文を読むのと読解は違う

TOEFLやSAT対策として、読解に力を入れようとしている人は多くいます。

 

その対策は、もちろん、どのようにして読解力を上げるかということです。

 

しかし、多くの人が実に基本的な条件を見逃しています。

 

TOEFLやSATでの最終目的は、英語の読解力を上げることです。

 

しかし、多くの人が誤った勉強法をしています。

 

それは、英語を読めば読解力が上がると信じている人が多いことです。

 

実は、英語を読むのと、読解力を上げるのは、まったく別ものなのです。

 

英文を読むことは、現地校に通っていれば、毎日のように行っています。

 

教科書を読み、宿題をするには英文を読まなければなりません。

 

同様に、TOEFLやSATの対策として、同様に長文問題などを読んで
練習するのが普通になっていると思います。

 

しかし、それでは読解問題での高得点は取れるようにはなりません。

 

単に英文を読むことと、読解は違うのです。

 

読解というのは、読んで理解することです。

 

つまり、文章中に含まれる著者の意図を正確に判断し汲み取る作業です。

 

この正確に、というのが大切で、単に文を読んでいても、
正確に文章を読み取れるようにはなりません。

 

それには、特別な練習が必要です。

 

多くの受験生は、単語力が不足しています。

 

また、文章中の表現を正しく判断する文法力が欠如しています。

 

ですから、読解の初歩として、まず、単語力と文法力を
増強していく必要があります。

 

文法といっても、日本の一般受験での英語に対する文法ではありません。

 

実際の英文を読み解く上で必要な文法ですから、それを混同しないでください。

 

実際の英文読解には、事細かく文章を読む練習が必要です。

 

一つの単語レベルから、細かく理解していくような読解法です。

 

前置詞がONなのかINなのかというようなレベルにこだわるような
読解練習が求められます。

 

そして、段落構成がどのようになっているかなどの、文章の分析技術も必要になります。

 

TOYOオンラインの毎週のライブ授業では、読解力を上げるために、
文章をできるだけ細かく読むために、遅読み練習をしています。

 

これは、時間をかけて文章を細部まで漏らさず読み解く練習です。

 

それによって、参加者の読解力を上げていくことを目的としています。

 

これは、望遠鏡の解像率を上げていくような作業です。

 

最初はピンボケだった読解力が、徐々に正確になっていきます。

 

もちろん、読書百遍におのずから通ずということわざ通り、
沢山の本を読めば、徐々に読解力はついていきます。

 

しかし、それには10年以上の歳月が必要なのです。

 

目の前に迫った帰国受験には、到底間に合いません。

 

ですから、できるだけ短期間で、高度な読解力をつけるための練習が求められるのです。

 

そして、それを提供しているのは、世界中でもTOYOオンラインの授業しかありません。

 

SATが難しいというような先入観を持つことはありません。

 

正しい対策法をとれば、段階的に力をつけられるので、
思ったより簡単に実力が改善できます。

 

なによりも重要なのはTOEFLやSAT対策は、思いのほか時間がかかるので、
できるだけ早い時期から対策を開始することをお勧めします。

 

10年生になれば、実際のSATを受けることを含め、
正しい対策を開始してください。

 

正しいSAT対策をすれば、必ず英語力が伸び得点は上がります。

 

しかし、この得点の伸びは一様ではありません。

 

特に対策を開始して3カ月から6カ月程度は、著しい進歩は見えないのが普通です。

 

実はそれが問題で、学習法の正誤に関わらず、この期間は
それが有効かどうかが判断できません。

 

誤った学習法の場合は、それ以後も点数が伸びず、結局は時間がムダになってしまい、
受験失敗に結び付くことになってしまいます。

 

ですから、最初から正しい学習法を提供できるTOYOオンラインの
対策クラスなどを利用することをお勧めします。
http://www.toyo-online.com/体験受講のお申し込み/ 

 

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週週末に放送されます。

 

アメリカ時間の金曜、土曜、日曜です。

 

日本時間だと、これは土曜、日曜、月曜になります。

 

もちろん、日本でも視聴することが可能ですが、アメリカ時間の日曜日のクラスは
日本では、月曜日の早朝、午前3時半になってしまうので、ちょっと厳しいかもしれません。

 

TOYOオンラインのライブ授業は2時間です。

 

その中で、単語、読解、文法などを学習します。

 

単に読解といっても単語力がなければ満足な読解はできません。

 

同様に、よじれた読解文を解きほぐすことができる文法力がなければ
正確な理解はできません。

 

それゆえに、TOYOオンラインのライブ授業では、受講者のレベルに応じ、
適切な教材選択と指導で、徐々に受講生の読解力を向上させていくことが
出来る様になっています。

 

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週の授業に無料体験参加が可能ですから、
ご希望の方は こちらからお申込みください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です