正しい英語、正しくない英語

通信講座にご興味がある方、LA近郊、TorranceにあるTOYOへの通塾にご興味がある方は、こちらから体験受講をお申し込み下さい。

 

こんにちはTOYOの松村です。

 

帰国大学受験で出願に必要な統一テストには数種類があります。

 

中でもTOEFLとSATは難関大受験には必要です。

 

日本では、この両テストの違いを知っている人は、あまりありません。

 

しかし、効率的な得点アップには、この2つのテストの性質を
明確に理解することが重要です。

 

英語は英語じゃないか、と考えるのは認識不足です。

 

日本語でも日常使用する日本語を、そのまま公式な場で
使う人はありません。

 

町で話されている言葉は、どちらかというとくだけた言葉です。

 

それを学校や、なにかの式の場であいさつをするときに
使う人はありません。

 

受験で書く答案に話し言葉で記入する人はありません。

 

それと同様なのがTOEFLとSATの違いなのです。

 

TOEFLは日常使用する英語を基本にしているのに対し、
SATは公式な英語使用を中心にしています。

 

たとえば、日本語の日常語で、疲れちゃった、という表現は
公式な表現では、疲れました、と言います。

 

この明確な差を忘れては、当然、入試では高得点は取れません。

 

ですから、TOEFLとSATを学習する場合、この両テストの差を
理解し、対策を立てることが必要です。

 

TOEFLはアメリカに来る留学生が日常生活を含む大学生活を
円滑に送れるかどうかを試します。

 

SATはアメリカ人の高校生が大学で論文などを読み、書く能力を
試すテストですから、非公式な表現はご法度です。

 

基本は同じ英語ですが、微妙な部分で違いがあるTOEFLと
SATの差を明確に理解しましょう。

 

これは、より感情的な表現がTOEFLで、より論理的規則的なのが
SATの表現です。

 

ですから、テストを受ける場合、TOEFLでは一種の勘が使えます。

 

逆にSATでは、より科学的に因果関係を考えることが必要です。

 

スポーツの練習なら、まず、基本技やフォームを習得するのがはじめです。

 

その後、当意即妙の応用技を練習します。

 

これを英語に当てはめると、SATで正しい基本を習得し、次に
TOEFLのくだけた英語を学習するのと同じになります。

 

よく、SATの方が難しいから、最初にTOEFLを学習する
という人がいますが、本当は逆なのです。

 

滞在期間が長い人は、その期間中に養った日常英語表現が、
すでに身についています。

 

しかし、滞在期間が短い人が、できるだけ短期間でTOEFLやSATで
高得点をとれるようになるには、まず、SATで正しい英語の基本を
マスターしてください。

 

それによって正しい英語のフォームを身につけると、それを基準にして
TOEFLの扱う不規則な表現が、より明確に認識できるようになります。

 

日本に来る外国の人が苦しむのは、日本語の教本に載っている
正しい表現ではありません。

 

日常使用される慣習的な表現の使用に苦しむ場合がほとんどです。

 

母語が英語ではない日本人にとっても、それは同様で、実際は
正しい英語表現であるSATの学習よりも、日常語表現である
TOEFLの慣習的表現の方が実際は難しいのです。

 

ですから、滞在が短い人は、まず、SATの学習から開始することが大切です。

 

帰国受験に必要な高度な英語力を獲得する道は、
すべての人に開かれています。

 

正しい指導を得ることで、自分の現在の英語力をさらに伸ばすことが可能です。

 

ただ、力の伸びは個人差があります。

 

ですから、十分な準備期間を設定してTOYOオンラインの授業に参加してください。

 

帰国大学受験でいろいろな大学への合格可能性を上げる条件は、
TOEFLやSATで提示する英語力です。

 

SATやTOEFLは、滞在期間が短くても、正しい学習法で
準備をすれば、点数は上がります。

 

しかし、どのようにして、自分の英語力を高めればよいかわからないという人。
また、滞在が短いので、高度な英語試験であるSAT受験に尻込みしている人。

 

そのような場合は、是非、TOYOオンラインのライブ授業の無料体験を利用してください。

 

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週週末に放送されます。

 

アメリカ時間の金曜、土曜、日曜です。

 

日本時間だと、これは土曜、日曜、月曜になります。

 

もちろん、日本でも視聴することが可能ですが、アメリカ時間の日曜日のクラスは
日本では、月曜日の早朝、午前3時半になってしまうので、ちょっと厳しいかもしれません。

 

TOYOオンラインのライブ授業は2時間です。

 

その中で、単語、読解、文法などを学習します。

 

単に読解といっても単語力がなければ満足な読解はできません。

 

同様に、よじれた読解文を解きほぐすことができる文法力がなければ
正確な理解はできません。

 

それゆえに、TOYOオンラインのライブ授業では、受講者のレベルに応じ、
適切な教材選択と指導で、徐々に受講生の読解力を向上させていくことが
出来る様になっています。

 

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週の授業に無料体験参加が可能ですから、
ご希望の方は こちらからお申込みください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です