SATの先入観にだまされるな

こんにちはTOYOの松村です

 

SATは難しいというのが一般的な見方です。

 

実際、TOEFLを初めて受けて100点近い点数を出した人が、
SATを受けたら、全然、得点できなかったというような話を良く聞きます。

 

そのようなことで、一般的にはSATは難しいという評判が広まっています。

 

その結果、SAT対策といえば、より難しい問題に的を絞って
学習する傾向があります。

 

たとえば、日本の一般受験の受験問題などを参考にして、
いわゆる難問とされる問題の学習です。

 

しかし、これは、まったくもって的外れというしかありません。

 

その理由は、一般的な迷信に反して、SATの問題は非常に単純なのです。

 

SAT問題の英語も数学も試験内容は、非常に素直でひねりがありません。

 

それも当然で、SATが公表しているように、SATの問題は、
その論理性にあります。

 

それは、簡単に言うと問題の意図は、それぞれの答えを選ぶための理由が
明確な形であるということです。

 

これは言い換えれば、1+1は2になるというのと同じです。

 

高校ともなると、数学の勉強はかなり高度になります。

 

もし、あなたが小学校で習う計算の基礎や分数の処理法をおろそかにしていれば、
当然、高校の数学では困ったことになります。

 

つまり、高校数学は、その基本の習熟に成功のカギがあります。

 

そして、同様に、SATの成功の基本は、アメリカの小学校で習うような
英語の習熟にあるのです。

 

この習熟というのが重要で、単に知っているというだけでなく、
英語の基本の明確な理解と、その応用が完全にマスターできている
ことがSAT高得点のカギです。

 

つまり、SATの高得点は、特に難問といわれるような複雑なものを
学習するのではなく、英語の基本を完全にマスターすることで
可能になります。

 

これがウソだと思うなら、これまでのTOYOオンラインの卒業生を見てください。

 

多くの受講生が最初はSAT1000点程度から得点を伸ばし、
慶応大などに進学しています。

 

慶応大のSAT必要点は1300点以上ですから、多くの受講生が300点、
400点の得点アップをしていることになります。

 

そして、この秘訣が基本の徹底学習です。

 

TOYOオンラインの学習は、基本単語や基本文法の徹底学習を中心にしています。

 

読解に関しては、SATの過去問タイプの長文は、ほとんど使用しません。

 

それよりも、より短く理解しやすい読解文を使用し、読解の基本をマスターします。

 

これは、いわばアメリカの小学校でマスターすべきことを
復習しているようなものです。

 

そして、それがSATの高得点に直結しているのですから、不思議ですね。

 

つまり、難問学習をしていても、SATに対応できる英語力はつかないことの
証明ともいえるのではないでしょうか。

 

正しいSAT対策をすれば、必ず得点は上がります。

 

しかし、この得点の伸びは一様ではありません。

 

特に対策を開始して3カ月から6カ月程度は、
著しい進歩は見えないのが普通です。

 

実はそれが問題で、誤った学習法を取っていても正しい学習法でも、
この期間はそれが有効かどうかが判断できません。

 

誤った学習法の場合は、それ以後も点数が伸びず、結局は
時間がムダになってしまい、受験失敗に結び付くことに
なってしまいます。

 

ですから、最初から正しい学習法を提供できるTOYOオンラインの
対策クラスなどを利用することをお勧めします。

 

TOEFLやSATのような実用英語の対策には、一般受験の問題や
過去問を解くためだけの学習は不適です。

 

自分が英語を使用し、より明確に自分を表現する方法を
身に着けることが必要です。

 

そして、それはTOYOオンラインのライブ授業で
効率的に学習することができます。

 

もちろん、英語に対する理解が深まるとともに、TOEFLや
SATの得点力も上がります。

 

つまり、一挙両得なのです。

 

 

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週週末に放送されます。

 

アメリカ時間の金曜、土曜、日曜です。

 

日本時間だと、これは土曜、日曜、月曜になります。

 

もちろん、日本でも視聴することが可能ですが、アメリカ時間の日曜日のクラスは
日本では、月曜日の早朝、午前3時半になってしまうので、ちょっと厳しいかもしれません。

 

TOYOオンラインのライブ授業は2時間です。

 

その中で、単語、読解、文法などを学習します。

 

単に読解といっても単語力がなければ満足な読解はできません。

 

同様に、よじれた読解文を解きほぐすことができる文法力がなければ
正確な理解はできません。

 

それゆえに、TOYOオンラインのライブ授業では、受講者のレベルに応じ、
適切な教材選択と指導で、徐々に受講生の読解力を向上させていくことが
出来る様になっています。

 

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週の授業に無料体験参加が可能ですから、
ご希望の方は こちらからお申込みください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です