TOEFLにはイディオムも必要

通信講座にご興味がある方、LA近郊、TorranceにあるTOYOへの通塾にご興味がある方は、こちらから体験受講をお申し込み下さい。

 

こんにちはTOYOの松村です。

 

IN PLCACE OFという言葉が文中に出たとき、文字通りに解釈をすると、
その場所に、と思う人がいます。

 

しかし、これは成句で、何々の代わりに、という意味になります。

 

もし、この成句の意味を知らなければ、当然、
文意を誤って解釈することになります。

 

もし、あなたが多くの成句の意味を知らなければ英文読解はできません。

 

このような成句を集中的に覚えるには、たくさん出版されている
成句辞典のようなものを覚えていくことが必要かもしれません。

 

しかし、実際に最も効果的なのは、いろんな文章にあたり、その中で
使用される成句を前後の文の関係から覚えていくことです。

 

そして、それを可能にしているのがTOYOオンラインのライブ授業です。

 

TOYOオンラインのライブ授業では、毎週、必ずいろいろな文章読解を練習します。

 

ジャンルもいろいろで、科学的な文章から、小説のような文芸まで、
幅広く学習します。

 

英語レベルでいうと、やはりTOEFLよりSATの方が高度ですから、
どちらかというとSATレベルの文を使用することが多いのですが、
もちろん、TOEFLレベルの文章も学習します。

 

特にTOEFLではSATでは扱わないようなイディオムなども頻出しますので、
当然、イディオムの知識も必要です。

 

たとえばbeat around bushという表現は直訳では、やぶのまわりをたたく、
という意味です。

 

しかし、この表現は、実際には、要点に触れない、という意味です。

 

口語では、このような表現が頻出します。

 

ですから、TOEFLの文章を理解するには、
このような表現の理解も必要になります。

 

SATやTOEFLの対策をする場合、一面的ではなく、SATとTOEFLの
違いも含めて、理解していくことが大切です。

 

単純にSAT対策だけをしていると、日常使用される
口語的な英語の研修がおろそかになります。

 

ですから、SATとTOEFLのカバーする英語分野の違いも含めて、
いろいろな語法を研究していくことが、最短期間で強力な英語力を
つけるための秘訣です。

 

もちろん、それを可能にするのはTOYOオンラインのライブ授業しかありません。

 

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週週末に放送されます。

 

アメリカ時間の金曜、土曜、日曜です。

 

日本時間だと、これは土曜、日曜、月曜になります。

 

もちろん、日本でも視聴することが可能ですが、アメリカ時間の日曜日のクラスは
日本では、月曜日の早朝、午前2時半(夏時間が終了する11月6日以降は午前3時半)
になってしまうので、ちょっと厳しいかもしれません。

 

基本的な英語理解に必要な単語、文法、読解基礎を系統的に、実用に即して
学習できるのはTOYOオンラインのライブ授業しかありません。

 

自分では思ってもいなかった、言葉の用法などを的確に確実に覚えていくための学習が、
たった週1回の参加で可能になるわけですから、それを見逃すのは、
本当にもったいないと思います。

 

基本的な文章構造の知識はTOYOオンラインのライブ授業と
通信添削授業でマスターすることができます。

 

TOYOオンラインのライブ授業では、単語、文法、
読解を基本に知識を蓄積させていきます。

 

そして、SATやTOEFLの問題を解くための総合力を上げていきますので、
一定期間の学習後には、かなりの得点改善が可能になります。

 

たとえば、最初に受けたSATの点数が1000点程度であるとしましょう。

 

もちろん、学習期間にもよりますが、そこから点数を
300点アップすることが可能です。

 

もちろん、これは、単語力の増強、文法力の蓄積、さらに読解力の改善が必要ですから、
インスタントではできませんので、十分な対策期間を予定してください。

 

しかし、力は着実に改善しますので、短期であっても
ある程度の得点アップが可能になります。

 

TOEFLやSATのような実用英語の対策には、
一般受験の問題を解くためだけの学習は不適です。

 

自分が英語を使用し、より明確に自分を表現する方法を
身に着けることが必要です。

 

そして、それはTOYOオンラインのライブ授業で効率的に
学習することができます。

 

もちろん、英語に対する理解が深まるとともに、TOEFLやSATの
得点力も上がります。

 

 

TOYOオンラインのライブ授業は2時間です。

 

その中で、単語、読解、文法などを学習します。

 

単に読解といっても単語力がなければ満足な読解はできません。

 

同様に、よじれた読解文を解きほぐすことができる
文法力がなければ正確な理解はできません。

 

それゆえに、TOYOオンラインのライブ授業では、受講者のレベルに応じ、
適切な教材選択と指導で、徐々に受講生の読解力を向上させていくことが
出来る様になっています。

 

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週の授業に無料体験参加が可能ですから、
ご希望の方は こちらからお申込みください。

 

日本で受ける当日試験の対策には、東京の代々木にある
代ゼミ国際教育センターがお勧めです。

 

代々木ゼミナール国際教育センター主催の北米説明会は
全米主要地で開催されます。

 

11月5日ニューヨーク、
11月7日コロンバス、
11月8日シカゴ、
11月10日サンフランシスコ、
11月12日ロサンゼルス
という予定になっています。

 

詳細・お申し込みは、http://www.toyo-online.com からどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です