英語は日本語じゃない

8月25日開催の、オンライン帰国受験説明会へのお申し込みは、こちらから!!

英語の授業の初めに、英語は日本語じゃない、と言うと
それは当たり前という声が返ってきます。

 

もちろん、当たり前なのですが、実はこんな普通のことが
認識されていないことが多いのです。

 

日本語を母語としている多くの人は、英語が日本語の
延長上にあると錯覚しています。

 

よく言われる英語で困ったことの一つに、イエスと答えるのか
ノーと答えるのかというのがあります。

 

日本語で、お替りはもういらないですね、と言われたら、
ハイ、いりません、というように答えます。

 

そこで、英語で同じようにDon‘t you need another?
と言われてイエス、I don’t.は間違いとなってしまいます。

 

これなども、英語が日本語の延長上にあると錯覚している例です。

 

日本語は万葉の時代から、まわりの情緒を記述するの
にふさわしい言葉です。

 

しかし、英語は自分が何をしたいかを明確に相手に伝える、
より行動的な言葉なのです。

 

その言語の中心は、あくまでも自分で、自分から見た関係を同心円的に、
1人称、2人称、3人称と区別しています。

 

3人称は第三者という言葉があるように、他人であり、自分とは
直接関係が無いという意味です。

 

ですから、これは自分、自分と直接会話する人、そして、自分には
関係が無い他人、という区分だということができます。

 

ですから、先ほどのイエス、ノーの問題も、非常に単純で、
自分の気持ちを考えて答えればよいのです。

 

自分にとって不必要ならノーだし、必要ならイエスと答えれば良いわけです。

 

つまり、英語は日本語では利己的と考えられる、自分中心の判断を
優先させる言語なのです。

 

もちろん、その逆に日本語では、他人のことを優先し、
常に相手の意志を考え和を尊びます。

 

つまり、英語は根本的に日本語とは違うのですが、それを認識しないと
いろんなところで学習に支障が起こります。

 

その一つが文法です。

 

日本語なら、特に文法の勉強をしなくても、
著述に困ることはありません。

 

日本の日常生活で、文法知識が必要になる場合は、
皆無といってよいでしょう。

 

しかし、英語はその成立過程からして、他言語者が文法を通じ、
短期間に英語使用を学べるようにした、一種の人造語としての
側面を持っています。

 

日本語のように情緒を細やかに形容できるという部分では
弱いかもしれませんが、比較的簡単に用法を学べる
特徴を持っています。

 

したがって、例外的な用法や慣習的な用法はできるだけ排除され、
論理的な文法が使用されています。

 

つまり、正しい英語を使用するには、一定の文法知識が不可欠なのです。

 

この英語の論理構造のゆえに、英語は科学的な著述に非常に適しています。

 

その結果、現在の世界での国際語としての機能が
英語にゆだねられているのです。

 

そして、その基本が英語の文法で、それゆえ、文法がSATなどの
英語試験での問題になっている訳です。

 

ただ、この文法は、日本で教えられている受験英文法とは
似て非なるものだということを忘れないでください。

 

長期滞在者に特に多いのは、この英文法の軽視です。

 

正しい英語運用は文法知識が欠如していては成立しません。

 

TOEFLでは高得点が取れても、SATとなると極端に得点力が下がる人の
多くは、正しい英語運用には文法知識が不可欠だということを認識していません。

 

英語は日本語とは違うのだということを理解してください。

 

英語力とは、英語を使用した言語能力です。

 

ですから、TOYOオンラインでは単語力の増強、文法や文章の構造に関する知識、
読解に必要な基本技術を徹底的に指導します。

 

その結果、文章に対する理解力が上がり、正確に文章が
読み取れるようになるのです。

 

特定の問題形式に対する対応力も、文章が正しく理解できるからこそ
可能になるのです。

 

つまり、TOYOオンラインの指導の最大のポイントは、
英語の基本力を徹底して鍛えることにあります。

 

TOYOオンラインでは、コツコツと丹念に基本技術の
習得を目指す授業を繰り返しています。

 

その結果、文章を分析的に読むための基礎が固まり、
それが点数に反映するのです。

 

SATで高得点を挙げるのは、決して華々しい技術や人の知らない
微細な知識が必要なのではなく、あらゆる問題に適用できるような、
幅の広い基本知識を網羅することが重要なのです。

 

SATが難しいというような先入観を持つことはありません。

 

正しい対策法をとれば、段階的に力をつけられるので、
思ったより簡単に実力が改善できます。

 

なによりも重要なのはTOEFLやSAT対策は、思いのほか時間がかかるので、
できるだけ早い時期から対策を開始することをお勧めします。

 

10年生になれば、実際のSATを受けることを含め、
正しい対策を開始してください。

 

正しいSAT対策をすれば、必ず英語力が伸び得点は上がります。

 

しかし、この得点の伸びは一様ではありません。

 

特に対策を開始して3カ月から6カ月程度は、著しい進歩は見えないのが普通です。

 

実はそれが問題で、学習法の正誤に関わらず、この期間は
それが有効かどうかが判断できません。

 

誤った学習法の場合は、それ以後も点数が伸びず、結局は時間がムダになってしまい、
受験失敗に結び付くことになってしまいます。

 

ですから、最初から正しい学習法を提供できるTOYOオンラインの
対策クラスなどを利用することをお勧めします。
http://www.toyo-online.com/体験受講のお申し込み/ 

 

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週週末に放送されます。

 

アメリカ時間の金曜、土曜、日曜です。

 

日本時間だと、これは土曜、日曜、月曜になります。

 

もちろん、日本でも視聴することが可能ですが、アメリカ時間の日曜日のクラスは
日本では、月曜日の早朝、午前3時半になってしまうので、ちょっと厳しいかもしれません。

 

TOYOオンラインのライブ授業は2時間です。

 

その中で、単語、読解、文法などを学習します。

 

単に読解といっても単語力がなければ満足な読解はできません。

 

同様に、よじれた読解文を解きほぐすことができる文法力がなければ
正確な理解はできません。

 

それゆえに、TOYOオンラインのライブ授業では、受講者のレベルに応じ、
適切な教材選択と指導で、徐々に受講生の読解力を向上させていくことが
出来る様になっています。

 

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週の授業に無料体験参加が可能ですから、
ご希望の方は こちらからお申込みください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です