こうすれば読解力は上がる

通信講座にご興味がある方、LA近郊、TorranceにあるTOYOへの通塾にご興味がある方は、こちらから体験受講をお申し込み下さい。

 

こんにちはTOYOの松村です。

 

英語を学習する際に、一番時間がかかるのが読解力の向上です。

 

この理由は、読解は一種の総合力ですから、その前に基本部分を
向上させる必要があるからです。

 

もちろん、英文読解の基礎部分は単語力や文法力の充実です。

 

ゆえに、単純に読解練習だけをしていても、短期間で
力を飛躍させることはできません。

 

読解力の力の伸びは一様ではありません。

 

何時間勉強したから、それに比例して直線的に読解力が伸びると
考えないでください。

 

読解力を上げるための対策を始めても、最初はほとんど
点数の改善は見られません。

 

これは、初期の段階では、自分の中にある欠落部分を補うことに
時間がかかり、実際の得点の伸びにつながらないからです。

 

この一種の休眠期間の長さは、人によります。

 

また、どれくらい努力するかも大きく関係します。

 

長い場合は得点の上昇につながるのが半年以上かかる場合もあります。

 

ただ、ほとんどの人は、真剣な対策を始めてから3カ月ほどで、
この初期段階を終了できるようになります。

 

日本語の現代文でも同様ですが、読解問題で正解をとるには、
まず、本文理解が不可欠です。

 

本文を読まず、設問だけを見て解いても、当然、
全問正解を取ることはできません。

 

ですから、問題を解く際に、最初に設問に目を通してから本文を読むような
悪癖を持っている人は、それは時間の無駄ですから、すぐに止めてください。

 

日本語の現代文の問題を解くときには、まず、本文のあらすじを把握します。

 

次に、その時に気づいた細部の、ここは重要だとか、設問で出そうだと
思われる所をマークしますね。

 

英文でもそれは同じです。

 

まず、あらすじ、次に細部の理解が重要です。

 

文章のあらすじからは、その文章のタイトルに関する問題や
結論に関する問題が出題されます。

 

細部からの出題で、分かりにくい内容になっている部分から
単語使用の適切さの問題や、文章中の他の部分で、
その分かりにくい内容になっているところを解釈する
ヒントのようなところを押さえた問題が出ます。

 

SATでは、連続する2問で最初に選ぶ選択肢の整合性を裏付ける
他の部分を答える因果関係の問題として出題されます。

 

つまり、実際の読解問題を解くには、まず、あらすじを押さえ、
さらに細部理解をする2段階の読解が必要です。

 

読解力のある人は、この2つのポイントを一度の読み下しで
完了する人もありますが、最初は2回に分けて文章を
読み下すとよいでしょう。

 

滞在期間が短く、英語自体に不慣れな人が読解力を伸ばすには、
努力が必要です。

 

まず、毎日、英語の問題に触れてください。

 

時間は1時間で構いません。

 

使用する問題は、TOYOオンラインのライブ授業や添削授業で使用する
文法や構造分析の問題のように短いものを使用してください。

 

そして、問題を解き、正解が分かれば、その問題を丸ごと暗記してください。

 

そうすれば、短期間で英文のパターンが理解できるようになります。

 

英語は日本語とは語順も反対で、さらに特有の言い回しがあります。

 

そのような違いは、頭ごなしに文を覚えていくことで
短期間で理解できるようになります。

 

そして、読解力をつけるには、単語レベルからの
イメージ作りを心掛けでください。

 

もちろん、TOYOオンラインのライブ授業ではこのような点を踏まえて
授業を進行しています。

 

高度な英語力をつけたい人は、是非、無料体験授業に参加してください。

 

帰国受験に必要な高度な英語力を獲得する道は、
すべての人に開かれています。

 

正しい指導を得ることで、自分の現在の英語力を
さらに伸ばすことが可能です。

 

ただ、力の伸びは個人差があります。

 

ですから、十分な準備期間を設定してTOYOオンラインの
授業に参加してください。

 

帰国大学受験でいろいろな大学への合格可能性を上げる条件は、
TOEFLやSATで提示する英語力です。

 

SATやTOEFLは、滞在期間が短くても、正しい学習法で
準備をすれば、点数は上がります。

 

しかし、どのようにして、自分の英語力を高めればよいかわからないという人。
また、滞在が短いので、高度な英語試験であるSAT受験に尻込みしている人。

 

そのような場合は、是非、TOYOオンラインのライブ授業の無料体験を利用してください。

 

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週週末に放送されます。

 

アメリカ時間の金曜、土曜、日曜です。

 

日本時間だと、これは土曜、日曜、月曜になります。

 

もちろん、日本でも視聴することが可能ですが、アメリカ時間の日曜日のクラスは
日本では、月曜日の早朝、午前3時半になってしまうので、ちょっと厳しいかもしれません。

 

TOYOオンラインのライブ授業は2時間です。

 

その中で、単語、読解、文法などを学習します。

 

単に読解といっても単語力がなければ満足な読解はできません。

 

同様に、よじれた読解文を解きほぐすことができる文法力がなければ
正確な理解はできません。

 

それゆえに、TOYOオンラインのライブ授業では、受講者のレベルに応じ、
適切な教材選択と指導で、徐々に受講生の読解力を向上させていくことが
出来る様になっています。

 

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週の授業に無料体験参加が可能ですから、
ご希望の方は こちらからお申込みください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です