TOEFLリーディングとリスニングを改善する

通信講座にご興味がある方、LA近郊、TorranceにあるTOYOへの通塾にご興味がある方は、こちらから体験受講をお申し込み下さい。
こんにちはTOYOの松村です。
帰国受験で使用する英語テストの主要なものにTOEFLとSATがあります。

一般的な考えでは、SATの方が難しいというものです。

もちろん、これは正しいのですが、滞在期間のことも考え合わすと、
必ずしもそうは言えない状況もあるようです。
TOEFLは、周知のように外国人留学生がアメリカの大学に
入学しようとするときの英語力確認試験です。

SATは、アメリカ人高校生がアメリカの大学に入学する際に受ける、
大学入学後の学業達成度を予測するための試験で、日本のセンター試験の
ようなものと考えればよいでしょう。

ですから、内容的にいうとSATの方が、難度が高いと言えます。
ところが、両試験の問題内容を考えると、必ずしもSATの方が
難しいとは言えない状況があります。

それは、受験生の滞在期間の差により起こります。

TOEFLは、日常使用される英語の試験ですから、
現地生活が長い長期滞在者には有利な試験です。

一方、SATは論理的な部分が中心になっているので、滞在期間の経験よりも、
より機械的な処理で高得点が可能な試験です。

そのため、滞在が短い人でも、対策によっては短期間で高得点を取ることができます。
つまり、滞在期間が短い人で、有効なSAT対策をした人は、SATの点数が先行し、
TOEFLの点数が伸びないという現象が起こる場合があります。

このような場合の大半は、TOEFLのリーディングとリスニングの点数が
関わっていることが多いようです。

滞在期間が短い人に共通なのは、読解時に文字とその文字が伝える
イメージが対応しないという点です。
英文を読む段階の初期では英単語の意味を考え、それをつなげて、文意を解釈します。

しかし、滞在が長期になると文章理解は単語の連続だけではなく、その音も関連してきます。

逆に、文章のそれぞれの単語の正確な意味ではなく、そこにある単語から音声のフレーズを
想像し理解するような、慣れを中心にした漠然とした理解法が生まれます。
TOEFLの読解問題は、SATほどはち密ではありません。

日常生活と関連する事項の読解ですから、日常生活に慣れている
長期滞在者にとっては簡単です。

たとえば、小学校の先生が話してくれるアメリカの歴史のような音声記憶が、
文字を通してよみがえるような局面もあります。

ところが、短期滞在者には、そのような技術はありません。

その差が、リーディングとともにリスニングの点数も伸びないという形で現れます。
短期滞在者が効率よくTOEFLリーディングやリスニングの点数を伸ばすには、
SAT対策とは少し異なる対策法が必要です。

まず、教材はSATのものより、TOEFLのレベルの教材を使用します。

これは、文章的にもひねりがない、どちらかというと易しい内容です。

そのような文を読んで、内容を印象として把握してください。

同時に音読をしても良いでしょう。

そして、脳内に残ったイメージから問題を類推して解くようにしてください。
これは、一種の読解に対する勘の養成です。

これによって80%程度の正解率が得られれば成功です。

残りの20%はSATでの読解のように正確な問題分析で達成します。

音読を併用するとリスニング対策にも好影響があります。

読解と聴解の2セクションは、それぞれ30点満点を目指してください。
滞在が短くても、いわゆる勘の良い人は、TOEFLで高得点を取ることが良く見られます。

このような人に共通するのは、文章を脳内でイメージすることができるという能力です。

そして、それは、練習によって発達させることが可能です。
SATは正しい文の用法を問うテストです。

短期間で効率よく高度な英語力を蓄積させるには、TOEFLやSATを中心にした
基礎力アップクラスで学ぶことが必要です。

そして、それを可能にしているのがTOYOオンラインのライブ授業です。

また、夏には東京で5日間のSAT対策講座も開催されます。

TOYOオンラインのライブ授業は2時間です。

その中で、単語、読解、文法などを学習します。

単に読解といっても単語力がなければ満足な読解はできません。

同様に、よじれた読解文を解きほぐすことができる
文法力がなければ正確な理解はできません。

それゆえに、TOYOオンラインのライブ授業では、受講者のレベルに応じ、
適切な教材選択と指導で、徐々に受講生の読解力を向上させていくことが
出来る様になっています。

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週の授業に無料体験参加が可能ですから、
ご希望の方はこちらからお申込みください。
<ONLINE受講者へのお知らせ>
5月6日のSATの締め切りは4月7日です。

来年の受験生は、とりあえずこれからの毎回の分を予約しておきましょう。

特に日本ではSATの予約を取るのが難しくなっています。
今から来年の春の予約を入れておくことをお勧めします。
1993年より毎年難関大学に帰国受験生を送り込んでいるTOYOの通信授業は、
世界中どこからでも受講可能です。

初心者からアドバンスの人まで、実力アップに必要な科目が選択可能です。

無料体験授業もありますが、不必要な押し付けセールスのようなものは一切ありません。

もちろん、受講停止も連絡するだけですぐにできますから、安心してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です