SAT単語覚え

どのような言語も、その理解の最重要点は単語です。

 

単語が分からなければその言語は使えません。

 

ですから、英語学習の基本中の基本は単語力をつけることです。

 

日本の一般受験の英語でも、単語覚えが大切です。

 

そのために、単語覚えの本などを購入して単語覚えをするのが普通です。

 

日本の受験の場合は知識としての単語が必要なので、それでも良いのですが、
実際の英語を使用するという面では、単純に単語本の単語を覚えても
役に立たないのです。

 

日本の単語辞書には、一つの単語のいろいろな意味が載っています。

 

英文を理解する場合、そのような意味の中で、最適と思われるものを
取り出して文を解釈するのが普通です。

 

しかし、実際の文章中では、辞書に載っている意味とは少し
異なった意味で使用されることもあります。

 

そのような場合でも、正しく単語の意味を突き止めるには、さらに深く
その単語の意味を知る必要があります。

 

つまり、実際に英語を使用する際の単語力は、日本の辞書に載っている
一面的な意味の記憶だけでは不足なのです。

 

SATで必要な単語力は生きた単語力なのです。

 

例えばINUNDATEという単語があります。

 

これは氾濫させるとか、水浸しにする、という意味の語です。

 

これをさらに細分化して見ると、最初のINは前置詞と同様、
中に、という意味です。

 

また、最後のATEは動詞を作る接尾語です。

 

その間のUNDは、波、という意味です。

 

つまりこの語は、波の中に入れる、ということで、氾濫とか水浸しとか、
洪水という意味になることが理解できます。

 

このように、一つの単語の成り立ちをいろいろな角度から理解することで、
その語をより深く理解することができ、適切に使用することが可能になります。

 

TOYOオンラインのライブ授業では、単語学習の一面として、
このような単語の成り立ちを説明しています。

 

中には非常に覚えにくいような単語もあるのですが、その時は言い換えなどをして
面白おかしく覚えるような工夫をします。

 

SATレベルの単語になると、日常生活で使用する単語と異なり
普通のアメリカ人も知らないような単語が多く出ます。

 

ですから、単語覚えなしに、SATで高得点を挙げることは
出来ないと覚悟してください。

 

TOYOオンラインのライブ授業では、できるだけいろいろな単語が
学習できるように教材などにも工夫をしています。

 

したがって、出席しているだけでも、沢山のSAT単語を
目にするようになっています。

 

滞在期間が短く、比較的英語力が無い人でも、TOYOオンラインの提供する
正しい学習法で練習すると、確実にSATで高得点が取れるようになります。

 

もちろん、その結果、非常に高度な英語力が身につき、短期間で東大を
狙えるような力をつけることが可能になります。

 

正しいSAT対策をすれば、必ず得点は上がります。

 

しかし、この得点の伸びは一様ではありません。

 

特に対策を開始して数カ月は、著しい進歩は見えないのが普通です。

 

実はそれが問題で、誤った学習法を取っていても、この期間は
それが有効かどうかが判断できません。

 

誤った学習法の場合は、それ以後も点数が伸びず、結局は時間がムダになってしまい、
受験失敗に結び付くことになってしまいます。

 

ですから、最初から正しい学習法を提供できるTOYOオンラインの対策クラスなどを
利用することをお勧めします。

 

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週週末に放送されます。

 

アメリカ時間の金曜、土曜、日曜です。

 

日本時間だと、これは土曜、日曜、月曜になります。

 

もちろん、日本でも視聴することが可能ですが、アメリカ時間の日曜日のクラスは
日本では、月曜日の早朝、午前3時半になってしまうので、ちょっと厳しいかもしれません。

 

TOYOオンラインのライブ授業は2時間です。

 

その中で、単語、読解、文法などを学習します。

 

単に読解といっても単語力がなければ満足な読解はできません。

 

同様に、よじれた読解文を解きほぐすことができる文法力がなければ
正確な理解はできません。

 

それゆえに、TOYOオンラインのライブ授業では、受講者のレベルに応じ、
適切な教材選択と指導で、徐々に受講生の読解力を向上させていくことが
出来る様になっています。

 

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週の授業に無料体験参加が可能ですから、
ご希望の方は こちらからお申込みください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です