センテンスフラグメントって

通信講座にご興味がある方、LA近郊、TorranceにあるTOYOへの通塾にご興味がある方は、こちらから体験受講をお申し込み下さい。

 

こんにちはTOYOの松村です。

 

ほとんどの帰国子女は、帰国大学受験にはTOEFLや
SATの得点が重要であることを知っています。

 

ただ、どのようにしてこのようなテストで高得点を挙げるかの
方法については、あまり正確な情報をもっていません。

 

漠然と、学校などで勉強をしたり、現地の級友などと
会話するうちに必要な英語力がつくように考えています。

 

TOEFLに関しては、テストの内容が、アメリカにやってくる
留学生の英語力試験ということで、日常生活を通して得られる
英語力は得点に関係します。

 

しかし、SATは公式な英語使用の試験ですから、単純に
現地に慣れたからといって、点数は上がりません。

 

その証拠に長期滞在者でも、高得点が取れないという現実があります。

 

現地校の勉強も、正しい形で行えば、それはSATの
得点アップにも効果はあります。

 

しかし、実際は、宿題に追われる形で教科書も熟読しない場合が
大半ですから、このような学習では、SATの点数を充分に
上げることはできません。

 

また、中学や高校の間に転校し、現地校に入学した場合は、
現地校のそれ以前の学習内容が抜けた形になります。

 

したがって、比較的短期間で高校卒業までにSATなどで高得点を
達成するには、自分に不足している部分の補填と、それに
積み上げる形での正式な英語の知識を蓄積していくことが必要です。

 

このような学習を効果的に行うのは独自では不可能です。

 

SATは公式な英語使用のテストですから、まず、文章が
フラグメントになっていないかを判断できることが必要です。

 

フラグメント(Sentence Fragment)という言葉は、学校の作文などの時間に
聞いたことがあると思います。

 

しかし、それが一体何を意味しているのかを知らない人が多いのです。

 

つまり、このような場合は、正式な英語のスタートラインが
どこであるかが分からないのと同じなのです。

 

実は、私もアメリカに来た当初、この言葉の真意を知らないままやり過ごしました。

 

もう、何十年も前になりますが、日本の大学卒業後、できるだけ
アメリカの教育制度に触れようと考え、アダルトスクールの
高校卒業単位取得コースに入りました。

 

さらに、ジュニアカレッジに進み、そこでもエッセイのクラスで
先生がフラグメントのことを注意していました。

 

それでも、その当時は、あまり正確にその語の意味を把握していませんでした。

 

私の場合は、日本の大学卒の資格があったので、アメリカの大学に進学する際に
SATを受ける必要がありませんでした。

 

結局、SATが正式な英語の試験であり、その一丁目一番地がフラグメントであることと、
正しい英文の基本であることを認識したのは、ずいぶん後になってしまいました。

 

このようなときに、正しい英語を指導してくれる機関があれば、より短期間で
正しい英語をマスターできたのではないかと思います。

 

短期間で、効率的に正しい英語が学習できるのが、SATを中心にした学習です。

 

もちろん、これはTOEFLの得点力にも直接関係します。

 

そして、それを可能にしているのがTOYOオンラインのライブ授業なのです。

 

そして、フラグメントかどうかを決定できるのが構造分析の技術です。

 

構造分析の基本は非常に簡単です。

 

TOYOオンラインのライブ授業を1、2回受講すれば、簡単に習得できます。

 

ただ、これに習熟するには、時間がかかります。

 

文を見たとき瞬間に構造を見極めることができるまでには、いろいろな文章にあたり、
構造分析を実際に使うことが必要です。

 

しかし、その結果は、飛躍的な読解力の向上、さらにはTOEFLや
SATの得点アップに直結します。

 

TOEFLやSATのような実用英語の対策には、
一般受験の問題を解くためだけの学習は不適です。

 

自分が英語を使用し、より明確に自分を表現する方法を
身に着けることが必要です。

 

そして、それはTOYOオンラインのライブ授業で効率的に
学習することができます。

 

もちろん、英語に対する理解が深まるとともに、TOEFLやSATの
得点力も上がります。

 

 

TOYOオンラインのライブ授業は2時間です。

 

その中で、単語、読解、文法などを学習します。

 

単に読解といっても単語力がなければ満足な読解はできません。

 

同様に、よじれた読解文を解きほぐすことができる
文法力がなければ正確な理解はできません。

 

それゆえに、TOYOオンラインのライブ授業では、受講者のレベルに応じ、
適切な教材選択と指導で、徐々に受講生の読解力を向上させていくことが
出来る様になっています。

 

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週の授業に無料体験参加が可能ですから、
ご希望の方は こちらからお申込みください。

 

日本で受ける当日試験の対策には、東京の代々木にある
代ゼミ国際教育センターがお勧めです。

 

代々木ゼミナール国際教育センター主催の北米説明会は
全米主要地で開催されます。

 

11月5日ニューヨーク、
11月7日コロンバス、
11月8日シカゴ、
11月10日サンフランシスコ、
11月12日ロサンゼルス
という予定になっています。

 

詳細・お申し込みは、http://www.toyo-online.com からどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です