TOEFLは自転車SATはオートバイ

自転車に乗るためには、練習をして自転車を走らせることが
できるようになれば良いだけです。

 

小学生でも高校生でも誰でも自転車に乗ることができます。

 

特別な自転車でなければ、その走行速度も速くありません。

 

もちろん、急にブレーキが必要なときもありますが
、特に気にしなくても静止ができます。

 

つまり、日常使用する上で、とにかく自転車に乗ることに慣れるだけで
安全に使用ができます。

 

TOEFLの英語や学校で使う英語は自転車と同じです。

 

日常使用する中で自然に便利に使用することができるようになります。

 

ほとんど専門的な知識は不要なのです。

 

これが長期滞在者が簡単にTOEFLで高得点を挙げることができる理由です。

 

これと異なりSATは、英語に対するより深い認識が必要です。

 

それは、SATが公式な英語の用法を試すテストだからです。

 

それゆえに、SATには正しい英語を運用するための文法の知識を
テストするセクションが含まれています。

 

TOEFLが自転車ならSATはオートバイを運転するのと同じです。

 

オートバイは自転車よりもはるかに複雑な構造を持ち、運用スピードも
比較にならないくらい速いのです。

 

そのため、オートバイを使うには運用のための知識を学び、免許が必要になります。

 

自転車で急激にブレーキをかけても、通常の状態なら大きな問題は起こりません。

 

しかし、オートバイでブレーキを急にかければタイヤがロックし転倒したり
宙返りを起こしてしまいます。

 

もちろん、タイヤの制動力が無くなりオートバイは滑ってしまい
止まることができません。

 

したがってオートバイを運用するには、その機構を理解し
理性的に運用するための練習が必要になります。

 

SATの英語を正しく運用するのは、ちょうどこれと同じなのです。

 

多くの人は、TOEFLとSATは同じだと誤解しています。

 

実はSATレベルの英語運用には、より科学的な態度が必要なのです。

 

SAT対策の一環として英語の基本文型や品詞分類が必要と言うと、
奇妙に思う人もいます。

 

SATは高度な英語のはずなのに、なぜ、そんな初歩的な学
習が必要なのだろうか、という疑問です。

 

オートバイを安全に使用するには、その部品に対する理解が必要です。

 

重要なボルトやナットにまで気を使う必要があります。

 

このような基本部品と同じなのがSATを学ぶ上での
基本文型や品詞分類なのです。

 

TOEFLとSATは運用上で大きな違いがあります。

 

ただ、その学習は別々にではなく、同じ英語として、
両者を区別をせず対策をしてください。

 

オートバイが乗れるための基本は自転車に乗れることなのですから。

 

滞在期間が短く、比較的英語力が無い人でも、TOYOオンラインの提供する
正しい学習法で練習すると、確実にSATで高得点が取れるようになります。

 

もちろん、その結果、非常に高度な英語力が身につき、短期間で東大を
狙えるような力をつけることが可能になります。

 

正しいSAT対策をすれば、必ず得点は上がります。

 

しかし、この得点の伸びは一様ではありません。

 

特に対策を開始して数カ月は、著しい進歩は見えないのが普通です。

 

実はそれが問題で、誤った学習法を取っていても、この期間は
それが有効かどうかが判断できません。

 

誤った学習法の場合は、それ以後も点数が伸びず、結局は時間がムダになってしまい、
受験失敗に結び付くことになってしまいます。

 

ですから、最初から正しい学習法を提供できるTOYOオンラインの対策クラスなどを
利用することをお勧めします。

 

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週週末に放送されます。

 

アメリカ時間の金曜、土曜、日曜です。

 

日本時間だと、これは土曜、日曜、月曜になります。

 

もちろん、日本でも視聴することが可能ですが、アメリカ時間の日曜日のクラスは
日本では、月曜日の早朝、午前3時半になってしまうので、ちょっと厳しいかもしれません。

 

TOYOオンラインのライブ授業は2時間です。

 

その中で、単語、読解、文法などを学習します。

 

単に読解といっても単語力がなければ満足な読解はできません。

 

同様に、よじれた読解文を解きほぐすことができる文法力がなければ
正確な理解はできません。

 

それゆえに、TOYOオンラインのライブ授業では、受講者のレベルに応じ、
適切な教材選択と指導で、徐々に受講生の読解力を向上させていくことが
出来る様になっています。

 

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週の授業に無料体験参加が可能ですから、
ご希望の方は こちらからお申込みください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です