関係代名詞

通信講座にご興味がある方、LA近郊、TorranceにあるTOYOへの通塾にご興味がある方は、 こちらから体験受講をお申し込み下さい。
こんにちはTOYOの松村です。
日本の受験英文法で習う文法の中でも、関係代名詞はとても重要です。

この関係代名詞はwho,whose,whom,which,
that,whatなどです。

ただ、日本で習う関係代名詞は、実際の英語の用法とは少し異なります。

日本で習う関係代名詞は、先行詞が何かを特定することに重点が置かれています。
日本の受験英文法で習う関係代名詞は、二つの用法に分かれます。

まず、制限用法を習い、次に非制限用法を習います。

この制限用法と非制限用法の違いは、関係代名詞の直前に
コンマがあるかどうかで分かれます。

制限用法の場合は、その関係詞が置き換える名詞である先行詞が直前にあり、
非制限用法の場合は先行詞が直前には無いという違いがあります。
つまり、受験英文法の場合、非制限用法で関係代名詞の直前に、
それが置き換える先行詞が無いため、先行詞の限定が難しくなります。

時には、関係代名詞が置き換えるのは名詞ではなく、
前の文全体になることもあります。

つまり、先行詞の限定が難しいので、それゆえ、試験問題としての
難度が上がるので、試験問題作成のために多用されるのです。
しかし、実際の英語使用という観点から関係代名詞を見ると、
受験英文法とは根本的に違います。

実用英文法では、関係代名詞は単純に接続詞の一種だということです。

文をつなぐのが接続詞の役割ですから、関係代名詞もその第一義は
文をつなぐための接続詞の一種にすぎません。

ただ、関係代名詞が他の接続詞と異なるのは、単純に文を接続するだけではなく、
接続詞+アルファの役割を果たすことです。
実用的な英語からすると、関係代名詞の使用ルールの第一は、
前に名詞が必要であることです。

この名詞は受験英文法で先行詞と呼ばれます。

受験英文法では、関係代名詞の直前にコンマがあれば、
先行詞は直前にはないと教わります。

しかし、実際の実用英語の世界では、関係代名詞の前にコンマがあるなしに関わらず、
先行詞は関係代名詞の直前にあります。
もちろん、例外的な場合では、関係代名詞の直前にコンマがある場合、
実用的な英文法でも、それが置き換える言葉は前の文全体に
なっていることもあります。

しかし、それは、あくまでも例外的で、通常は、関係代名詞の前にコンマが
あるかどうかに関わらず、それが置き換える名詞は、関係代名詞の直前にあるのです。
このような実際の英語使用と受験英文法の間の誤差は、実際のSATの問題を
解く際に非常に大きな問題となります。

つまり、関係代名詞の根幹は、文と文をつなぐ接続詞であるということで、
その次に、それが置き換える直前の名詞は何かという問題が派生します。

このような些細に見える実用的な用法の差が、実際の英語を
理解する時には非常に重要になるのです。
文法にしても、実用的な英語使用に必要な文法と、受験英文法は
大きくその方向性がことなります。

ゆえに、受験英文法を中心に学ぶと、SATに必要な文法や読解で
大きな失敗を犯します。

極端なことを言えば、受験英文法はSAT対策には
不必要であるとも考えられます。

ですから、実際の英語使用を基本にしたSAT対策に真剣に取り組む際には、
受験英文法によらない英文法の学習が必要となります。
SATの対策で学習する文法は、実際に使用するための文法です。

短期間で効率よく高度な英語力を蓄積させるには、TOEFLやSATを
中心にした基礎力アップクラスで学ぶことが必要です。

そして、それを可能にしているのがTOYOオンラインのライブ授業です。
TOYOオンラインのライブ授業は2時間です。

その中で、単語、読解、文法などを学習します。

単に読解といっても単語力がなければ満足な読解はできません。

同様に、よじれた読解文を解きほぐすことができる
文法力がなければ正確な理解はできません。

それゆえに、TOYOオンラインのライブ授業では、受講者のレベルに応じ、
適切な教材選択と指導で、徐々に受講生の読解力を向上させていくことが
出来る様になっています。

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週の授業に無料体験参加が可能ですから、
ご希望の方は こちらからお申込みください。
<ONLINE受講者へのお知らせ>
アメリカでは3月11日にもSATが受験可能です。締め切りは2月10日です。

アメリカ以外では次のSATは5月6日までありません。

締め切りは4月7日です。来年の受験生は、とりあえず
これからの毎回の分を予約しておきましょう。

特に日本ではSATの予約を取るのが難しくなっています。

今から来年の春の予約を入れておくことをお勧めします。
1993年より毎年難関大学に帰国受験生を送り込んでいるTOYOの通信授業は、
世界中どこからでも受講可能です。

初心者からアドバンスの人まで、実力アップに必要な科目が選択可能です。

無料体験授業もありますが、不必要な押し付けセールスのようなものは一切ありません。

もちろん、受講停止も連絡するだけですぐにできますから、安心してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です