消去法を使おう

現在のTOEFL、SATの選択肢は4択です。

 

そのままランダムに答えを選ぶと25%の確率で正解が見込めます。

 

しかし、その前に自信を持って、あり得ないと思われる選択肢を
消去すれば、確率はずっと改善します。

 

消去法とは、最終的に答えを選ぶ前に、選択肢を除去していく方法です。

 

4択のうち2つを除外すれば、残りは2つの選択肢です。

 

この場合なら、まぐれでも50%の確率で正解が得られます。

 

たとえば、ある問題の中でCONCRETEという語があり、
その文中での意味を問われたとしましょう。

 

通常、コンクリートは建材のセメントのことですから、このような意味の
選択肢を選ばせる問題は、ほとんどありません。

 

ですから、選択肢のうちの建材がらみの意味を持つものは除外できます。

 

そうすると、文を正確に読んでいなくても、かなりの確率で
正解にたどりつくことができます。

 

また、消去法が重要なのは、長文問題の後ろの方の問題を解く場合です。

 

長文問題を読み解答するのは、非常に疲れます。

 

集中力が途切れるのが、あとの方にある文章の問題です。

 

SATなら5つの長文問題がありますが、4つ目や5つ目の問題になると
疲労のため、集中力が極端に下がります。

 

このような場合、うっかりとして、誤った答えを選びがちになります。

 

もし、集中力が下がっていても、選択肢が4つではなく、
2つだったらどうでしょう。

 

これなら、疲れていてもなんとか正解を選択することができます。

 

つまり、消去法を使えば、答えに対する目移りが防げるのです。

 

最初から、この選択肢しか無いと決めこまず、選択の幅を絞ることで
ミスを大幅に減らすことが可能になります。

 

SATやTOEFLで高得点を取るには、できるだけ
ミスを出さないようにすることです。

 

後で冷静に考えれば解法や答えが分かっていたのに、
現場では誤った答えを選んでしまったという経験を
した人が多いと思います。

 

SATなどの高得点者に共通しているのは、このようなミスが
非常に少ない人です。

 

もちろん、なんの準備もせず、消去法だけでは高得点は取れません。

 

単語や文法をきっちりと学習し、読解練習をした上で、
ミスを減らす努力をすることが求められます。

 

数学などでも基本知識や解法を研究せず、まぐれだけでは
高得点は実現しません。

 

つまり、消去法を実際に使用し、高得点に結びつけるには、
基礎知識の確立と復習が欠かせません。

 

基本がしっかりと出来ているからこそ、除外できる設問が認識できるのです。

 

ですから、基本技の反復学習と消去法の使い方を並行して行ってください。

 

もちろん、それを実際の授業で練習できるのが、TOYOオンラインのライブ授業です。

 

問題文をしっかりと正確に読み取る練習は、TOYOオンラインの
ライブ授業をお試しください。

 

毎週の授業では、読解の速読ではなく、逆に遅読み練習をしています。

 

文章をできるだけ丹念に読み理解するには、時間を使いゆっくりと進めることが、
逆に読解力を速く上げる秘訣なのです。

 

SATが難しいというような先入観を持つことはありません。

 

正しい対策法をとれば、段階的に力をつけられるので、
思ったより簡単に実力が改善できます。

 

なによりも重要なのはTOEFLやSAT対策は、思いのほか時間がかかるので、
できるだけ早い時期から対策を開始することをお勧めします。

 

10年生になれば、実際のSATを受けることを含め、
正しい対策を開始してください。

 

正しいSAT対策をすれば、必ず英語力が伸び得点は上がります。

 

しかし、この得点の伸びは一様ではありません。

 

特に対策を開始して3カ月から6カ月程度は、著しい進歩は見えないのが普通です。

 

実はそれが問題で、学習法の正誤に関わらず、この期間は
それが有効かどうかが判断できません。

 

誤った学習法の場合は、それ以後も点数が伸びず、結局は時間がムダになってしまい、
受験失敗に結び付くことになってしまいます。

 

ですから、最初から正しい学習法を提供できるTOYOオンラインの
対策クラスなどを利用することをお勧めします。
http://www.toyo-online.com/体験受講のお申し込み/ 

 

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週週末に放送されます。

 

アメリカ時間の金曜、土曜、日曜です。

 

日本時間だと、これは土曜、日曜、月曜になります。

 

もちろん、日本でも視聴することが可能ですが、アメリカ時間の日曜日のクラスは
日本では、月曜日の早朝、午前3時半になってしまうので、ちょっと厳しいかもしれません。

 

TOYOオンラインのライブ授業は2時間です。

 

その中で、単語、読解、文法などを学習します。

 

単に読解といっても単語力がなければ満足な読解はできません。

 

同様に、よじれた読解文を解きほぐすことができる文法力がなければ
正確な理解はできません。

 

それゆえに、TOYOオンラインのライブ授業では、受講者のレベルに応じ、
適切な教材選択と指導で、徐々に受講生の読解力を向上させていくことが
出来る様になっています。

 

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週の授業に無料体験参加が可能ですから、
ご希望の方は こちらからお申込みください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です