なぜ読解力が上がらないのか

よくある質問に、現地校ではずっと英語で学習しているんだから、
SAT対策を英語でやる方がいいのでは、という質問があります。

 

たしかに帰国子女の中にはアメリカ生まれでアメリカ育ち、
家庭以外は英語で生活してきた人もいます。

 

TOYOオンラインの読解クラスでは、必ず英語文章の
日本語訳をすることを求められます。

 

日本語は得意でないので、日本語訳をするのは苦痛ですという人が多くいます。

 

しかし、それには理由があるのです。

 

もちろん、まったく日本語が分からない人に
日本語訳を勧めることは無理があります。

 

そのような場合は、TOYOオンラインの授業ではなく、多くある
アメリカのSAT対策塾のクラスで学習すればよいわけです。

 

ただ、そのような塾の読解クラスでは、文章を読んで問題を解くことの
繰り返しがほとんどです。

 

読解力は、自分の現在の読解力が基準です。

 

その力で文章を沢山読んでも、それは文章を読むことに慣れるだけです。

 

実際の読解力を上げることにはなりません。

 

読解力を上げようとしても、現在の自分の読解力が不十分であることに
気づかないままでは、何の改善も無いのです。

 

つまり、現在の自分の読解力を改善するには、現在の読解法が不十分であり、
誤っていることに気づくことが必要なのです。

 

それには、英語を英語で学んでいては、同じ直線状にある学習になり、
転機にはなりません。

 

そこで、必要になるのが、英語以外の言語で別な角度から
自分の理解力を見直すことです。

 

以前、出会ったイタリア人の方が、自分の基本になっているイタリア語を見直し、
さらなる理解を深めるため、日本語を学習していると話していました。

 

これは、本当にその通りで、自分の英語での理解を深めるため、異質な言語である
日本語という角度から英語を見直すのは非常に効率的な学習法なのです。

 

実際のTOYOオンラインの授業で、英語で生活してきたという帰国子女の
英語理解力を検証すると、ほとんどの場合が英語理解が中途半端になっています。

 

この場合、そのような人の言語力は英語も日本語も中途半端であるという状況です。

 

それでは、高度な文章の読み取りなどは可能になりません。

 

文章をち密に理解するには、その文章に使用されている単語の完璧な理解とともに、
著者が意図する伝えたい内容を正確に読み取る必要があります。

 

それを支えるのは高度な文法力や文章の構造の理解力です。

 

TOYOオンラインでは、そのために原文を日本語に転換し、自分の理解力が
不十分であることを明確にするようにしています。

 

ありがたいことに、帰国子女は英語だけでなく、日本語も理解できます。

 

このバイリンガルである能力をフルに利用し、短期間で英語力を上げていくのが
TOYOオンラインのTOEFL、SAT対策の秘訣です。

 

ですから、初めは少し大変でも、英文を日本語に転換する作業を我慢して
継続してみてください。

 

そうすると、自分では思わなかった英語理解が、突然、現れます。

 

12月後半から始まるTOYOオンラインの冬期集中授業は、単に理論的ではなく、
現実を踏まえた方針で英語力増強対策を進めていきます。

 

1月以降のSATの得点を飛躍的に伸ばすような力を養成するための集中授業で、
他とは一味違う強力な英語学習の基本をマスターしてください。

 

正しいSAT対策をすれば、必ず得点は上がります。

 

しかし、この得点の伸びは一様ではありません。

 

特に対策を開始して3カ月から6カ月程度は、
著しい進歩は見えないのが普通です。

 

実はそれが問題で、誤った学習法を取っていても正しい学習法でも、
この期間はそれが有効かどうかが判断できません。

 

誤った学習法の場合は、それ以後も点数が伸びず、結局は
時間がムダになってしまい、受験失敗に結び付くことに
なってしまいます。

 

ですから、最初から正しい学習法を提供できるTOYOオンラインの
対策クラスなどを利用することをお勧めします。

 

TOEFLやSATのような実用英語の対策には、一般受験の問題や
過去問を解くためだけの学習は不適です。

 

自分が英語を使用し、より明確に自分を表現する方法を
身に着けることが必要です。

 

そして、それはTOYOオンラインのライブ授業で
効率的に学習することができます。

 

もちろん、英語に対する理解が深まるとともに、TOEFLや
SATの得点力も上がります。

 

つまり、一挙両得なのです。

 

 

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週週末に放送されます。

 

アメリカ時間の金曜、土曜、日曜です。

 

日本時間だと、これは土曜、日曜、月曜になります。

 

もちろん、日本でも視聴することが可能ですが、アメリカ時間の日曜日のクラスは
日本では、月曜日の早朝、午前3時半になってしまうので、ちょっと厳しいかもしれません。

 

TOYOオンラインのライブ授業は2時間です。

 

その中で、単語、読解、文法などを学習します。

 

単に読解といっても単語力がなければ満足な読解はできません。

 

同様に、よじれた読解文を解きほぐすことができる文法力がなければ
正確な理解はできません。

 

それゆえに、TOYOオンラインのライブ授業では、受講者のレベルに応じ、
適切な教材選択と指導で、徐々に受講生の読解力を向上させていくことが
出来る様になっています。

 

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週の授業に無料体験参加が可能ですから、
ご希望の方は こちらからお申込みください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です