生きた英語力を持て

6月2日に帰国子女大学受験の無料オンライン説明会を開催します。
詳しくは、こちらから!!

 

こんにちはTOYOの松村です

 

帰国子女が特別枠で大学受験ができる一番の理由は、
海外体験と語学力にあります。

 

日本国内で学習する一般受験生と違い、異文化に直接触れ、
高度な語学力を保持する帰国子女は、広い見地で将来の
日本の進歩に貢献できる人材だからです。

 

しかし、それは本当でしょうか。

 

昔、米国との間の戦争を経験した人に、いろいろ尋ねる機会がありました。

 

一様に語られるのは、当時の米国の圧倒的な工業生産力を
知らなかったということでした。

 

もちろん、現在のように一般人が正しい情報を得られることが
出来なかった時代ですから、それは仕方のないことかもしれません。

 

帰国子女に期待されているのは、現地情勢に詳しく、語学力を生かして、
正しく広い見地から日本を指導するような力です。

 

東大や京大のような優秀な学生が集まる大学には、一般受験生出身でも
非常に高い語学力を保持する人が多くいます。

 

そのような中で大学側が帰国子女に期待しているのは、
生きた英語力を持つ人材です。

 

生きた英語力とは、正しい情報を入手し、分析し、
発信ができる能力のことです。

 

このような英語力の基礎を作るのがSATを中心とした英語学習です。

 

SATで高得点を取るためには、高度な単語力、
文法力、読解力が必要です。

 

もちろんSAT MATHに必要な論理的思考力も重要です。

 

現在の日本のように開かれた社会では、その気になれば、
世界のあらゆる一般情報に接することが可能です。

 

しかし、現実の日本社会は昔と同様、情報に関しては閉鎖社会です。

 

それは、意識的に外を見ようとしない奇妙な幸福感に包まれた
バブルの中に生きることに満足しているからです。

 

帰国子女は、そのような風潮に風穴を開けることができるのでしょうか。

 

もし、あなたがSATで1400点以上を取ることができれば、
それは可能です。

 

そして、正しい学習を蓄積すれば、現在のあなたのSATの得点が
1000点程度でも十分可能です。

 

語学力は蓄積することができるのです。

 

SATで高得点を挙げることは、正しい学習法で時間をかければ、
ほとんどの人に道が開けています。

 

残念ながら、現在、このような正しい学習を提供しているのは、
TOYOオンラインしかありません。

 

TOYOオンラインの英語学習の目的は、生きた英語力を構築することです。

 

そして、その過程にあるのがTOEFLやSATでの高得点です。

 

もちろん、その結果、東大や京大、一橋、慶応、早稲田に進学できますが、
それは一種のおまけなのです。

 

インターネットの発達した現在、日本以外の情報に接するのは簡単で、
手間もかかりません。

 

テレビやラジオ番組を聞き流すだけでも広い情報が入ってきます。

 

それを論理的に分別し自分なりの見方を構築すれば良いのです。

 

それを可能にするのがSATなどのテストで高得点を取れる英語力なのです。

 

TOYOオンラインのライブ授業を通じ、強力な得点力に必要な単語力、
文法力を学習しましょう。

 

近視眼的な考えで、答えさえ分かれば良いと考えるのは軽率です。

 

帰国受験でTOEFLやSATで高得点が獲得できれば、東大、京大、
慶応、早稲田のような望ましい大学に合格することができます。

 

このインセンティブを使い、大学卒業後も帰国子女としての武器になる、
単語力、文法力を基礎とする分析的読解力を養ってください。

 

SATが難しいというような先入観を持つことはありません。

 

正しい対策法をとれば、段階的に力をつけられるので、
思ったより簡単に実力が改善できます。

 

なによりも重要なのはTOEFLやSAT対策は、思いのほか時間がかかるので、
できるだけ早い時期から対策を開始することをお勧めします。

 

10年生になれば、実際のSATを受けることを含め、
正しい対策を開始してください。

 

正しいSAT対策をすれば、必ず英語力が伸び得点は上がります。

 

しかし、この得点の伸びは一様ではありません。

 

特に対策を開始して3カ月から6カ月程度は、著しい進歩は見えないのが普通です。

 

実はそれが問題で、学習法の正誤に関わらず、この期間は
それが有効かどうかが判断できません。

 

誤った学習法の場合は、それ以後も点数が伸びず、結局は時間がムダになってしまい、
受験失敗に結び付くことになってしまいます。

 

ですから、最初から正しい学習法を提供できるTOYOオンラインの
対策クラスなどを利用することをお勧めします。
http://www.toyo-online.com/体験受講のお申し込み/ 

 

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週週末に放送されます。

 

アメリカ時間の金曜、土曜、日曜です。

 

日本時間だと、これは土曜、日曜、月曜になります。

 

もちろん、日本でも視聴することが可能ですが、アメリカ時間の日曜日のクラスは
日本では、月曜日の早朝、午前3時半になってしまうので、ちょっと厳しいかもしれません。

 

TOYOオンラインのライブ授業は2時間です。

 

その中で、単語、読解、文法などを学習します。

 

単に読解といっても単語力がなければ満足な読解はできません。

 

同様に、よじれた読解文を解きほぐすことができる文法力がなければ
正確な理解はできません。

 

それゆえに、TOYOオンラインのライブ授業では、受講者のレベルに応じ、
適切な教材選択と指導で、徐々に受講生の読解力を向上させていくことが
出来る様になっています。

 

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週の授業に無料体験参加が可能ですから、
ご希望の方は こちらからお申込みください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です