずみずしくて甘い、というような点が考えられます。

つまり、見た目とその味が魅力の中心だと思いつきます。

 

さらにそれは生物としての人間にとって、その時点で必要な養分をスイカが持っているから、
ということになります。

色は目に入ってくる刺激で、味は触感を通じて個人に必要な物質を取り入れるための情報です。

 

英語のエッセイは、構造的に序論、本論、結論、というような三段落構成になります。

ところが日本人の着想だと、往々にして結論を最初に思い付いてしまいます。

そこで、その結論が出たのはなぜかを考えると本論が見えます。

最後に本論と結論を並べ、それをまとめる序を作れば論理的な構造を持つエッセイが完成します。

つまり、最後から後戻りして作文する形になるわけです。

 

英文のエッセイは論理的な構造を持つものを作るようにしましょう。

TOEFLやSATでのエッセイは論文の一種だと考えてください。

もちろん、それがアメリカの大学に進学した際に必要なものですから、

構成をしっかりとすることが必要です。エッセイが苦手だという人は、
一度、結論、本論、序論という順で構成する逆進的文作りを試してください。

 

TOYOオンラインでは、帰国子女の英語力を最大限に高めるための授業を展開しています。

正しいSAT対策は、あなたに必要な高度な英語力をつけることが可能にします。

高度な単語力、文法力、読解力は、あなたにとっての生涯の財産になります。

そしてそれを可能にしているのはTOYOオンラインのライブ授業しかありません。

 

正しいSAT対策をすれば、必ず得点は上がります。

しかし、この得点の伸びは一様ではありません。

特に対策を開始して数カ月は、著しい進歩は見えないのが普通です。

実はそれが問題で、誤った学習法を取っていても、この期間はそれが有効かどうかが判断できません。

誤った学習法の場合は、それ以後も点数が伸びず、結局は時間がムダになってしまい、
受験失敗に結び付くことになってしまいます。

ですから、最初から正しい学習法を提供できるTOYOオンラインの対策クラスなどを利用することをお勧めします。

 

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週週末に放送されます。

アメリカ時間の金曜、土曜、日曜です。

日本時間だと、これは土曜、日曜、月曜になります。

もちろん、日本でも視聴することが可能ですが、アメリカ時間の日曜日のクラスは日本では、月曜日の早朝、

午前2時半(夏時間が終了する11月6日以降は午前3時半)になってしまうので、ちょっと厳しいかもしれません。

 

TOYOオンラインのライブ授業は2時間です。

その中で、単語、読解、文法などを学習します。

単に読解といっても単語力がなければ満足な読解はできません。

同様に、よじれた読解文を解きほぐすことができる文法力がなければ正確な理解はできません。

それゆえに、TOYOオンラインのライブ授業では、受講者のレベルに応じ、適切な教材選択と指導で、
徐々に受講生の読解力を向上させていくことが出来る様になっています。

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週の授業に無料体験参加が可能ですから、ご希望の方はこちらからお申込みください。

 

 

 

<ONLINE受講者へのお知らせ>

次に開催されるSATは,10月5日で、申し込み締め切りは9月6日です。

来年受験者で、まだサブジェクトテストを受けていない人は、
この辺で受験を済ませるようにしておきましょう。

1回で3科目を受けられるので、MATH2を含む他2科目を受けましょう。

MATH1と日本語は受けないでください。

 

1993年より毎年難関大学に帰国受験生を送り込んでいるTOYOの通信授業は、世界中どこからでも受講可能です。

初心者からアドバンスの人まで、実力アップに必要な科目が選択可能です。

無料体験授業もありますが、不必要な押し付けセールスのようなものは一切ありません。

もちろん、受講停止も連絡するだけですぐにできますから、安心してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です