本当はシンプルなSAT問題の本質

帰国大学受験で最重要なのは、英語力の提示です。

 

よく、帰国受験対策として小論文などの日本語に関わる勉強を
優先している人がありますが、これは誤りです。

 

少し考えればすぐ分かると思いますが、海外に滞在したので、
日本語が出来るようになりました、などというのは本当に
変なことです。

 

帰国受験を実施する日本の大学が、日本語能力の高い受験生を
優先的に合格させるというような妙なことがあるとしたら、
それは特異なケースです。

 

もし、日本語能力の高い受験生が必要なら、日本の国内の一般受験で
集めることが十分可能だからです。

 

したがって、海外の学校に就学した帰国子女に対する特別枠の受験では、
日本の国内生にはない特徴である高度な英語力を保持する受験生を
優先的に合格させるのは当然です。

 

帰国受験をする受験生の英語力の証明は、TOEFLやSATのような
テスト結果で提示することが必要になります。

 

そこで対策として問題になるのがSATです。

 

実際にSATを受けると、英語部分の試験が非常に難しいという
印象を持ちます。

 

確かにSATの読解問題は長いのですが、
その長さに困惑する必要はありません。

 

一般にアメリカの試験は、日本の試験のような、受験生を落とすための
試験ではありません。

 

アメリカの学校での教科書でもそうですが、章末問題なども
基本が理解できているかを試す問題形式になっています。

 

そして、その延長にあるのがSATなのです。

 

SATは、ひねくれた試験ではなく、非常に素直で基本がしっかりと
学習できていれば、普通に高得点が取れる試験なのです。

 

では、その英語の基本とはどのようなものでしょうか。

 

これは一般受験で必要な受験英語のようなものではありません。

 

適切な単語の用法や、公用語としての英語使用に必要な基本的な文法です。

 

日本の受験英文法は特例的な英語の用法を中心に学習するため、
SAT対策としてはまったく的外れなのです。

 

つまり、難しい英語学習がSAT対策というのは、誤った対策法です。

 

つまり、正しいSAT対策は、アメリカの小学校で学習するような
英語が必要です。

 

日本でいえば、最初に英語を学ぶ中学校の英語レベルです。

 

しかし、上っ面をなでるようなものではなく、正確に詳細に、
その文法などの背景にあるものを理解することが必要です。

 

これは英語使用の原則ともいうべき理論の学習ですから、
小学校の英語をさらに深めるような学習です。

 

一見、難しく見えるSATの長文読解は、必要な単語や基本文法を
学習すれば、自然に解けるようになります。

 

実はこれは至極当然です。読解でつまずいている人のほとんどは、
必要な単語力がありません。

 

ですから、役立つ単語を覚えるだけでも読解速度や文の読み取りが
正確になるのは当たり前なのです。

 

さらに正しく文を読み取るために必要な文法や文の構造に対する
知識をつければ、誤った選択肢を選ばなくなります。

 

つまり、SATの読解対策は、基本を徹底することで可能なのです。

 

これがウソだと思うなら、これまでのTOYOオンラインの
卒業生を見てください。

 

多くの受講生が最初はSAT1000点程度から得点を伸ばし、
慶応大などに進学しています。

 

慶応大のSAT必要点は1300点以上ですから、多くの受講生が300点、
400点の得点アップをしていることになります。

 

そして、この秘訣が基本の徹底学習です。

 

このように、TOYOオンラインの授業は、非常にユニークなものです。

 

これがTOYOマジックと言われるのは、真剣に学ぶ受講生は、
ほとんどすべて大幅に得点が改善するからです。

 

つまり、実効力が強烈なのです。

 

他の塾では無理だと言われた慶応などに合格させるのが、
TOYOマジックの本質です。

 

正しいSAT対策をすれば、必ず得点は上がります。

 

しかし、この得点の伸びは一様ではありません。

 

特に対策を開始して3カ月から6カ月程度は、
著しい進歩は見えないのが普通です。

 

実はそれが問題で、誤った学習法を取っていても正しい学習法でも、
この期間はそれが有効かどうかが判断できません。

 

誤った学習法の場合は、それ以後も点数が伸びず、結局は
時間がムダになってしまい、受験失敗に結び付くことに
なってしまいます。

 

ですから、最初から正しい学習法を提供できるTOYOオンラインの
対策クラスなどを利用することをお勧めします。

 

TOEFLやSATのような実用英語の対策には、一般受験の問題や
過去問を解くためだけの学習は不適です。

 

自分が英語を使用し、より明確に自分を表現する方法を
身に着けることが必要です。

 

そして、それはTOYOオンラインのライブ授業で
効率的に学習することができます。

 

もちろん、英語に対する理解が深まるとともに、TOEFLや
SATの得点力も上がります。

 

つまり、一挙両得なのです。

 

 

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週週末に放送されます。

 

アメリカ時間の金曜、土曜、日曜です。

 

日本時間だと、これは土曜、日曜、月曜になります。

 

もちろん、日本でも視聴することが可能ですが、アメリカ時間の日曜日のクラスは
日本では、月曜日の早朝、午前3時半になってしまうので、ちょっと厳しいかもしれません。

 

TOYOオンラインのライブ授業は2時間です。

 

その中で、単語、読解、文法などを学習します。

 

単に読解といっても単語力がなければ満足な読解はできません。

 

同様に、よじれた読解文を解きほぐすことができる文法力がなければ
正確な理解はできません。

 

それゆえに、TOYOオンラインのライブ授業では、受講者のレベルに応じ、
適切な教材選択と指導で、徐々に受講生の読解力を向上させていくことが
出来る様になっています。

 

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週の授業に無料体験参加が可能ですから、
ご希望の方は こちらからお申込みください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です