単語力がSAT高得点の基本

どのような語学でも単語が分からなければ、実際の運用は出来ません。

 

もちろん、こんなことは常識ですよね。

 

しかし、だからといって、単純に単語を覚えるだけではダメなのです。

 

実際の英語運用に必要な単語力は、その単語を使うことができなければ、
本当の力にはなりません。

 

もちろん、DOGとかCATというような物の名前は、単純に覚えれば、
すぐにでも役立ちます。

 

しかし、それが物の名前ではない使い方をされればどうでしょう。

 

たとえば、DOGというのが名詞ではなく、動詞として使わることも
あるとすればどうでしょう。

 

DOGGEDと過去形などになっていれば、これは単に犬という意味ではなく、
しつこくつけまわすという意味になります。

 

つまり、単語は一つの意味だけでなく、別な意味があることが多いのです。

 

要するに、単語を覚えるといっても、最も多く目にする意味だけでなく、
その語が持つ別な意味も含めて理解するのが、本当の単語力です。

 

そして、そのような強力な単語力を体得するのは、
なかなか時間がかかるものなのです。

 

本当に使える単語力を構築するには、単純に単語を覚えるだけでは不足です。

 

TOYOオンラインでは、このような現実を踏まえ、いろいろな角度から
単語力を構築する授業を展開しています。

 

多様な問題に触れ、その中での単語の用法を細かく解説する試みをしています。

 

漢字を見れば、その偏やつくりから、その語の意味がおぼろげに分かります。

 

さんずい偏の漢字なら、それは何か水と関係があるのだろうとか、
魚偏なら魚の名前だ、などと見当がつきます。

 

実は、それは英語でも同じなのです。

 

もちろん、英語には偏やつくりはありません。

 

しかし、多くの単語は接頭語、接尾語や、根幹となる単語の来歴があります。

 

例えばPLYというのは、折りたたむことを示す語ですから、PLYの前に、
中とか内を意味するINが転用したIMがついてIMPLYとなれば、
中に折りたたむということで、中に包み込むとなり、言外に意味を示唆する
という意味になります。

 

読解をする際に多くの人が犯す失敗は、文を読み飛ばすことです。

 

自分では完全に文章を理解していると思っても、実は見て見ないような
不完全な読解をしています。

 

これが発生するのは、単語の実際の用法を理解していない箇所です。

 

自分では分かっているつもりでも、文の真意を把握していないため、
設問でミスを多発してしまいます。

 

TOYOオンラインが最も力を入れているのは、このような読み違いの矯正です。

 

この中心が単語を真に理解する、単語の解説です。

 

さらに、文が変形している部分の詳解です。

 

文の変形は、まず、正しい文の形を理解することが先決で、それを可能にするのが
TOYOオンラインの構造分析術です。

 

TOYOオンラインでは、SATやTOEFLに必要な英語力を
実際に改善しています。

 

もちろんそれが出来るのは、それに必要で理にかなった対策法を
確立しているからです。

 

得点力を上げるには、力をつけるために必要な個々の部分の改善が必要で、
それを提供しているのがTOYOオンラインのライブ授業です。

 

TOYOオンラインでは、長年の受験指導の経験と成果に基づく
ノウハウを蓄積しています。

 

それにより、多くの受験生のSATやTOEFLの得点を
大幅に改善しています。

 

大幅というのは、最初のSATが1000点以下の人を
1300点以上に上げるというようなことです。

 

ただ、その対策期間には個人差がありますので、できるだけ早めに
対策を開始することをお勧めします。

 

この着手点になるのがTOYOオンラインが毎年夏に開催する
東京での一時帰国SAT講座です。

 

今年は7月1日からの5日間、東京代々木駅前の代ゼミ国際教育センターを
会場にして開講します。

 

参加申し込みは、会場の代ゼミ国際教育センターに直接ご連絡ください。

 

正しいSAT対策をすれば、必ず得点は上がります。

 

しかし、この得点の伸びは一様ではありません。

 

特に対策を開始して数カ月は、著しい進歩は見えないのが普通です。

 

実はそれが問題で、誤った学習法を取っていても、この期間は
それが有効かどうかが判断できません。

 

誤った学習法の場合は、それ以後も点数が伸びず、結局は時間がムダになってしまい、
受験失敗に結び付くことになってしまいます。

 

ですから、最初から正しい学習法を提供できるTOYOオンラインの対策クラスなどを
利用することをお勧めします。

 

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週週末に放送されます。

 

アメリカ時間の金曜、土曜、日曜です。

 

日本時間だと、これは土曜、日曜、月曜になります。

 

もちろん、日本でも視聴することが可能ですが、アメリカ時間の日曜日のクラスは
日本では、月曜日の早朝、午前3時半になってしまうので、ちょっと厳しいかもしれません。

 

TOYOオンラインのライブ授業は2時間です。

 

その中で、単語、読解、文法などを学習します。

 

単に読解といっても単語力がなければ満足な読解はできません。

 

同様に、よじれた読解文を解きほぐすことができる文法力がなければ
正確な理解はできません。

 

それゆえに、TOYOオンラインのライブ授業では、受講者のレベルに応じ、
適切な教材選択と指導で、徐々に受講生の読解力を向上させていくことが
出来る様になっています。

 

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週の授業に無料体験参加が可能ですから、
ご希望の方は こちらからお申込みください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です