8月25日に今季のSATが開始!!

8月25日開催の、オンライン帰国受験説明会へのお申し込みは、こちらから!!

 

SATのテストは4つに分かれています。

 

テスト1はリーディング、テスト2はライティング・アンド・ラングエッジと
呼ばれる文法を中心とした試験です。

 

残りは数学のテストで、大きく分ければ、
英語と数学のテストということになります。

 

しかし、現在のSATでは、一番重要なのは英語の読解です。

 

実は数学のテスト問題でも、英文の部分が非常に長いものが多く、
文章を正しく解釈できないと数学の問題が解けないようになっています。

 

よく、SATの数学は日本の中学の数学程度だから
簡単だという声があります。

 

しかし、文章読解が正確に素早くできないと高得点が
難しいというのが実情です。

 

2018-2019年のSATは、すでに始まっています。

 

8月25日には今季最初のSATがあります。

 

これは、残念なことにアメリカ以外の地域では受験できませんが、
アメリカに滞在する人で来年受験する人は、
必ず受けるようにしてください。

 

それは、これから来年にかけての学習の計画を正確に立てるために
とても貴重な試金石になるからです。

 

SATで高得点を挙げるために、過去問ばかりを学習する人がいますが、
それは時間の無駄になります。

 

特に読解問題は長くて、一つの問題を終了するためには
時間がかかりすぎます。

 

また、短時間で解こうとすると、細部に目が届かず、結局は上っ面を
なでるだけになり、学習効果はありません。

 

また、読解問題では問題形式が固定しており、この形式の対応ばかりを
練習する人もいますが、それも誤りです。

 

長文問題に限らず、読解問題は本文内容をしっかりと読みこみ理解できれば、
何も恐れることはありません。

 

ですから、過去問ばかりを研究するよりも、できるだけ短い文を使い、
時間をかけて自分の読解力を深めるようにするのが得策です。

 

ただ、単語力と文法力、文の構造に関する分析力は、
読解練習だけでは対応することができません。

 

これらは、別個に学習する必要があるので、注意してください。

 

特に、文法の研究を軽視する人もいますが、強力な読解力を
つけるためには最重要です。

 

それは、読解文の著者の意図を正確に読み取るためには、
文章の微妙な変化に敏感になる必要があるからです。

 

SATに限らず、実際の英語の文章解釈に必要な文法は、
日本で学習するような受験のための英文法ではありません。

 

受験英文法を学習するのは、時間が無駄になるだけでなく、
不必要な知識を詰め込むため、実際の文章理解には
妨げになりますので、気をつけてください。

 

正しい文法は、現在、TOYOオンラインのライブ授業で
練習しているTOYO文法を学ぶようにしてください。

 

TOYO文法は、野球などのスポーツのルールと同じで、
基本的で、数も多くありません。

 

覚えるのも簡単ですが、実際の文章読解にすぐに
役立つようなものばかりです。

 

これは、TOYOオンライン以外では学習できませんので、
興味のある人は、無料体験受講でお試しください。

 

正しいSAT対策をすれば、必ず得点は上がります。

 

しかし、この得点の伸びは一様ではありません。

 

特に対策を開始して3カ月から6カ月程度は、
著しい進歩は見えないのが普通です。

 

実はそれが問題で、誤った学習法を取っていても正しい学習法でも、
この期間はそれが有効かどうかが判断できません。

 

誤った学習法の場合は、それ以後も点数が伸びず、
結局は時間がムダになってしまい、受験失敗に
結び付くことになってしまいます。

 

ですから、最初から正しい学習法を提供できるTOYOオンラインの
対策クラスなどを利用することをお勧めします。

 

TOEFLやSATのような実用英語の対策には、一般受験の問題や
過去問を解くためだけの学習は不適です。

 

自分が英語を使用し、より明確に自分を表現する方法を
身に着けることが必要です。

 

そして、それはTOYOオンラインのライブ授業で
効率的に学習することができます。

 

もちろん、英語に対する理解が深まるとともに、TOEFLや
SATの得点力も上がります。

 

つまり、一挙両得なのです。

 

 

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週週末に放送されます。

 

アメリカ時間の金曜、土曜、日曜です。

 

日本時間だと、これは土曜、日曜、月曜になります。

 

もちろん、日本でも視聴することが可能ですが、アメリカ時間の日曜日のクラスは
日本では、月曜日の早朝、午前3時半になってしまうので、ちょっと厳しいかもしれません。

 

TOYOオンラインのライブ授業は2時間です。

 

その中で、単語、読解、文法などを学習します。

 

単に読解といっても単語力がなければ満足な読解はできません。

 

同様に、よじれた読解文を解きほぐすことができる文法力がなければ
正確な理解はできません。

 

それゆえに、TOYOオンラインのライブ授業では、受講者のレベルに応じ、
適切な教材選択と指導で、徐々に受講生の読解力を向上させていくことが
出来る様になっています。

 

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週の授業に無料体験参加が可能ですから、
ご希望の方は こちらからお申込みください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です