TOEFLとSATの点数は改善する

通信講座にご興味がある方、LA近郊、TorranceにあるTOYOへの通塾にご興味がある方は、こちらから体験受講をお申し込み下さい。

 

こんにちはTOYOの松村です。

 

SATを初めて受けた人は、その最初の部分である読解テストを見たとき、
少し困惑したと思います。

 

まず、読解部分の文章が長い。

 

さらに、それに続く設問が10問、11問で、その問題文をどのように
解釈をするかを考えているうちに制限時間が切れてしまうというような
経験をしたと思います。

 

確かに1時間あまりで、長文を5題も解くというのは、かなり大変です。

 

もちろん、これは、普通のアメリカ人高校生を対象にしたものですから、
その中には、かなりの読解力を保持している人がいるのも事実です。

 

そのような人にとっては、この長文問題を解くことに関して、
それほど困難を感じないというのも事実です。

 

しかし、多くのアメリカ人高校生にとっても、この長文問題で
高い正解率を保持するのは難しいのです。

 

当然、日本人で特に滞在が短い人は、このような長文問題のすべてを
解答するには、時間が決定的に不足します。

 

ですから、全体的な作戦として、正解ができるものを重点的に
解答していくという受験技術が重要になります。

 

ありがたいことに、帰国大学受験では、英語部分と数学の部分の
総合点で合格が決まります。

 

ですから、数学の得意な人は、数学で最大限の得点をすれば
総合点は上がります。

 

英語部分でいうと、読解問題よりも文法問題の得点が比較的容易です。

 

ですから、まず、この得点が出来る部分で、自分の最大限の
得点をするようにしてください。

 

その上で、不得意な読解部分の力を時間をかけて伸ばすようにします。

 

読解力を伸ばすには、単に毎日長文問題を解くだけでは、
短期間に力を伸ばすことはできません。

 

読解は、いわば総合芸術ですから、自分の力の
いろいろな要素の集結なのです。

 

ですから、それを構成する部分、単語や文法力などを
個々に伸ばす必要があります。

 

読解力を伸ばしたい人は、まず、必要な単語力と文法力を養成してください。

 

もちろん、それはTOYOオンラインのライブ授業、
通信添削授業で対応しています。

 

では、どれくらいの単語を覚えればよいかというと、個人差はありますが、
約3000から4000語です。

 

もちろん、このような単語にはDOGとかCATなどというような
単語は含まれていません。

 

もし、単語力が非常に不足している人は、そのような単語も
覚えていく必要があるので、覚えなければならない単語は
5000以上になります。

 

仮に、4000語の単語を覚える場合、一日に25語を覚えていくと
約半年の期間がかかります。

 

もちろん、単純に一回単語を覚えても、すぐに忘れたり、また、
その単語の持つ他の意味を覚えていなかったりするので、
全体的な期間は1年がかりになります。

 

これが意味するのは、SATやTOEFLの読解で確実に
高得点が取れるようになるには、非常に長い
予備対策期間が必要になるということです。

 

しかし、ご安心ください。十分な時間さえかければ、
必ず読解力は上がります。

 

もちろん、TOEFLやSATの総合点も上げることができます。

 

その毎日の対策は、思ったよりも簡単です。

 

基本をコツコツとマスターすることの蓄積なのです。

 

だまされたと思って、TOYOオンラインのライブ授業を
体験してみてください。

 

こんな簡単なことで、本当に点数が上がるのだろうかと、
逆に不安になるかもしれません。

 

スポーツの練習などでも基本練習は、走ったり、基本フォームの
矯正をしたりと、実に単純作業です。

 

しかし、それが無いと、実際の競技で勝つことはできません。

 

英語の学習もまったく同様で、基本の反復練習は実に簡単に見えるのですが、
それがなければ、試験でグンと点を伸ばすことができないのです。

 

スポーツで基本練習を無視すれば、力の伸びは限られます。

 

英語学習もまったくそれと同じなのです。

 

難解そうに見える長文問題も、このような確実な
基本知識の上に成り立っています。

 

ですから、SATの得点やTOEFLの得点を改善したい人は、
もう一度、しっかりと基本を学習し直してください。

 

そうすれば、思わない得点改善が可能になります。

 

そして、このような基本学習を基本にした応用問題の学習を
可能にしているのがTOYOオンラインのライブ授業授業です。

 

TOEFLやSATのような実用英語の対策には、
一般受験の問題を解くためだけの学習は不適です。

 

自分が英語を使用し、より明確に自分を表現する方法を
身に着けることが必要です。

 

そして、それはTOYOオンラインのライブ授業で効率的に
学習することができます。

 

もちろん、英語に対する理解が深まるとともに、TOEFLやSATの
得点力も上がります。

 

 

TOYOオンラインのライブ授業は2時間です。

 

その中で、単語、読解、文法などを学習します。

 

単に読解といっても単語力がなければ満足な読解はできません。

 

同様に、よじれた読解文を解きほぐすことができる
文法力がなければ正確な理解はできません。

 

それゆえに、TOYOオンラインのライブ授業では、受講者のレベルに応じ、
適切な教材選択と指導で、徐々に受講生の読解力を向上させていくことが
出来る様になっています。

 

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週の授業に無料体験参加が可能ですから、
ご希望の方は こちらからお申込みください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です