読解の進歩

通信講座にご興味がある方、LA近郊、TorranceにあるTOYOへの通塾にご興味がある方は、こちらから体験受講をお申し込み下さい。

 

こんにちはTOYOの松村です。

 

TOEFLやSATを受けると、最初は思ったより点数が出ないものです。

 

特に現地滞在期間が短い人の場合は、絶望的な点数しか出ないこともあります。

 

しかし、これは当然で、そんなにがっかりすることでもありません。

 

日本で少し英語を学んでいても、実際の英語の世界に入ると、
それまでの勉強が意味がなかったように思われます。

 

特に読解について力不足を感じる場合が多いのです。

それは、自分の中で日本語と英語の違いを意識し過ぎて、英語を
まったくの別物のように考えるところからきています。

 

英語は日本語と同様、人の使う言語ですから、それにより何かを
伝達するための道具です。

 

英文読解も同様で、その文章を通じて、何かの意味を
読み手に伝えるのが目的です。

 

しかし、英語を学び始めたときは、単語の違いや文型の違いばかりに
気をとられて、大きな部分を見ないことが多いのです。

 

特に、日本の公立中学校などで最初に英語を習うと、あまり意味のない
単語の羅列を教えられることが多くあります。

 

このような場合、単語ばかりに注意が向けられ、単語テストで
良い点数をとろうとします。

 

それによって、文全体よりも枝葉末節ばかりに
気を取られるようになってしまいます。

 

実際の英語の世界では、短い文であっても、何等かの
意味を伝えようとしています。

 

ですから、文全体が伝えようとしている文意を捕まえることを優先してください。

 

特にTOEFLレベルの読解では、大意をつかむ練習が必要です。

 

TOEFLでは、文章自体も、あまりひねりのある難解なものは出ません。

 

それよりも、文全体が伝えようとしている大意を
理解することが高得点のカギとなります。

 

長期滞在者がTOEFLを初めて受けた場合、100点近い点数が
出ることがよくあります。

 

これは、文章の伝える大意を把握する練習が現地校の勉強を通じて
身についていることが多いためです。

 

極端なことを言うと、毎日の現地校生活を通じて、左に行くのか
右に行くのかというような単純な言葉の意味を理解しようとする連続で、
文意をとらえる練習をしているからです。

 

ですから、滞在期間が短い人は、いろんな局面で文の大意を
把握する練習をしてください。

 

最初は自分の判断に疑問を持つこともありますが、そのうちに、
自分が感じた意味と、文章の伝えようとする内容が
一致していくようになります。

 

それによって自分の読解力に自信を持てるようになります。

 

ただ、SATに関しては、大意をつかむだけでは不十分です。

 

TOEFLで高得点をとれるように人でも、SATでは
良い点数が出ないものです。

 

それはSATの文章自体がTOEFLとは異質だからです。

 

SATの文章では、細部理解が欠かせません。

 

SATは論理的な内容を伝達することを目的とする文を多く扱います。

 

このような文章では、非常に細かい部分、たとえば前置詞の違いなどで、
文意が大きく転換することもあります。

 

したがって、SATの読解では、大意をつかむだけでは不十分で、
細かな部分もしっかりと読み取る練習が必要です。

 

このような文章の読み方はTOYOオンラインのライブ授業で練習する、
遅読みで習得することができます。

 

正しいSAT対策をすれば、必ず得点は上がります。

 

しかし、この得点の伸びは一様ではありません。

 

特に対策を開始して3カ月から6カ月程度は、著しい進歩は見えないのが普通です。

 

実はそれが問題で、誤った学習法を取っていても正しい学習法でも、
この期間はそれが有効かどうかが判断できません。

 

誤った学習法の場合は、それ以後も点数が伸びず、結局は時間がムダになってしまい、
受験失敗に結び付くことになってしまいます。

 

ですから、最初から正しい学習法を提供できるTOYOオンラインの
対策クラスなどを利用することをお勧めします。

 

特に英文読解力の獲得は時間がかかります。

 

読解力を伸ばすには、読解練習だけでなく、単語力の増強や文法や
文の構造に関する強力な知識をつけていくことが必要です。

 

また、人により力の伸び方が異なるので、それに対応して授業を受けることができる
TOYOオンラインのライブ授業への参加を強くお勧めします。

 

難解そうに見えるSATなどの英文が短期間で理解できるようになるには、
基本力の充実が不可欠です。

 

ですから、SATの得点やTOEFLの得点を改善したい人は、
もう一度、しっかりと基本を学習し直してください。

 

そうすれば、思わない得点改善が可能になります。

 

そして、このような基本学習を基本にした応用問題の学習を可能にしているのが
TOYOオンラインのライブ授業授業です。

 

TOEFLやSATのような実用英語の対策には、一般受験の
問題を解くためだけの学習は不適です。

 

自分が英語を使用し、より明確に自分を表現する方法を
身に着けることが必要です。

 

そして、それはTOYOオンラインのライブ授業で効率的に
学習することができます。

 

もちろん、英語に対する理解が深まるとともに、TOEFLやSATの
得点力も上がります。

 

つまり、一挙両得なのです。

 

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週週末に放送されます。

 

アメリカ時間の金曜、土曜、日曜です。

 

日本時間だと、これは土曜、日曜、月曜になります。

 

もちろん、日本でも視聴することが可能ですが、アメリカ時間の日曜日のクラスは
日本では、月曜日の早朝、午前3時半になってしまうので、ちょっと厳しいかもしれません。

 

TOYOオンラインのライブ授業は2時間です。

 

その中で、単語、読解、文法などを学習します。

 

単に読解といっても単語力がなければ満足な読解はできません。

 

同様に、よじれた読解文を解きほぐすことができる文法力がなければ
正確な理解はできません。

 

それゆえに、TOYOオンラインのライブ授業では、受講者のレベルに応じ、
適切な教材選択と指導で、徐々に受講生の読解力を向上させていくことが
出来る様になっています。

 

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週の授業に無料体験参加が可能ですから、
ご希望の方は こちらからお申込みください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です