東京SAT講座近況

通信講座にご興味がある方、LA近郊、TorranceにあるTOYOへの通塾にご興味がある方は、こちらから体験受講をお申し込み下さい。

 

こんにちはTOYOの松村です。

 

7月3日から始まった東京での一時帰国SAT講座は、今、中盤になっています。

 

世界中から集まっている帰国子女は、アメリカ以外にもヨーロッパやアジア、
アフリカなど多彩な滞在地で学ぶ高校生です。

 

全員が真剣にSAT対策をスタートしています。

 

多くの帰国子女は、自分なりにSAT対策を開始しています。

 

しかし、個人では対策を有効にする経験がありません。

 

もちろん、それを補い、正しい学習法をお教えするのがこの講座の目的です。

 

ただ、一週間の講座では、実際のSATで得点を飛躍的に上げるまでの指導はできません。

 

この講座以後、正しく学習するためのガイドラインを設定するのが、この講座の目的です。

 

現在のSATでは数学のテストを含み、強力な英語の読解力が求められます。

 

どのようにして、短期間で読解力が上げるかが、この講座の目的の一つです。

 

この講座の参加者の現状を分析すると、読解力向上の正しい方針がないことが
明らかになっています。

 

普通は、英語の読解力を上げようとすると、できるだけ多くの長文を読み、
設問に答えるというような練習をとっています。

 

しかし、実は、これでは基本的な読解力は伸びません。

 

スポーツのトレーニング同様、筋トレとか持久力の増強などのような
基本トレーニング無しには、成績の向上はありません。

 

では、英語力をつけるための基本トレーニングとは何でしょう。

 

それは、まず、単語力をつけること、文法力をつけること、さらに、
基本的な読解技術を習得することです。

 

そのうえで、英文をできるだけ詳しく読む練習をしなくてはなりません。

 

そして、それが遅読みの練習です。

 

TOYO SAT IN TOKYOでは、読解力向上対策として、
短い英文を、できるだけ丹念に時間をかけて読み取ります。

 

これは速読の対極にある遅読みの練習です。

 

通常なら、速読をマスターするには、できるだけ文を速く読む練習をするように思います。

 

ところが、基本の充実なしに、文を速く読もうとすると、内容を把握することなく、
上っ面だけを見るような不十分な読解になってしまいます。

 

遅読みは、速読とは逆の読解です。

 

しかし、時間をかけて文を読み取ると、著者が本当は何が言いたいのかが
見えるようになります。

 

単純に速読練習として、著者の本意を理解することなく、速く文を読もうとすることは、
文の深い理解なく、眼だけを速く動かすことにほかなりません。

 

最初は遅読みに違和感を持つTOYO SAT IN TOKYOの参加者も、
徐々にその効果を体得します。

 

考えてみれば、スポーツなどでも短時間で成績を改善しようとするなら、
筋トレなどの基本練習なしでは達成できません。

 

英語の読解力を強化する練習でも、それはまったく同じです。

 

高度な読解力が求められる現行のSAT対策の基本は、単語力と文法力です。

 

単語が分からなければ、数学の問題も満足には解けません。

 

現在のSATは、どの分野でも読解力が必要です。

 

たとえMATHの問題でも、読解力がなければ正しい答えを見つけられません。

 

高度な英語力は基本の充実無しには完成しません。

 

そのためには、TOYOオンラインのライブ授業で実施しているような
文法問題の基本知識増強クラスに参加することが必要です。

 

TOEFLやSATのような実用英語の対策には、
一般受験の問題を解くためだけの学習は不適です。

 

自分が英語を使用し、より明確に自分を表現する方法を
身に着けることが必要です。

 

そして、それはTOYOオンラインのライブ授業で
効率的に学習することができます。

 

もちろん、英語に対する理解が深まるとともに、TOEFLやSATの
得点力も上がります。つまり、一挙両得なのです。

 

SATは正しい文の用法を問うテストです。

 

短期間で効率よく高度な英語力を蓄積させるには、TOEFLやSATを中心にした
基礎力アップクラスで学ぶことが必要です。

 

そして、それを可能にしているのがTOYOオンラインのライブ授業です。

 

また、夏には東京で5日間のSAT対策講座も開催されます。
http://www.yozemikikoku.com/pdf/SAT_2017.pdf 

 

TOYOオンラインのライブ授業は2時間です。

 

その中で、単語、読解、文法などを学習します。

 

単に読解といっても単語力がなければ満足な読解はできません。

 

同様に、よじれた読解文を解きほぐすことができる
文法力がなければ正確な理解はできません。

 

それゆえに、TOYOオンラインのライブ授業では、受講者のレベルに応じ、
適切な教材選択と指導で、徐々に受講生の読解力を向上させていくことが
出来る様になっています。

 

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週の授業に無料体験参加が可能ですから、
ご希望の方は こちらからお申込みください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です