SAT得点アップの秘訣は単語の理解

英語は文字通りイギリス(英吉利)の言葉です。

イギリスはヨーロッパの島国ですから、他の隣接する国々からの言語の影響を多く受けています。

また、イギリスの国王は日本の皇室とは異なり、時代により他の国の王室に乗っ取られています。

ローマ帝国がヨーロッパを席捲していた時代は、当然、統治者はローマ人です。

後には北欧の王様がイギリスの王様になりました。

ウィリアム征服王はノルマン(ノルウェー)人です。

もちろんフランス人がイギリスの王様になった時代もありました。

このような理由で英語はいろいろな国の言語の影響を色濃く受けています。

 

つまり、英語は単一の言語ではなく、いろんな言語の混合とも言ってよい複雑な言語です。

このような言語的な混乱を統一したのが­­­1600年代初めのジェームズ王の聖書の翻訳だと言われています。

聖書を英語に翻訳するにあたり、文法などが整理され、それが現在の英語の文法の基本となっているのは
よく知られています。

 

英語の語源を語源辞典で調べると、いろんな興味深い事実が判明します。

たとえば、現代の英語では日本語の寿司とか刺身、歌舞伎などの語が使われているのは周知の事実です。

その他にも中国の叩頭(こうとう)はkowtowという英語になって、ペコペコするという意味で使われています。

 

meanderは曲がりくねったという意味ですが、これは古代の小アジアを流れる
メアンダー川が曲がりくねっていたことから出来た単語です。

lilliputianはとても小さいという意味ですが、これはスィフトの書いたガリバー旅行記の中に出てくる小人国、
リリパットの名前から出来た語です。

 

このように英単語の出来た背景を知ると、その単語の用法も理解しやすくなります。

当然、高度な英文読解や速読には、このようなこなれた単語力が必要です。

夏休みは単語力増強のチャンスです。

いつものような、単純に単語を覚えるというやり方を一歩前進させて、より深い単語の理解を促進しましょう。

 

TOYOオンラインのライブ授業では、毎回単語の学習をしています。

もちろん、いろいろな単語の覚え方や由来も説明しています。もしあなたが、TOEFLやSATの得点を
インスタントに上昇させたいのなら、単語覚えが最速です。

 

もちろん、単語力の増強だけでは英語力を最大化することはできません。

単語力に加え、強力な文法力や文の構造の理解と基本的な読解法の理解が必要です。

そして、そのような力を増進させる授業を展開しているのが、TOYOオンラインのライブ授業です。

 

自分の英語力を極限まで高める勉強には、それなりの時間がかかります。

通常は2年から3年という期間が必要です。

普通の日本の高校生が1年間学習をして、英検1級試験に合格するのは、ほぼ不可能ですね。

SATは英検1級試験よりもずっと難度が高い試験です。

あなたが自分の英語力を最大化したいのなら、10年生になれば対策を開始することをお勧めします。

 

TOYOオンラインでは、帰国子女の英語力を最大限に高めるための授業を展開しています。

正しいSAT対策は、あなたに必要な高度な英語力をつけることが可能にします。

高度な単語力、文法力、読解力は、あなたにとっての生涯の財産になります。

そしてそれを可能にしているのはTOYOオンラインのライブ授業しかありません。

 

正しいSAT対策をすれば、必ず得点は上がります。

しかし、この得点の伸びは一様ではありません。

特に対策を開始して数カ月は、著しい進歩は見えないのが普通です。

実はそれが問題で、誤った学習法を取っていても、この期間はそれが有効かどうかが判断できません。

誤った学習法の場合は、それ以後も点数が伸びず、結局は時間がムダになってしまい、
受験失敗に結び付くことになってしまいます。

ですから、最初から正しい学習法を提供できるTOYOオンラインの対策クラスなどを利用することをお勧めします。

 

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週週末に放送されます。

アメリカ時間の金曜、土曜、日曜です。

日本時間だと、これは土曜、日曜、月曜になります。

もちろん、日本でも視聴することが可能ですが、アメリカ時間の日曜日のクラスは日本では、月曜日の早朝、

午前2時半(夏時間が終了する11月6日以降は午前3時半)になってしまうので、ちょっと厳しいかもしれません。

 

TOYOオンラインのライブ授業は2時間です。

その中で、単語、読解、文法などを学習します。

単に読解といっても単語力がなければ満足な読解はできません。

同様に、よじれた読解文を解きほぐすことができる文法力がなければ正確な理解はできません。

それゆえに、TOYOオンラインのライブ授業では、受講者のレベルに応じ、適切な教材選択と指導で、
徐々に受講生の読解力を向上させていくことが出来る様になっています。

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週の授業に無料体験参加が可能ですから、ご希望の方はこちらからお申込みください。

 

 

 

<ONLINE受講者へのお知らせ>

次に開催されるSATは,アメリカ滞在者は8月24日のSATです。

申し込みのLATE締め切りは8月13日です。アメリカ以外の滞在者は次は10月5日で、
申し込み締め切りは9月6日です。

来年受験者で、まだサブジェクトテストを受けていない人は、この辺で受験を済ませるようにしておきましょう。

1回で3科目を受けられるので、MATH2を含む他2科目を受けましょう。

MATH1と日本語は受けないでください。

 

1993年より毎年難関大学に帰国受験生を送り込んでいるTOYOの通信授業は、世界中どこからでも受講可能です。

初心者からアドバンスの人まで、実力アップに必要な科目が選択可能です。

無料体験授業もありますが、不必要な押し付けセールスのようなものは一切ありません。

もちろん、受講停止も連絡するだけですぐにできますから、安心してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です