現地校の成績は合否に関係しません

帰国大学受験に関して、よく尋ねられる質問に現地校の成績があります。

 

現地校の成績が悪いので大丈夫でしょうとか、頑張って受験までに
現地校の成績を上げたいのですが、というような質問です。

 

実は、帰国受験では現地校の成績は合否に関係していません。

 

特に早慶上智などの私大出願では、現地校の成績は合格には
全く関係していません。

 

その理由は、世界中から出願する帰国子女では、滞在国の教育制度や
学習内容が異なるので、平等に評価ができないからです。

 

ただ、現地校の成績が考慮されるのは、理系学部への出願です。

 

日本では理系出願の場合、当日試験の成否で合格不合格が明確に分かれます。

 

しかし、帰国受験では理系といえども理科や数学の当日試験が
無いところが多く、そのため学校の成績などが参考にされる
という側面があるのです。

 

つまり、理数系出願を予定する場合以外は、学校の成績向上にこだわらず、
その時間を合否に直結するTOEFLやSATの点数を上げるようにしてください。

 

特に慶応出願の場合、当日試験は小論文と面接ですが、この小論文も、
わざわざ参考小論文と記されるように、その結果はあまり重要ではありません。

 

上位大になればなるほど、TOEFLやSATで提示する
英語力の評価の重大さが増します。

 

東大や京大にしても、最終結果は当日試験の出来が考慮されますが、
その前に提出するTOEFLやSATの点数が基準に達していなければ
その時点で合格は無いと覚悟してください。

 

TOEFLやSATで高得点が獲得できれば、誤った出願をしない限り
早慶上智のどこかには確実に合格できます。

 

ここで重要なのは、正しい出願をするということで、一発勝負で浪人が出来ない
帰国受験では、必ずいろいろな大学や学部に併願しておくことが大切です。

 

よくある失敗は、自分は理系志望だから理数系学部しか
出願しないという場合です。

 

さすがに日本の理数系を志望する一般受験生は徹底的に
理数系科目の対策をしています。

 

そのレベルに達していないと判断されると、帰国受験の場合は
不合格になってしまいます。

 

ですから、もしものことを考えて、必ず文系学部にも
出願することが必要なのです。

 

帰国受験は特別枠の受験ですが、それは帰国子女の
語学力が買われているからです。

 

それを証明するのがTOEFLとSATの点数ですから、
帰国受験では文系、理系に関わらず、できるだけ高い点数を
獲得してください。

 

もちろん、それを可能にしているのがTOYOオンラインのライブ授業です。

 

TOYOオンラインでは、SATやTOEFLに必要な英語力を
実際に改善しています。

 

もちろん、それに必要で理にかなった対策法を確立しているからです。

 

得点力を上げるには、力をつけるために必要な個々の部分の改善が必要で、
それを提供しているのがTOYOオンラインのライブ授業です。

 

TOYOオンラインでは、長年の受験指導の経験と成果に基づく
ノウハウを蓄積しています。

 

それにより、多くの受験生のSATやTOEFLの得点を大幅に改善しています。

 

大幅というのは、最初のSATが1000点以下の人を1300点以上に上げる
というようなことです。

 

ただ、その対策期間には個人差がありますので、できるだけ早めに対策を
開始することをお勧めします。

 

この着手点になるのがTOYOオンラインが毎年夏に開催する
東京での一時帰国SAT講座です。

 

今年は7月1日からの5日間、東京代々木駅前の代ゼミ国際教育センターを
会場にして開講します。

 

参加申し込みは、会場の代ゼミ国際教育センターに直接ご連絡ください。

 

正しいSAT対策をすれば、必ず得点は上がります。

 

しかし、この得点の伸びは一様ではありません。

 

特に対策を開始して数カ月は、著しい進歩は見えないのが普通です。

 

実はそれが問題で、誤った学習法を取っていても、この期間は
それが有効かどうかが判断できません。

 

誤った学習法の場合は、それ以後も点数が伸びず、結局は時間がムダになってしまい、
受験失敗に結び付くことになってしまいます。

 

ですから、最初から正しい学習法を提供できるTOYOオンラインの対策クラスなどを
利用することをお勧めします。

 

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週週末に放送されます。

 

アメリカ時間の金曜、土曜、日曜です。

 

日本時間だと、これは土曜、日曜、月曜になります。

 

もちろん、日本でも視聴することが可能ですが、アメリカ時間の日曜日のクラスは
日本では、月曜日の早朝、午前3時半になってしまうので、ちょっと厳しいかもしれません。

 

TOYOオンラインのライブ授業は2時間です。

 

その中で、単語、読解、文法などを学習します。

 

単に読解といっても単語力がなければ満足な読解はできません。

 

同様に、よじれた読解文を解きほぐすことができる文法力がなければ
正確な理解はできません。

 

それゆえに、TOYOオンラインのライブ授業では、受講者のレベルに応じ、
適切な教材選択と指導で、徐々に受講生の読解力を向上させていくことが
出来る様になっています。

 

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週の授業に無料体験参加が可能ですから、
ご希望の方は こちらからお申込みください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です