読解問題速読練習の思い違い

通信講座にご興味がある方、LA近郊、TorranceにあるTOYOへの通塾にご興味がある方は、こちらから体験受講をお申し込み下さい。

 

こんにちはTOYOの松村です。

 

TOEFLやSATに限らず、試験対策としての読解練習は
速読の練習が必要です。

 

もちろん、速読とは制限時間内に問題文章を読み切って
設問に答えることです。

 

英文の試験問題では、いろんな速読の練習法が紹介されています。

 

中でも横文字である英文の表記に従い、眼を左から右へ素早く動かすことが大切、
というような妙な速読法を教えているような教本もあります。

 

このような誤った速読法を紹介している教本に特有な誤りは、
とにかく文字を速く追いかければよい、と考えていることです。

 

しかし、英語に限らず文章読解の中心は、いかに充実した
文章理解が出来るかと言う点にあるはずです。

 

文全体の文字を速く読んでも、その文章の内容がしっかりと把握できていなければ、
それは速読とは言えません。

 

英文の速読を妨げる最大要因は2つあります。

 

それは単語力と文法力です。英単語が分からなければ、当然、
文章理解はできません。

 

また、文法力が不足していると、重要な部分の理解で支障をきたします。

 

文章中には、文の根幹に関わらない、いわばどうでもよい部分と、
文章内容の根幹に関わる重要な部分があります。

 

このどうでもよい所は時間をかけずに読み飛ばしても構いませんが、
意味の凝縮している重要な部分は、時間をかけ、文章内容をそしゃくし、
しっかりと理解をする必要があります。

 

設問を解く際には選択肢を絞るために消去法を使いますが、文章理解が甘いと、
この消去法を適切に使うことができません。

 

したがって、速読練習のはじめには、どのようにしっかりと
本文を理解していくかの練習をする必要があります。

 

当然、それには並行して単語と文法の勉強をしてください。

 

そして、文理解の練習としては、速く読むのではなく、ゆっくりと時間をかけて
内容を汲み取るような練習をすることが必要です。

 

ゆっくりと文章を丁寧に読む練習は「遅読み」です。

 

SATのような長文問題なら、2時間、3時間をかけて、
ゆっくりと確実に内容を理解するようにしてください。

 

ただ、このような練習は、個人では、なかなか辛抱が続かず、やりづらいのです。

 

もちろん、TOYOオンラインのライブ授業では、遅読みの練習を
毎回のようにしていますから、是非、参加してみてください。

 

遅読み練習をしっかりとやりこむと、自分の基本的読解力が上がります。

 

そうすると、試験のような制限時間のあるような状況でも、
文に対する理解力が上がります。

 

さすがに、辞書なしで短時間で読む試験現場では、
文の完全理解は難しいと思います。

 

しかし、自分の脳が練習で達成した一定の理解度を求めるようになるために、
完全ではないにしても、かなり深い文章理解が可能になります。

 

つまり、得点力の上昇につながるわけです。

 

内容の難しい文章には、往々にして変形文が見られます。

 

もし、強固な文法力があれば、そのような部分を解きほぐし、
瞬時に内容が明確に脳に入力されます。

 

単語力と文法力は、読解の大きな柱です。

 

ですから、時間がある夏休みには、是非、TOYOオンラインのライブ授業で学習をしてください。

 

TOEFLやSATのような実用英語の対策には、
一般受験の問題を解くためだけの学習は不適です。

 

自分が英語を使用し、より明確に自分を表現する方法を身に着けることが必要です。

 

そして、それはTOYOオンラインのライブ授業で
効率的に学習することができます。

 

もちろん、英語に対する理解が深まるとともに、TOEFLや
SATの得点力も上がります。

 

 

TOYOオンラインのライブ授業は2時間です。

 

その中で、単語、読解、文法などを学習します。

 

単に読解といっても単語力がなければ満足な読解はできません。

 

同様に、よじれた読解文を解きほぐすことができる
文法力がなければ正確な理解はできません。

 

それゆえに、TOYOオンラインのライブ授業では、受講者のレベルに応じ、
適切な教材選択と指導で、徐々に受講生の読解力を向上させていくことが
出来る様になっています。

 

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週の授業に無料体験参加が可能ですから、
ご希望の方は こちらからお申込みください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です