SAT高得点は基本文型から

通信講座にご興味がある方、LA近郊、TorranceにあるTOYOへの通塾にご興味がある方は、こちらから体験受講をお申し込み下さい。

 

こんにちはTOYOの松村です。

 

TOEFLやSATで出題される英語問題で高得点を挙げるには、
何よりも読解力の増強が重要です。

 

しかし、読解力というのは、その基底に単語力や文法力などの基礎知識があるので、
そのような基礎力をしっかりと構築する必要があります。

 

単語にしても、SATでの高得点に必要な重要単語数は数千語ですから、
それを覚えるためにかかる時間はかなりの期間が必要になります。

 

したがって、限定された海外滞在期間中に統一テストで高得点を挙げるには、
滞在が始まった当初から基本作業を開始しなくては、高校卒業までに
難関大合格に必要な点数が出なくなってしまいます。

 

ですから、海外滞在が始まればすぐに英語力増強に取り掛かってください。

 

そこで、時間がかかる順を考えると、まず、一番時間が掛かるのが読解力の増強です。

 

次に単語覚え、一番時間が掛からないのが文法力の構築です。

 

よくある間違いは、TOEFLの方がSATより易しいから、まず、TOEFL対策を始め、
それが終わってからSAT対策を始めるというような学習法です。

 

これは、絶対に失敗します。

 

この方法では現地校卒業までの期間にSAT対策がまっとうできなくなり、
自己最高の英語力を達成るする時間が不足してしまいます。

 

現地滞在が始まれば、すぐに文法と単語の勉強とともに
基本的な読解練習を開始してください。

 

初期の教材では、TOEFLレベルの読解問題を使用し、徐々に難度が高い
SATレベルの長文にチャレンジしていくことが必要です。

 

そして、SATを模試代わりに受け、自分の英語力増強の進度を確認していきましょう。

 

帰国受験では、何回SATを受けても構いません。

 

出願に際しては、自分の受けた複数回のSATの成績の中での
最高点のものを使用することができます。

 

文法力増強は、比較的簡単です。

 

日本の中学で習う中学英文法と同じようなレベルのものを学習しましょう。

 

TOEFLやSATは実用英語の試験ですから、日本の高校で習うような
特例的な問題に関する知識は、ほとんど不必要です。

 

基本的な英文法の知識が欠如していると、SATでの高得点は達成できません。

 

日本の中学で習う英文法の中でも、品詞に関する知識や
文型に関する知識を再確認しましょう。

 

このような基本知識を軽視する人も多いのですが、それは間違いです。

 

英文と日本語の文章では、語順などの文のパターンが異なります。

 

しかし、英文の基本パターンを理解していなければ、結局、読解速度にも影響します。

 

中でも英語の5文型というものが表す、英文の骨幹を体得することが重要です。

 

複雑そうに見える文章も、骨組みだけにすると非常に理解しやすくなります。

 

それに必要なのが品詞分類や文型に関する知識です。

 

英文を語句のかたまりとしてとらえることで、理解度と読解速度を
伸ばすことが可能になります。

 

しかし、残念なことに、SAT対策というと、不必要に難解な
過去問中心の対策をしている人が多いのです。

 

基本を軽視せず、しかも難度の高い問題を見据えて対策ができるのが、
TOYOオンラインのライブ授業と通信添削授業です。

 

特にライブ授業では、参加者の現在の能力と必要な知識を判断して授業が進行します。

 

したがって、受講者の負担が少なく、しかも効率的に英語力が伸ばせます。

 

滞在期間が短い人でも、時間さえかければ、SATでの高得点を取ることが可能ですから、
是非、無料体験授業に参加ください。

 

帰国受験に必要な高度な英語力を獲得する道は、
すべての人に開かれています。

 

正しい指導を得ることで、自分の現在の英語力を
さらに伸ばすことが可能です。

 

ただ、力の伸びは個人差があります。

 

ですから、十分な準備期間を設定してTOYOオンラインの
授業に参加してください。

 

帰国大学受験でいろいろな大学への合格可能性を上げる条件は、
TOEFLやSATで提示する英語力です。

 

SATやTOEFLは、滞在期間が短くても、正しい学習法で
準備をすれば、点数は上がります。

 

しかし、どのようにして、自分の英語力を高めればよいかわからないという人。
また、滞在が短いので、高度な英語試験であるSAT受験に尻込みしている人。

 

そのような場合は、是非、TOYOオンラインのライブ授業の無料体験を利用してください。

 

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週週末に放送されます。

 

アメリカ時間の金曜、土曜、日曜です。

 

日本時間だと、これは土曜、日曜、月曜になります。

 

もちろん、日本でも視聴することが可能ですが、アメリカ時間の日曜日のクラスは
日本では、月曜日の早朝、午前3時半になってしまうので、ちょっと厳しいかもしれません。

 

TOYOオンラインのライブ授業は2時間です。

 

その中で、単語、読解、文法などを学習します。

 

単に読解といっても単語力がなければ満足な読解はできません。

 

同様に、よじれた読解文を解きほぐすことができる文法力がなければ
正確な理解はできません。

 

それゆえに、TOYOオンラインのライブ授業では、受講者のレベルに応じ、
適切な教材選択と指導で、徐々に受講生の読解力を向上させていくことが
出来る様になっています。

 

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週の授業に無料体験参加が可能ですから、
ご希望の方は こちらからお申込みください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です