英文は法律の条文か

8月25日開催の、オンライン帰国受験説明会へのお申し込みは、こちらから!!

 

文章を読むとき、無味乾燥的な読み方をするのが、
法律の条文です。

 

少数の専門家でなければ、詳しく法律の条文を解釈しませんし、
普通人にとっては、あまり感情移入をするような
文章ではありません。

 

しかし、英文を読むとき、多くの人が、法律文章を読むような
無味乾燥的な読み方をしています。

 

英文を読むとき、いきおい、単語ばかりに注目し、その文が
何を伝えたいかを考えない人が多いのです。

 

通常のTOEFLやSATの読解問題は、その文を書いた
著者の意見や見方を問うものが大半です。

 

つまり、その文章を書いた個人が、読者に何を伝えたいかが
内包されています。

 

ですから、その文章を通じ読者に何等かの考えや見方を伝えたい、
理解してほしいという願いを汲み取ることが大切なのです。

 

特に最近のSATの問題は読解能力が試されます。

 

リーディングの問題はもちろんですが、文法問題や数学の問題すら、
読解能力がないと高得点が取れないような問題構成になっています。

 

ただ、読解力を上げるのは簡単ではありません。

 

その理由は、読解力は総合力で、その前に単語力や基本的な文法力、
読解に必要な基本の理解が必要だからです。

 

ですから、SATの点数を大幅に上げるには、何カ月、何年というような
単位の準備時間が必要であることを覚悟してください。

 

読解力を上げるには、できるだけゆっくりと
文章を読む練習をしてください。

 

初心者は、できるだけ速く文を読み、問題を
解くことばかりに集中します。

 

実は、それでは読解力は改善しません。

 

正解を見つけられるかどうかが重要ではなく、文章そのものが正確に
理解できるかどうかに、学習の中心を置くようにしてください。

 

設問の答えを見つけるとき、瞬間にひらめく勘で
答えを選ぶ人を良く見かけます。

 

これは、実は最悪の選択です。

 

その理由は、SATが論理的な思考の程度を試す試験だからです。

 

この論理性とは、原因があって結果が起こるという、
因果関係を明確にするということで、SATの
読解問題にもそれを問う、特定の問題形式があります。

 

したがって、勘で内容を把握するのではなく、
熟考する文章の読み方を身につける必要があるのです。

 

それが、TOYOオンラインの遅読み練習です。

 

TOYOオンラインの遅読み練習で最初に学ぶのは、
時間をかけて文章を解析する作業です。

 

いろいろな角度から英文を分析し、理解していきます。

 

そして、具体的な文章の読み方としては、一見無味乾燥な
文章内容を自分の過去の体験や知識と直結させ、
立体的に文章を理解していきます。

 

その結果、文章を読み終わった段階では、全文の内容が
脳裏に鮮やかに残像としてとどまり、設問を解くときには、
本文に戻ることなく、脳裏の記憶から問題を解くことが
できるようになります。

 

毎年、TOYOオンラインの卒業生が、TOEFLやSATで
高得点を挙げ、慶応早稲田、国立難関大に合格するのは、
TOYOオンラインの遅読み練習のおかげです。

 

ゆっくりと文章を読むのは、簡単に見えて実はそうではありません。

 

初心者は、あまりにも短時間で文章を読み終わってしまい、
内容理解が不十分のまま設問を解こうとします。

 

文を遅く読むという、こんな簡単なことが実は非常に難しいのです。

 

TOYOオンラインでは、コツコツと丹念に基本技術の
習得を目指す授業を繰り返しています。

 

その結果、文章を分析的に読むための基礎が固まり、
それが点数に反映するのです。

 

SATで高得点を挙げるのは、決して華々しい技術や
人の知らない微細な知識が必要なのではなく、あらゆる
問題に適用できるような、幅の広い基本知識を
網羅することが重要なのです。

 

SATが難しいというような先入観を持つことはありません。

 

正しい対策法をとれば、段階的に力をつけられるので、
思ったより簡単に実力が改善できます。

 

なによりも重要なのはTOEFLやSAT対策は、思いのほか時間がかかるので、
できるだけ早い時期から対策を開始することをお勧めします。

 

10年生になれば、実際のSATを受けることを含め、
正しい対策を開始してください。

 

正しいSAT対策をすれば、必ず英語力が伸び得点は上がります。

 

しかし、この得点の伸びは一様ではありません。

 

特に対策を開始して3カ月から6カ月程度は、著しい進歩は見えないのが普通です。

 

実はそれが問題で、学習法の正誤に関わらず、この期間は
それが有効かどうかが判断できません。

 

誤った学習法の場合は、それ以後も点数が伸びず、結局は時間がムダになってしまい、
受験失敗に結び付くことになってしまいます。

 

ですから、最初から正しい学習法を提供できるTOYOオンラインの
対策クラスなどを利用することをお勧めします。
http://www.toyo-online.com/体験受講のお申し込み/ 

 

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週週末に放送されます。

 

アメリカ時間の金曜、土曜、日曜です。

 

日本時間だと、これは土曜、日曜、月曜になります。

 

もちろん、日本でも視聴することが可能ですが、アメリカ時間の日曜日のクラスは
日本では、月曜日の早朝、午前3時半になってしまうので、ちょっと厳しいかもしれません。

 

TOYOオンラインのライブ授業は2時間です。

 

その中で、単語、読解、文法などを学習します。

 

単に読解といっても単語力がなければ満足な読解はできません。

 

同様に、よじれた読解文を解きほぐすことができる文法力がなければ
正確な理解はできません。

 

それゆえに、TOYOオンラインのライブ授業では、受講者のレベルに応じ、
適切な教材選択と指導で、徐々に受講生の読解力を向上させていくことが
出来る様になっています。

 

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週の授業に無料体験参加が可能ですから、
ご希望の方は こちらからお申込みください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です