スピーキングはゆっくり話せ

6月2日に帰国子女大学受験の無料オンライン説明会を開催します。
詳しくは、こちらから!!

 

こんにちはTOYOの松村です

 

TOEFLとSAT対策をしている人は、この2つのテストの違いを認識すべきです。

 

両テストを同じような英語の試験と考えるのは危険です。

 

もちろん、共通部分もありますが、効率的な対策には、何が同じで
何が違うのかをはっきりとさせて対策をすることが大切です。

 

TOEFLとSATには共通点が沢山あります。

 

それは、両テストが同じ会社によって制作されているからです。

 

SATを施行しているのはカレッジボード社ですが、それを作っているのは
TOEFLの会社であるETS社です。

 

したがって、どちらの英語試験も共通のデータベースを使用していますから、
似たような問題も多いのです。

 

大きな違いは、両テストの目的の差にあります。

 

TOEFLはアメリカの大学に留学でやってくる外国人のための英語力試験です。

 

しかし、SATはアメリカの高校生がアメリカの大学に進学後に
必要な学力があるかを調べるテストです。

 

つまり、両テストには基本的な英語力の差が存在します。

 

そう言うと、何かTOEFLの方が簡単なのではないかと思います。

 

たしかに、英語のレベルという面では、TOEFLの方がSATより簡単です。

 

しかし、滞在期間が短い帰国子女にとっては、ある意味では
TOEFLの方が難関なのです。

 

その理由は、TOEFLの英語には慣習的に使用される英語が
多く含まれるからです。

 

この慣習的というのは、日常使用される英語パターンのことです。

 

このような英語は、日常生活が長いことで蓄積されることが多いのですが、
滞在期間が短い帰国子女にとっては、慣用的な英語のため、
理屈での理解がしにくいからです。

 

逆にSATは公式な英語のテストですから、文法のような理屈で正誤が
判別できるので、滞在期間の短い帰国子女でも学習次第で高得点を
取ることが可能です。

 

TOEFLは4つのテストで成り立っています。

 

その中でも滞在の短い帰国子女が苦手なのはスピーキングとリスニングです。

 

リーディングとエッセイは試行錯誤が可能です。

 

しかし、スピーキングと、特にリスニングは対応が瞬間で、頭の中で
繰り返し考える時間がありません。

 

それでも、このようなテストでも一定の対策によって
得点を上げることができます。

 

スピーキングで注意するべきは発音です。

 

別にペラペラ流暢に話すことはありません。

 

重要なのは試験官が聞き取って、話し手の文意を理解できることです。

 

ですから、スピーキングでは、できるだけゆっくりと、
明確な発音で話してください。

 

話す内容を構成するには、読解力養成で身につける文章力が必要ですから、
文を読むとき短い文なら丸暗記するような練習をすればよいでしょう。

 

それぞれの単語の正しい発音をマスターすると、
もちろんリスニングの点数も上がります。

 

それまで聞き取れなかった単語が判別できるようになるからです。

 

もちろん、その聞いた単語を知らなければ、リスニングはできませんので、
積極的に単語力を増強するようにしてください。

 

要するにTOEFLにしてもSATにしても、基本的な読解や
文法力が重要になるので、対策初期はTOEFLとSAT対策を
区別して学習する必要はありません。

 

TOYOオンラインのライブ授業を通じ、強力な得点力に必要な単語力、
文法力を学習しましょう。

 

近視眼的な考えで、答えさえ分かれば良いと考えるのは軽率です。

 

帰国受験でTOEFLやSATで高得点が獲得できれば、東大、京大、
慶応、早稲田のような望ましい大学に合格することができます。

 

このインセンティブを使い、大学卒業後も帰国子女としての武器になる、
単語力、文法力を基礎とする分析的読解力を養ってください。

 

SATが難しいというような先入観を持つことはありません。

 

正しい対策法をとれば、段階的に力をつけられるので、
思ったより簡単に実力が改善できます。

 

なによりも重要なのはTOEFLやSAT対策は、思いのほか時間がかかるので、
できるだけ早い時期から対策を開始することをお勧めします。

 

10年生になれば、実際のSATを受けることを含め、
正しい対策を開始してください。

 

正しいSAT対策をすれば、必ず英語力が伸び得点は上がります。

 

しかし、この得点の伸びは一様ではありません。

 

特に対策を開始して3カ月から6カ月程度は、著しい進歩は見えないのが普通です。

 

実はそれが問題で、学習法の正誤に関わらず、この期間は
それが有効かどうかが判断できません。

 

誤った学習法の場合は、それ以後も点数が伸びず、結局は時間がムダになってしまい、
受験失敗に結び付くことになってしまいます。

 

ですから、最初から正しい学習法を提供できるTOYOオンラインの
対策クラスなどを利用することをお勧めします。
http://www.toyo-online.com/体験受講のお申し込み/ 

 

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週週末に放送されます。

 

アメリカ時間の金曜、土曜、日曜です。

 

日本時間だと、これは土曜、日曜、月曜になります。

 

もちろん、日本でも視聴することが可能ですが、アメリカ時間の日曜日のクラスは
日本では、月曜日の早朝、午前3時半になってしまうので、ちょっと厳しいかもしれません。

 

TOYOオンラインのライブ授業は2時間です。

 

その中で、単語、読解、文法などを学習します。

 

単に読解といっても単語力がなければ満足な読解はできません。

 

同様に、よじれた読解文を解きほぐすことができる文法力がなければ
正確な理解はできません。

 

それゆえに、TOYOオンラインのライブ授業では、受講者のレベルに応じ、
適切な教材選択と指導で、徐々に受講生の読解力を向上させていくことが
出来る様になっています。

 

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週の授業に無料体験参加が可能ですから、
ご希望の方は こちらからお申込みください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です