SATには日本の受験文法は無力

帰国受験対策で最重要なのは、TOEFLやSATなどで提示する
自分の英語力を高めることです。

 

海外に滞在すれば、自動的に英語力がつくと誤解している人も多いようですが、
それはちがいます。

 

仮に、日本の学校で少し英語を学習し、海外にでると、それまでの英語学習が
ほとんど役にたたなかったという経験を持つ人も多いでしょう。

 

自分自身でも、アメリカの大学に留学しようとした際、当時のNHK教育ラジオの
英語講座などで準備しましたが、現地ではまったく役にたたなかったという
苦い経験をしています。

 

また、現地で出会ったある有名国立大出身で英検1級保持者が、まったく現実に
対応できないというような情景にも遭遇しました。このことが、日本の英語教育の
方針と、実際に使用する英語の間の大きな溝というものあることを
気づかさせてくれました。

 

日本の受験英文法では、実際の試験に頻出する文法事項を集中的に学習します。

 

しかし、このような文法が、実際の英語使用に必要かというと、
そうでもありません。

 

たとえば、よく受験問題で出題される関係代名詞の学習で、これには2つの
異なる用法がある。それは制限用法と非制限用法で、whichなどの前に
コンマがあれば非制限用法だから、関係代名詞が置き換える直前の名詞
(先行詞)は、直前には無いんだ、と習います。

 

ところが、実際の英語、特に厳密な英語を扱うSATでは、関係代名詞の前に
コンマがあろうがなかろうが、ほとんどの場合は、直前の名詞を置き換えます。

 

もちろん、この理由は、その方が分かりやすいからという単純な理由です。

 

つまり、実際の英語使用では、できるだけ誤解を与えないストレートな表現が
優越するのです。

 

つまり、実際の英語使用のテストであるTOEFLやSATの学習は、
現実に即したやり方が必要なのです。

 

特にSATのような規則正しい英語使用の対策には、現実に即した英語運用の
規則である文法を学ぶことが必要です。

 

これは、日本の英文法ではなく、用法中心の分析と理解が必要になります。

 

そして、それを可能にしているのがTOYOオンラインの独自の英文法用語、
TOYO語の習得です。

 

たとえば、文の主語を特定するとき、TOYO語では
<前置詞から後ろは主語になれない>と教えます。

 

これは、前置詞句は説明部なので主語になることができないことを
簡単にまとめた言い方です。

 

実際の英語使用には分詞構文とか話法の変換などのような煩雑な知識は不要です。

 

あくまでも現実に即し、簡単に語法を理解できるような即戦力が重要です。

 

このようなTOYO語の習得は、非常に簡単です。

 

自分で作る文法カードが十数枚になれば、それで完了なのです。

 

そして、その文法事項を実際の英語運用例に即し、縦横に使用できる練習をすれば、
高度な英語力をつけることが可能になります。

 

ただ、それには、まず、SATを受けてみて本当に必要な英語力とは
どのようなものなのかを知る必要があります。

 

TOYOオンラインが、10年生になればSATを受けてみましょう
と勧めるのはこの理由です。

 

実際のテストを受ければ、SATに対する不安感が無くなります。

 

そして、より効果的な対策が可能になります。

 

12月後半から始まるTOYOオンラインの冬期集中授業は、単に理論的ではなく、
現実を踏まえた方針で英語力増強対策を進めていきます。

 

1月以降のSATの得点を飛躍的に伸ばすような力を養成するための集中授業で、
他とは一味違う強力な英語学習の基本をマスターしてください。

 

正しいSAT対策をすれば、必ず得点は上がります。

 

しかし、この得点の伸びは一様ではありません。

 

特に対策を開始して3カ月から6カ月程度は、
著しい進歩は見えないのが普通です。

 

実はそれが問題で、誤った学習法を取っていても正しい学習法でも、
この期間はそれが有効かどうかが判断できません。

 

誤った学習法の場合は、それ以後も点数が伸びず、結局は
時間がムダになってしまい、受験失敗に結び付くことに
なってしまいます。

 

ですから、最初から正しい学習法を提供できるTOYOオンラインの
対策クラスなどを利用することをお勧めします。

 

TOEFLやSATのような実用英語の対策には、一般受験の問題や
過去問を解くためだけの学習は不適です。

 

自分が英語を使用し、より明確に自分を表現する方法を
身に着けることが必要です。

 

そして、それはTOYOオンラインのライブ授業で
効率的に学習することができます。

 

もちろん、英語に対する理解が深まるとともに、TOEFLや
SATの得点力も上がります。

 

つまり、一挙両得なのです。

 

 

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週週末に放送されます。

 

アメリカ時間の金曜、土曜、日曜です。

 

日本時間だと、これは土曜、日曜、月曜になります。

 

もちろん、日本でも視聴することが可能ですが、アメリカ時間の日曜日のクラスは
日本では、月曜日の早朝、午前3時半になってしまうので、ちょっと厳しいかもしれません。

 

TOYOオンラインのライブ授業は2時間です。

 

その中で、単語、読解、文法などを学習します。

 

単に読解といっても単語力がなければ満足な読解はできません。

 

同様に、よじれた読解文を解きほぐすことができる文法力がなければ
正確な理解はできません。

 

それゆえに、TOYOオンラインのライブ授業では、受講者のレベルに応じ、
適切な教材選択と指導で、徐々に受講生の読解力を向上させていくことが
出来る様になっています。

 

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週の授業に無料体験参加が可能ですから、
ご希望の方は こちらからお申込みください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です